塚本だけどスハペンドゥス

February 27 [Sat], 2016, 18:34
看護師国家試験に受かるよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが増加傾向にあるのです。それだけでなく、大きな会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを手がけています。こういったケースは、その企業の社員として入社するといったこともあることでしょう。看護師の資格を取るには、何通りかの道すじが考えられます。看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは受験できません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について勉強することが必要なのです。看護師が転職をするにあたっては、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めてください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針によって決められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活を送れなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。看護師の国家試験は、1年に1回あります。看護師の人数の不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。修学旅行やツアーなどに共に行き、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤が求められない職場を望んでいるものです。病院以外を職場とするのであれば、そこで求められる専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護師の働き先といえば、病院だと思うのが一般の考えでしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所では、保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の職務です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのはほぼ不可能です。興味のある方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても違います。一般に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケン
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/intliesetnirsg/index1_0.rdf