朝、起きれない子どもに光目覚まし時計は効果的?

April 27 [Wed], 2016, 18:22
子供がなかなか朝、起きない…


遅刻ばかりで進級できるかもちょっと不安…


子供が朝起きれずに学校を遅刻したり、休んだりしがちな子どもが増えているようです。
親御さんとしては心配ですよね。


朝起きられない、めまい、立ちくらみ…
といった症状が出る起立性調節障害といった病気があります。

ですが、この病気はすぐに薬物療法を行えばいいというものではなく、
薬に頼らない説得療法や非薬物療法を行ったうえで、
最終的に薬による治療を行うものです。

つまり、できれば薬は使わない方がよいとされています。
使用すればすぐに効果が出るといったものでもなく、
薬に頼るとなると長期間使い続けることになるでしょう。

★起立性調節障害に用いられる薬

起立性調節障害に用いられる薬は以下のようなものになります。

・塩酸ミドドリン
・プロプラレロール
・メシル酸ジヒドロエルゴタミン
・メチル硫酸アメジニウム


いずれも、薬である以上、副作用の危険性が全くないとも言えません。
ですので、できれば自発的に治していくことを心がけたほうが良いでしょう。

朝、目覚まし時計のけたたましい音によって起こされるのは
誰しもあまり気分のいいものではないでしょう。




もう少し、爽やかに目覚めたい…



あなたもそう感じるのであれば、
光で起こす目覚まし時計を試してみてもいいかもしれません。

81%の人が朝起きれるようになったという光目覚まし時計を試してみれば、
病院に行く前に起立性調節障害が改善されるかもしれません

もし、興味のある方は
以下の画像をクリックしてみてください。
  ↓↓↓




起立性調節障害の原因

April 27 [Wed], 2016, 18:22
人間は、体を活動的にするために働く交感神経と
気持ちを穏やかにさせるために働く副交感神経とのバランスを取っているのですが、
そのバランスが崩れることで様々な体の不調が起こります。
起立性調節障害の原因は自律神経のバランスの乱れによって起きるものの1つです。

自律神経のバランスの乱れが原因となって起きる病気としては
PMS(月経前症候群)や、多汗症などといったものもあります。

PMS(月経前症候群)に関しては女性特有のもので
ホルモンバランスの乱れが原因だったりもしますが、

自律神経のバランスの乱れによって起きる症状の根本的な原因は
ストレスが関係していることも少なくありません。

起立性調節障害とは?

April 27 [Wed], 2016, 18:20
起立性調節障害とは自律神経失調症の1つで、
朝、起きられないとか、頭痛、めまい、立ちくらみ、動機、イライラ…
などといった症状が見られます。

朝、起きられないとなると、
「怠けている」とか「甘えている」などと思われることが多いかもしれませんが、
起立性調節障害になると自律神経の機能がうまく働かないので
自分でコントロールできないのです。

そういった病気にも関わらず、怠け者とみられるのは
本人にとってはとても辛いことでしょう。

起立性調節障害という病気のことを少しでも多くの人が理解できるような
世の中になっていけばいいと思うと同時に、
起立性調節障害にならないような生活を送りたいものです。