PET検査 

February 27 [Wed], 2008, 10:30
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ



PET検査



  放射線化学療法にて治療を行うため、父は、検査通院をしている。


 今日の予定は、PET検査である。前病院では、PET検査は行われなかった。このPET検査は、一般的なガン検査では、自由診療の扱いとなり、健康保険は適用されず、全額自己負担となる。


 父のようにガンの転移が見られる場合は、確認しきれていないガンを発見するのに有効である。


 PET検査の原理は、一見、難しいようで簡単である。活動の活発ながん細胞は、正常な細胞に比べて、3〜8倍のブドウ糖を取り込むという特徴があり、その特徴を利用してたくさんブドウ糖を取り込んでいる(ブドウ糖に目印をつけた薬剤)細胞を探し、がんを発見する。

 なんともこの方法を考えついた発想が素晴らしい。


 検査の方法は、ブドウ糖に目印をつけた薬剤(FDG)を体内に注射し、安静にして全身にFDGを行き渡らせる。その間に、がん細胞にFDGが集中し、PETカメラによって、全身のFDGの分布を撮影する。PET画像から、体のどこにFDGが集まっているかがわかり、がんが疑われる場所、悪性の度合いが推測できる。


 父は、この検査を行う前夜、少々、落ち着かなかった。前医の診断では、食道ガンと腹部リンパ節転移ということではあるが、このPET検査で、体の他の部位にも転移していることを発見されることに対して、不安を感じていた。 もちろん、家族も同じ気持ちである。


 PET検査の結果は、後日、新しい担当医の診断とともに伝えられる予定である。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

選択 

February 19 [Tue], 2008, 9:14
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ



選択



  先日の医師の心無き言葉により、週末の父は少し元気がなかった。あれだけの言葉を唐突にいわれたら、どんな人でも落ち込むのに違いない。

 家族や親戚と話し合った結果、医師を変えてもらうのが一番いいのではという意見となった。医師が患者を選ぶ時代は、もうとっくに終わっている。医師への礼儀やマナーを守り、敬意を持つことは大切ではあるが、患者が遠慮をすることはない。

 心を含めたトータルケアを重点に置いているがん専門病院にあのような医師がいるのは少々理解しがたかった。

 週明けの月曜日。父の検査終了後、相談窓口へ進む。

 私は、はっきりと『医師の言葉に非常に不快を感じ、担当医を変えて欲しいのですが。』と切り出す。私は、担当者に一部始終、先日あった話をした。

 担当者『ご本人さんはどう思いですか。』

 父『いきなり診察室に入った瞬間に、もう助からないといわれたのと同じです。私の命はひとつしかない。一生懸命、看病してくれている子供たちに辛い思いをさせてしまったのが申し訳ない。』
 父は続けて『これからの治療を進めていくうえで、担当医に信頼して相談ができるのか心配です。私も医師を変えて欲しいです。』と話した。

 担当者から、担当の先生と相談して、後日、結果を連絡するとのことだった。

 数日後、担当者から連絡があり、担当医を変えてくれるとのことであった。少し気持ちが落ち着いた。

 また、新たな気持ちで父が前向きに治療に向かえるようになることを願う。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

がん拠点病院初診 

February 18 [Mon], 2008, 15:50
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ



がん拠点病院初診



  1月4日。ついにがん専門病院への初診の日となった。
年末年始に病院が休業であったため、父は、この日に向けて体力の増強に努めてきた。食道狭窄は、徐々に悪くなり、食事もなかなか胃に入らない。父は、詰まり吐き出ししながらも食べ物を胃に入れた。免疫力を高めようと、散歩や入浴方法も取り入れ実践した。

 私たち家族の不安をよそに、精神的にも安定しており、前向きに治療を進めていく気持ちがあふれていた。

 この日は、私も仕事を休み、がん病院に向かった。朝は、通勤ラッシュで混み合う時間であったが、1時間もかからない程度で到着した。交通便がよいところに専門病院があることは非常に助かる。

 まず、始めにセカンドオピニオンの際、大変、お世話になった食道外科の先生の診察を受ける。先生から『こちらで検査を受けてから入院、治療になります。』

 私『できる限り早く治療を開始したいです。』

 先生『今日からできる検査をいれていきましょう。』と、検査の予定を立ててくれた。さすが、癌病院。普通に予定を入れると、CTなどの検査は、3ヶ月後にならないと順番が回ってこないらしい。
 
 先生が、至急検査が必要ということで、なんとか予定をいれて頂き、事なきを得た。

 今日は、採血、口腔科、循環器等を回り、最後に消化器内科の先生の診察となる。

 最後の消化器内科の先生の診察は、3時間待ちとなった。それもそのはず、消化器内科の待合所は、溢れんばかりの人だかりだった。それだけ、消化器におけるガンは多いのであろう。

 ようやく、順番が回り、診察室に入る。

 コンコン。『失礼します。よろしくお願いします。』

 先生『座ってください。CT検査をまだしていないので、はっきりとしたことはいえませんが…。』と始まる。『正直いって厳しいでしょう。治らないと思ってください。』私は、突然ともいえる先生の発言に目を丸くした。

 先生の話は、まだまだ続く『腹部のリンパ節の転移は、根治は無理だから放射線は当てないほうがいいでしょう。食道部分も狭窄を治す程度で、これも根治できません。狭窄を治すのも難しいですね。』

 私『セカンドオピニオンで治療方針を伺った時に、できる限り腹部リンパ節転移にも放射線を当てれるでしょうと外科の先生も放射線の先生もおっしゃってくれましたが。』と話す。

 先生『治療方針が合わないのなら、他の病院に行ってくれてもかまわないです。』セカンドオピニオンでの治療方針で、この病院を選んだはずだが…。最後に『私は何も資料を見ていないので、はっきりいえませんが、CTの結果を見てからきめましょう。』としめた。

 何も見てないのに、なんでここまでいうことができるのか。苛立ちを越え、怒りと変わる。

 診察を終え、待合室に座る。父と母の顔を見ると、完全に落ち込んでいた。あれだけ年末年始、気持ちを落とさないように努力して頑張ってきたのに、今日のあの先生の心無い態度ですべて水の泡となった。

 待合室に座っていると、診察室にいた看護師が気にしてきてくれた。看護師『先生もあまり期待させないようにして、あのような事をいってしまったんじゃないかな。誤解だとしても、患者さんに悪い気持ちを与えてしまうのはいけないですので、私から強くいっておきます。先生の癖もありますのでもう少し付き合ってみてください。』とのことであった。

 私をはじめ家族は、もう二度と、この先生には診察してもらいたくない。CT写真も診てもらいたくない。父親を任せられない。そう思うしかなかった。

 決して父親の病状を甘く見てもいなかった。がんと向き合って、治らなくても共存していこうと話していた。そこに、あの先生の言葉は許すことができない。たとえ、優れた技術を持っている医師としても。

 帰りの車中、父は何も話をしなかった。助手席に座っていた母親は、涙を浮かべていた。

 家ににつくと、毎日、欠かすことがなかった散歩に、父は行かなかった。




仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

激励 

February 15 [Fri], 2008, 16:15
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ



激励



  年が明け、癌専門病院への初診が近くなりつつある。今年は、無事に年を越すことができたが、来年、父親はどうなっているのであろう。がん宣告を受けた病院の診断では、年を越えるのも難しい状況である。

 ステージWの5年生存率はきわめて低いとしても、必ずしとも0ではない。10%〜20%は『奇跡』と呼ぶような数字でもない。がんが完全に消失する人も、縮小して長生きする人もいるのである。少しでも望みがあるのなら、全力を尽くしたい。

 ただ、辛い治療を受けるのは、私でもなく、父である。前向きな気持ちで、治療に向かってもらう為にも、ささやかながら家族で『激励会』を行った。

 父は『今年は、私にとって大変な年になり、皆さんに迷惑かけますが、よろしくお願いします。』と始まる。料理を囲みながら色々と会話をした。父が病気になる前は、真正面に向かって家族で話したことは数多くはない。病気は大切なものを私たちに気づかせてくれる部分もある。

 父は、食べるのが大変ではあるが、厳しい治療の前に体力をつけようと思っているのか、なんとか胃に入れようとしていた。家族写真と寄せ書きを入れたアルバムやプレゼントを手渡し、激励会を終えた。

 がんを宣告された後でも、決して弱音を吐かず、前向きな父を見て、息子として改めて尊敬する。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

がん大使 

February 14 [Thu], 2008, 14:21
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ



がん大使



 私は、父親が癌を宣告された時、始めて癌の恐ろしさを知った。それでは、手遅れである。

父が癌を宣告された時点で、私は、『がん大使』つまり、癌の恐ろしさを世間に伝える広報大使に任命されたと勝手ではあるが思っている。ブログに綴ろうと決めたのもそのためだ。

親戚や友達、その友達の両親にも、『定期的に検診をして、早期発見に心がける。』ことを、今の父親の病気の体験を通し伝えている。いくつかあった予兆を見逃してしまった後悔を、他の人たちに経験してもらいたくない。

日本人最大の国民病である「がん」。日本のがん患者数は、およそ300万人ともいわれており、人口減少が続く今日でさえ、なお、がん患者は増え続けていくといわれている。

日本に大勢いるがん患者及びその身近な家族が力を結集して、親戚、学校、会社や友達など、がんの恐ろしさ、そして、早期発見の大切さを伝えていく『がん大使』となる。実際には、自分自身、もしくは、家族のことで精一杯であるという方が多いと思うが、そこは古きよき日本の『思いやり』の心を…。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

予兆 

February 13 [Wed], 2008, 17:17
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ



予兆



 元気が似合う父が、まさかのステージ4b腹部リンパ節転移まで癌が進行していたことは、告知されるまで知る由もなかった。家族はもとより父親ですら、癌を患っているとは思っていなかった。

 しかし、過去を振り返ると予兆はいくつかあった。簡単に見逃してしまった。そこの場面で、行動を起こすか、起こさないかで大きな分かれ道となる。


飲酒の習慣
食道がんの発生リスクを高める第一の要因である。

体重が減少
毎日、運動していたとはいえ、目に見えてわかる体重減少であった。

食生活の変化
 昔から甘いものを滅多に食さなかった父が、食後、甘いものを食べていたことを見かけた。

 このような目に見えてわかった予兆を、そのときは病気として疑ってみることをまったくしなかった。これらとは別に、間接的にも予兆がいくつかあった。

 今年、結婚した看護師の姉の結婚式での先生のスピーチ。先生『お父さん、お母さん、子供が看護師になったからといって、安心はしないでください。健康は自分で管理してください。』まさに、病気への忠告であった。

 そのほかにも、昨年、母親の友人の旦那さんが急死したりと、感じ取ることができるすべての予兆を見逃していた。

 分かれ道で、注意する。行動を起こす。

 今回の父の病気を通し、今後に生かし、学ぶべきことがいくつもでてくる。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

母の苦悩 

February 12 [Tue], 2008, 9:18
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ



母の苦悩



 父のがん告知は、母にとっても非常に辛いものであった。

 父が寝室に向かった後、毎日のように泣きながら『もっと早く見つけてあげれなかったんだろう。』『毎年、検査を受けさせていれば…。』と話す。同居していた私も同じ気持ちである。

 私の住む町には、こんな話がある。

 私の家から10分以内の場所にある開業医の女医さん。地元では、評判のよいお医者さんで、毎日、忙しい日々を送っていた。そんな折、女医さんが自分の夫の調子が悪いことに気づくと、がんを患っていた。すでに手遅れの状態で、早くして亡くなってしまったとのことであった。

 お医者さんでも、身近な人の病状に気がつかず進行してしまう。がんは、恐ろしい病気であることは誰でもしるところではあるが、まさか自分の身の回りで起きるとは誰も想像できない。それが『がん』なのである。今の今でも恐れられる病気なのである。

 私は、母に『これからは、前向きに行こう。がんと共存していけばいい。』と話した。

 父の前ではいつでも笑顔の母。

 今まで仕事で忙しく行くことができなかった旅行に、夫婦で行けるまで回復してくれればと息子として願う。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

がん保険 

February 03 [Sun], 2008, 11:36
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ


がん保険


 親父が、がんを宣告されたほんの6ヶ月前に不幸中の幸いだったのだろうか、『アフラックのガン保険』に加入した。

 私の心の中に、『親父の母親がガンで亡くなってるから、せめてもガン保険に入っておかなければ…』という気持ちがなぜかその時期にわきあがり、半強制的に父親を加入させた経緯がある。神のお告げがあったのかもしれない。

 ただ、私の行動は間違っていた。『ガン保険』に入れることに執着し安心を得て、『がんを検査』をすることに対してはまったく関心がいかなかった。『親父の身体よりも、医療費を心配をしてしまったのではないか。』長男、失格である。

 後悔しても前には進めない。この保険のおかげで、家計を意識せず最高の治療をしてあげる可能性が生まれた。

 ひとつ、保険屋さんには申し訳ないという気持ちがあった。払い込み期間がわずかしかないのにもかかわらず、これから大きな医療費を請求することになる。

 いつもお世話になっている保険屋さんに、今回の件を話すと、『心配しないでください。発見が難しくて、進行が早い病気。それがガンなんです。同じようなケースもたくさんあります…』と、いろいろと保険請求に関することなど相談にのって頂いた。

 父よ。最高の治療できる環境にするから、精神的に負けないでくれ。

 保険について最後に余談ではあるが、ファイナンシャルプランナーや経済アナリストの中には、保険適用の治療ならば、費用はそこまでかからないから、がん保険に入らなくても大丈夫という方ももいますが、癌はそんな生易しい病気ではないといえます。
 実際、大切な家族が癌に侵されれば、なんとかして、最高の治療を、病院をと欲が出てくるのが事実です。
 先進医療や民間療法、代替療法もふまえ、最高の治療をするには、保険は大切であると思う。


↓保険の比較サイトです↓





にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

セカンドオピニオン(国立がんセンター編) 

February 02 [Sat], 2008, 11:33
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ


セカンドオピニオン(国立がんセンター編)


 がんの治療は、日進月歩であり、それだけ病院によって治療の差が出る。『地域で一番の病院よりも、さらに日本で一番の病院』を選ぶべきである。

 12月26日、地域で一番の病院である県立のがん病院へセカンドオピニオンにいってきた。次に、地域の枠を超えた病院の中で、セカンドオピニオンを行うこととした。たとえ自宅から離れた病院であっても、父にとって一番最良な治療を行える病院を選択したいと思ったからだ。

 12月28日、放射線化学療法いわいるケモラジ療法で有名な先生がいる『国立がんセンター』に姉とともに向かう。今日も仕事を休んでしまったが、残っていた有給を消化するにはちょうどよかったのかもしれない。

 2時間そこそこで到着し、先生のお話にうつる。やはり、診断内容は同一で、治療方法もほとんど同じであった。国立がんセンターの先生によると『県のがん病院と同じ治療であり、先生達も行き来してるので、最先端の治療ができます。』とのことであった。先生からは色々と言葉をかけて頂き、励まされた。

 国立病院と県のがん病院では、治療内容が同一であり、医療機器も先生も高いレベルにあるということがわかったため、県のがん病院で治療を行う決心ができた。すぐさま県のがん病院に連絡をとり、年が明けて1月4日に父を連れて初診の運びとなった。

 帰り道、父親の健康を祈念するため、東京の浅草寺に立ち寄った。ちょっと高価なお守りを購入し、お土産としたが、いろんな方々が父を心配してお守りをくれるため、神様がケンカしないか不安である。

 年明けからいきなり大変な年になるが、父の持ち前の精神力でこの壁を乗り切ってもらいたい。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ

民間療法挑戦(モーツアルト編) 

February 01 [Fri], 2008, 15:11
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ


民間療法挑戦(モーツアルト編)



 父親は、ステージ4のがん宣告を受けた後でも、落ち込む様子がない。がんを宣告により、精神的に落ち込み『うつ状態になることが、一番がんを進行させる原因となる。』ことを話したからだ。

 家族は、ただがんを治すことに執着しそうであるが、それにこだわるのは危険である。そんなに簡単に治る病気なら、がん専門病院なんて存在しない。私は父に、『がんと共存して生きていけばいい。』と話した。とはいっても、『完全にがんが消失して治って欲しい。』と思う気持ちも頭の片隅にある。

 精神的に安定している父なので、明るく楽しく、体にいいものを取り入れていく。そのひとつが『モーツアルトによる副交感神経を刺激して免疫力を高める方法』である。インターネットで『週間がん もっといい日』を見つけ、父に話すと『クラッシクは聴いたことないけど、やってみるか。』といった。

 『モーツアルトの曲』には、副交感神経を刺激する3500〜4500ヘルツの高周波音が、実に豊富に含まれている。
 がん細胞を攻撃する免疫細胞のリンパ球は、副交感神経に支配されていて、副交感神経が優位になると増加する。このため、副交感神経が出ている延髄を刺激する高い周波数(4000〜6000ヘルツ)に相当する音を聴くと、がんの再発防止にも役立つと考えられる。(週間がん もっといい日参考)

 父は、午前と就寝前の計2回『モーツアルト』を聴いている。普段、聴きなれていないクラッシクで、逆にストレスを感じないといいが…。
 こっそり父の寝室を覗くと、不安をよそに、モーツアルトをかけた瞬間に眠りについていた。私は『聴かないうちに、すぐに寝てしまって効果がでるのかな〜。』と思いつつも、リラックスできていると思い寝室をあとにした。

 父よ。夢の中でモーツアルトをしっかり聴いておくれ。



仕事で検査にいけない人や、大切な人がいつまでも健康でいられるためにも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか。
↓私は、早速セットを購入しました↓




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↑今後とも頑張ります!↓
にほんブログ村 病気ブログへ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ガン宣告
読者になる
 平成19年12月。

 父がステージ4、腹部リンパ節転移、余命6ヶ月のガン宣告を受け、息子として闘病日記を綴る事を決意。

 平成20年1月より、がん専門病院で父親のがん治療が開始。
       【がん情報サイト一覧】

       ↓がん早期発見キット↓

 これは、お薦めです。
 医療は進歩し、がんは治る病気となりつつありますが、私の父のように発見が遅れた進行がんは、非常に治療が難しく、5年生存率も著しく低下します。
 早期発見こそが大切でありますが、予防検診の定着は、なかなか難しそうです。

↓大切な人の健康の為にも、手軽にできる検査キットを進めるのはいかがでしょうか↓




           ↓保険↓ 

私たち家族は、がん保険のおかげで、家計に負担をかけずに、父に最高の治療をおこなえています(←ブログ参照)。
 保険適用の治療なら費用は、そこまでかからないから、がん保険に入らなくても大丈夫というファイナンシャルプランナーもいますが、癌はそんな生易しい病気ではありません。
 先進医療や民間療法、代替療法もふまえ、最高の治療をするには、保険は必要です。
       ↓保険の比較サイトです↓




        ↓がん治療の知識↓


 がんに対する治療は、代替療法を加えると星の数ほどあります。その中で、どの治療を選ぶかは至難の業であるといえます。代替療法に対しては、正しい知識の理解が必要であると考えます。

↓専門医による講演会・相談会・交流会の開催、研究成果・臨床的活動などの情報交換ができます↓




コメント、情報、アドバイス等宜しくお願いします。

リンクフリーです!

最新コメント
アイコン画像癌仕置き人
» PET検査 (2009年03月22日)
アイコン画像がん保険を考える人
» 選択 (2009年02月22日)
アイコン画像真那斗
» PET検査 (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» PET検査 (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» PET検査 (2008年10月08日)
アイコン画像きりひと
» PET検査 (2008年10月03日)
アイコン画像りぃこ
» PET検査 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» PET検査 (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» PET検査 (2008年09月25日)
アイコン画像南雲
» PET検査 (2008年09月21日)
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29