【 更新情報 】

女性の病気は増加傾向

近年、女性保険の加入が増加していますがその理由は、妻が夫の生命保険に妻型あるいは家族型の保障特約で加入しているからです。そのため夫が生命保険の主契約を解約すると当然妻の特約部分も効力が無くなるのです。かりに離婚などすると全く保障を受ける権利がなくなります。
女性保険とは、死亡保障より手術や入院等の保障に重きをおいているというご婦人の要望に答えて、普通の医療保険と同じく怪我、病気等の手術や入院に加えて女性に限られた病気で手術および入院を保障してくれる、女性にだけ加入が認められている特約あるいは医療保険の事です。
男女の体のしくみの違いは当然ご存知だと思いますが、そのため女性だけにしかない病気が多くあるのです。月経やホルモンに関わる病気や乳腺、卵巣がん、子宮がんや女性器の疾患、これらは一例にすぎませんが、最近では女性の病気は増えている傾向にあるようです。厚生労働省の数年前の患者調査結果ですが、全国における入院患者数は146万3千数人となっていますが、その中で女性は78万9千人と約54パーセントになり女の方の入院患者数が多くなっています。思いがけず病気で入院ということもありますので、女性疾病の特約のついた医療保険や女性保険に入っているといざという時のために役にたちます。

保障内容や保険料を考える

女性保険で保障をされる特有の病気としては、上皮内新生物、乳房の疾患や障害、乳房の良性新生物と悪性新生物、帝王切開出産や妊娠中毒症などの分娩、妊娠に伴う合併症、子宮ガンなどの子宮の疾患や障害、卵巣のう腫や子宮筋腫など卵巣の障害や疾患と関節リウマチなどが主に挙げられます。
女性保険に加入出来ないものとして、正常分娩や人間ドック、美容整形の処置と手術などこれらが女性保険では保障の対象にはなりません、女性保険ばかりではなく出産後であるとか妊娠中の一定期間は、保険には加入させてもらえないというケースがよくあるようです。ガンの保障というのは一般的な保障範囲に入っているので、女性保険以外のガン保険などに加入している場合には保障が二重になります。その場合本当に自分には二重の保障を必要とするのか熟慮したうえで決めてください。
女性保険以外の商品も同じですが、無事故給付金や積立ボーナスなどの保障が付いているものは、付いていないものに比較してみると保険料が高額になっています。少しでも保険料を安くしようとするなら、無事故給付金とか積み立てボーナスの付かない商品にしましょう。

商品の種類や選び方

女性保険の種類には、掛捨てのものや、加入後決まった年数で満期保険金がでたりお祝い金のでるものがあるようです。できるだけ負担のかからない保険料で入りたいと思われる方は、掛捨てのものは保険料が安くなりますのでおすすめします。しかし注意していただきたいのは、掛捨てのタイプは途中に保険を解約したいと思っても解約返戻金が出ないないことがありますので気をつけましょう。
入院をした時一日分の受け取る保険金額は商品のタイプによって色々あります。入院一日につき5千円受け取れるものや、入院一日につき1万円受け取れるタイプがありますので、万一入院したときには給付金で支払いがまにあうように、保険加入の場合は商品がいろいろあるので保険外交員にまかせっぱなしにはせず、他の物と比較したり自らの思いも伝え一番良いかたちで女性保険に加入することがいいのではないでしょうか。
女性保険加入の際には入院一日の金額はいくらかとか、入院の保障は何日目からなのか手術の保障範囲など、単に人気があるとか保険料が安いという理由から加入することはせず、多数ある保険案内の内容を見たり、専門家の話をきいたりしてすっかり理解してから加入するようにしましょう。女性保険にも、特約や商品が様々ありますから自分に合うものをその中から決めるのも難しいことですが、できるだけ自分でも解るように心がけ良いと思われる女性保険を選択することです。

女性保険とは

女性保険とは、婦人だけにしかない病気にかかった時のための女性だけが入れる保険です。婦人にしかない病気の他にそれ以外の病気やケガのときでも、通院給付金と入院給付金が受領することができるのです。婦人科の病気になったときなどは、通常の病気になった場合よりもっと有利な保障が受けられます。
婦人にしかない病気である子宮ガンあるいは乳ガンと診断がでた時には、給付金がおおく一括で受領することができるので、それ以外のガンの給付金よりも女性だけにしかない子宮ガンあるいは乳ガンである手術、入院の給付金のほうが、より多額に給付金を受領することができるのが女性保険なのです。女性保険は、大まかに二つのタイプにわけられています。一つは、保険の加入から人生を終わるまでの一生を保障される終身タイプです、もう一つは保険期間の間だけが保障されていて保険期間がはじめから決めてあるという定期タイプにわけられています。
女性保険の種類によって、決まった額のボーナス給付金が一定の期間毎に出るものもあります。健康に対しての悩みや不安などがある女性にアドバイスをしてくれる相談窓口を設けているところもありますし、インターネットでは人気のある保険商品の比較ランキングなどもあります。たくさんの保険がありますからアドバイスをうけながら、各自の内容に沿った保険加入をするのがよいでしょう。
P R