Perspective 

September 28 [Wed], 2005, 23:44
音楽の好みとしては、調和の取れたものが好き。基本的に。
古典派以前なんて限定しないけれど、バランス感覚のいい曲を好きになることが多いかな。
で、メロディに弱い。
主題労作だなんて褒め言葉があるけれど、主題が良ければ大抵いいね。
主題の好みとしては哀愁漂うような、琴線に触れるようなのが好み。
あと、コーダで主題をループしながら、複数の楽器がユニゾンしてるのなんて、ツボど真ん中。

そんな曲で、カキコ候補はあるけれど、違うタイプのを書いてみようかな。
坂本龍一のPerspective。アルバム「/04」収録。
ピアノとドルチェな男声の小品。バラカン作詞だって。
いたって平凡な日常と訥々と歌っているんだけど、歌詞は平凡なのに対して、移調が平凡じゃない!
前奏からして、移調に移調を繰り返す、しかも同じ調が2小節ももたない。
ごくごくシンプルなピアノの音が、くるくると変遷していく様はちっとも平凡ではなく、安定好みのイロクとしては最初は違和感を感じたけれど、慣れてくると、これも心地よい。
ちゃんと計算されつくした移調だからね、作曲はじめましてなイロクは咄嗟についていけなかったけど、じっくり聞けば成る程。
なんかね、落ち着くね、リラックスする。
シンプルで心地よいピアノ(だけど平凡でつまらないってのではなく、適度に刺激がある)と、単純な歌詞(同じフレーズの繰り返し)、耳に当たらない歌声(優しいけど甘すぎず、適度に枯れた声)がうまく出逢った秀作。
典型的なイロクのタイプの曲とは違う。
けれど、よくよく聞くと近いところもあるなって。
静かな秋か冬の日に、暖かな服装で暖かい飲み物を片手にまったり、ってときに最適な曲。

謎のクィン氏 

September 26 [Mon], 2005, 0:44
ハヤカワからクリスティ文庫が新装されて100冊刊行されたので、ちまちまと集めるイロク。
現在既読数は36冊、その中で最も良かったのが「謎のクィン氏」。
探偵役はハーリ・クィン。
と、思いきや、実はサタースウェイト氏というおじいさん。あら。
サタースウェイトはお金持ちで人生に退屈し、ゴシップ好きの人。
どこからともなく現れる超自然的な存在クィンが、サタースウェイトに助言して事件を解決させるのだ。
人、じゃないんだな、存在なのだ。
黒づくめの服装なのに、光の当たり方でサーカスのピエロのような衣装と仮面をつけているかのように見えるクィン氏は、こと恋人たちを助けるために現れるのです。
ハーリ・クィンは大道芸のピエロのこと。
男ピエロのハーリ・クィンと、女ピエロのコロンバインは人間という生物を観察して笑っているが、ある日コロンバインはある人間の男に興味を抱く。
人間の男とともに暮らし、子供をもうけたが、やはり人間にはなれないコロンバインは、嵐の夜に迎えに来たハーリ・クィンとともに元のコロンバインに戻り、去っていく。
という戯曲があるのか、あるいはクリスティが作ったのか、何にしろこれが元になっているらしい。
コロンバインに相当する女性キャラは出てこないけど、代わりにクィンのお使い役ハーミス(黒い犬)がいるわん。
クィンのキャラがねーツボなのだよ、何と言っても人じゃないあたりが(笑)
推理できない人たちを嘲けるような哀しいような様子で笑うあたりとか
誰も座っていなかったソファから突然立ち上がって「私が来るのを期待していたでしょう?」とか。
もちろん、待っていたのだけれど、ホントに現れてサタースウェイト仰天だよ。
カモメもすくむような海辺の断崖絶壁にいつの間にか座り込んでいたり、「あなたもあのホテルにお泊りですか?一緒に戻りましょう」と言われて、「いや、私はもと来た道を戻りますよ」と絶壁に向かって歩いていったり
もう、きゅんきゅん☆ですよ、この一冊だけボロボロ。
ちなみに「謎のクィン氏」は短編集なのね、クィン氏は短編にしか登場しない探偵なので。
他に「愛の探偵たち」「マン島の黄金」とに一話ずつ収録されて全部。
少ないんだけど、クリスティ自身もこのシリーズを大切にしていたそうだ。
むぅ、素敵だわさ…。

44 

September 19 [Mon], 2005, 16:44
イロクの最重要の核。
知っている人は知っている、けど大抵は誰も知らないマイナーロードをいつでも快走しているイロクだから、もちろんこれもマイナー。

44って何の数字って、下一桁をとった略称。
正確には刺客として送りこまれたアンドロイドの004と、本物のサイボーグの004。
登場するのは文庫版サイボーグ009の第十四巻の巻末の一話だけ。
だから第十四巻だけ買ってください。
ドイツですよ、古城ですよ、Der Doppelgengerであり、扱いからしてDer Todじゃないですか、なんですかその素敵関連は。

深い、これはたった一話と見せかけて深いのですよ。
古来、死生観は2タイプに大別され、シューベルトにたとえを求めるのなら、「魔王」のような脅威としての死と、「死と乙女」のような甘美なる死とがあるのです。
人は死を忌み嫌う一方で、死に救いを見出しもしていたわけです。
本物の4は高い攻撃能力を自嘲し揶揄して自ら死神などと字していたのだけれど、攻撃性は「魔王」の死神の要素。
「魔王」の死神だなんていったところで感情のある人間だから、なりきれるわけないんだけど、そうとでもして咀嚼しておかないと動けない哀しい状況なのだ。
そんなキッチュな「魔王」の死神を超越するとしたら?
「死と乙女」の死神、しかも完全版の。
そこで、アンドロイドな「死と乙女」の死神の登場。
結末は本物の4が人の感情の機微によって勝つんだけど、そんな勝負はどうでもいい。
なぜ、同じ顔にしたのか。
Der Doppelgengerにするため。
詩人ゲーテはDer Doppelgengerを死の影として恐れたという。
あれ、死=Der Todですか、やっぱり。
ここは切っても切れないつながりなのね。
んで、もちろんDer Todなんだから死にませんよ。
Der Todは通説、黒尽くめで大鎌と砂時計を持った男性。
さらに「死と乙女」の死神だからね、それはそれは甘美な誘惑をするのだ。
総てを知り、総てに通じる超越者。
もともと本物の4がかなり完全っぽい人なのに、それを上回る完全無欠っぷりって、それは神ですか!?
はい、死神です。

どうしろっていうんですか、きゅんきゅん☆するに決まってるじゃないですか。
イロクの好み事項を総まとめしたかの如く。
ありがたい、在り難いことです。
萌えずにいられるわけがあったら知りたい、いや知る必要はない、何故なら萌えるに違いないのだから。

西の善き魔女 

August 30 [Tue], 2005, 1:44
面白くなったのは4巻以降…バードが出てきてから(笑)
萌え萌えし始めたのはバードとケインが会ってから!
ちょっと待った、ちょっと待った、バード、ケインのこと好きすぎだから!!
なんなんだよ、主人公無視かよ(笑)
いや、むしろ大歓迎ですけどね、その展開。
最初からBLっぽい要素はあるなーと思ってたんだけど、エヴァンジェリンは完全にBL作家だし、双子とか出るし、主人公の外見まんまハリポタだし元男娼みたいなもんだし。
あーはいはい、そこ、バードさん、バードさん、主人公無視してケインを口説かないー(笑)本編5冊と外伝3冊、借りてたんだけど、外伝の3巻はバードが主役だってんで買いました。
そこだけ。あー後で4巻以降買うかも。
バード(吟遊詩人)とかね、死神とかね、自然に反するキャラって好きなんだわ。
うん、バード、もういいから、ケインが好きなのは分かったから!
なんでアンタがケインを自慢するんだって(祖先だけど)
ケインは明らかに不審がってるじゃん!
「私と女王がこの問題を考えるキッカケはアーベル氏(=ケイン)なんですよー」
えー!そんな世界を総べるシステム書き換えるきっかけが主人公以外の脇キャラ!?
っていうか四人の騎士の1人になるのん!?
隠密組織の人ですよー!?
ぜはぜは…。
あ、でも何、世界を総べるシステムの古い人を倒して、新しくバードがシステムになるわけだから、バードのやりたい放題になるってことで…。
ケイン・アーベル氏の身を案じまする…。
あ、無論バード×ケインで萌え萌えだけどね〜☆
はやくコミック版で登場しないかな〜。

ひぐらしのなく頃に 

August 10 [Wed], 2005, 0:44
ネット上で大評判になっていた同人ゲーム。
やらしいとかじゃなくって、不可解・恐い・謎が解けない。
挑みたくなるねーそういうの。
で、挑んでみた。
解けない。
解けないから続きが気になるのだ。

問題編が4作出てて、解決編が1作出てて、この夏の聖地で解決編の2個目が出た。
前回、愛姫に買いに行ってもらったら、
「もっさいおにーさんやらおじさんやらが行列を作っているなかに並ぶことはできませんでした」とさ。
ごめんなさ、マジごめんなさい!
あとで通販で手に入れた解決編1作目、すっごい良かったよ〜><
純愛好きーなイロクのツボにヒット!きゅんきゅん☆
サブタイトルは「最愛の殺人鬼」
うぬ〜詩音が健気で〜悟史を思ってあそこまで〜最後の「むぅ…」にきゅんきゅん☆
…って言ったら恋愛もののハッピーエンドに思えるけれど、さもあらん。
とてもハッピーエンドには思えない!
や、あれは一部の人(イロク含む)にとってはハッピーエンドだけどね。
イロク的にはいい(?)素敵な終わり方だったと思うよ。
この夏に出た解決編2作目は初日にトラの穴にて、イロク本人がもっさい人々にまみれてゲット。
こっちは個人的にはイマイチかなーええ、そういうオチかい!って感じ。
レナが好きなら楽しめるだろうけど、イロクはKレナよりもサトシオンだからね。

で、だ。
面白いからみんなにやらせたいのに、恐いからって理由でやってくれない。
いやーそこまでは恐くないよ?
不可解なのよ。
みんなできゅんきゅん☆しようよ〜サンゴちゃん〜愛姫〜いっちゃん〜(以後無数の名前を連呼)!
レンタルするよ〜サトシオン萌え〜☆

ことノは 

August 04 [Thu], 2005, 0:44
朋友・トーカ曰く、わたし・イロクはこだわりが大きい。

……大きいですとも!確固たる核だよ!

良く言えば一途、悪く言えば頑固だ。

「好きなキャラに合わせてドイツ語までやっちゃうってどーゆーこと?」

……やっちゃうさ!
あ、でも外国語はもともと好きだしね、きっかけがそうだったってだけであって、外国語を習得するのは趣味なのよ。
にしてもだね、言語を知るとだね、それまで以上の愉しみが待ってるのだよ。
古式ゆかしい詩のかずかず!
原語で読むことの満足感!
日本語で読むのとは全く違うわけさ〜、昔から伝わってきてるだけあって内容トキメキ度は絶好調だしね。


「……Gib deine Hand, du schoen und zart Gebild?」
「……Ruehe mich nicht an……」
「Bin Freund und komme nicht zu strafen」

「…………よく言う…」
「言っただろう? 私はお前を救いに来たのだ、と。」

「…………」


ってな会話をするがいいさ!
萌え〜ってかきゅんきゅん☆雅きゅん☆
や、や、訳せなきゃただの可哀想な人になってるんだけどね。
すっごい、萌えワードが書かれていると思ったってくださいきゅん☆
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:instrumenten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる