毎日新聞社 社名の由来 

2012年02月11日(土) 11時14分
今日は毎日新聞社の社名の由来をご紹介します。

発行部数で第3位の毎日新聞は今日まで発行が続いている

もっとも歴史ある日刊紙です。

同社は東京と大阪の二つの新聞社が合併して現在となっています。

東京の会社は浅草にあった「日報社」で明治5年に「東京日日新聞」と名称を変更しています。

大阪は「就将社」でおなじく「大阪日報」としました。

これは大阪では最初の新聞でその後、名称を「大阪毎日新聞」と改題されました。

両社が合併したのは同44年で更に昭和18年に

両紙の題字を「毎日」新聞に改め、社名も現在のモノとされました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:inspires
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

このブログは私自身が過去に感銘を受けた創業者・起業家・社会起業家達を紹介するために立ち上げました。

『これから起業したい』『将来、独立したい』と思っている方々に

少しでもお役に立てたらと思っています。
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29