文化祭前 

2005年09月20日(火) 21時58分
何事にも哲学は大事である。
しかし、哲学を感じるようになった物事は間もなく終わるのである。

おひさし 

2005年06月24日(金) 15時34分
人間の好悪感というものは、まず直感に近い主観があって成り立つ。
強いて暇謹を求めるのは容易い。

貧しい労働者が求めているのは、
数学の大定理ではなく、今日のパンの手に入れ方なのだ。

帰宅 

2005年06月03日(金) 20時07分
想像とは、嘗て吸収した事象の分解と再構築である。
構築の要素が細かく且つ多い程、想像力は柔軟性を増す。
要素が大きく且つ少ないほど、模倣に近づく。

ネタできた 

2005年05月26日(木) 15時36分
歴史は人間の記憶の連続の集合体であり、
全体として統一されない、個人個人の集合体である。

英語の歌:他記

これかな? 

2005年05月17日(火) 17時47分
私は、これ以上に無いほど幸福でした。

そして、この幸せの終焉の到達を知る私は、

これ以上に無いほど、不幸でした。

エピローグ 

2005年05月14日(土) 19時55分
人は、人と出会うという刺激によって光を発し、
その光は足跡となって人の軌跡を彩ります。

いつか、人生を振り返ったとき、
ここの世界での生活が、
光り輝いて見えますように。

プロローグ 

2005年05月14日(土) 19時36分
草木は青く、水は澄んでいて、空気は清らかでした。

白い石畳が、街灯の光を反射していました。

私は、慎重に、歩き始めました。


あの日。

斜陽の光のような、儚くて美しい日々の始まりでした。

原稿近いよ? 

2005年05月11日(水) 23時38分
私が論じているのは、
情報の内容の正否ではなく、その存在の正否である。

世の中の時が加速すると、人の心は過去の速度を懐かしむ。
その差異は常に一定であり、結局のところ不完全な残像に過ぎない。

ペース作り 

2005年04月29日(金) 2時25分
貧乏人は財産家の安定を嫉み、財産家は貧乏人の粗放を羨む。
生きるための合理性が違う以上、懊悩の質は違えど量は等しい。

発見也 

2005年04月11日(月) 16時00分
死は終末に約束される自由とは言えなくても、
一種の開放ではあるだろう。

不公平と不条理こそが、
この世の存在意義である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:insou1
読者になる
Yapme!一覧
読者になる