コストを抑えて手作りチラシを大量に印刷する方法 

September 15 [Tue], 2015, 22:10
お店の手作りチラシをできるだけ安く、大量に印刷する方法に
頭を悩ませていませんか?

自分の店をたくさんの人に知ってもらうには
ホームページと地元でチラシ配り、またはポスティングになると思います

ただオープン当初はいろんな出費が発生するので
節約できるところはできるだけ切り詰めたいものですよね

店の宣伝用のチラシは業者さんに発注して
デザイナーさんにデザインしてもらうと
当然かなりの出費になってしまいます。

それに自分のアイデアや頭の中のイメージを
人に伝えることは思っていた以上に難しく、

特に美的なニュアンスは
言葉でも、イメージを絵にするのも(私は絵が苦手なため)
簡単ではないと実感しました


それに他と差別化を図るなら
プロが作った完璧なカラーチラシより
オーナーの心がこもった手作りチラシの方が効果的です
(ブランド戦略をねらう場合は別ですが)



そこで、手作りチラシをできるだけ経費をかけずに
大量に印刷するにはどうしたらよいでしょう?


インクジェットとレーザープリンタとでかかる経費や
利点を調べてみました。

インクジェットプリンタ

・印刷速度が遅い
・インク(トナー)がすぐになくなる。しかも高い。
 白黒印刷のときも黒以外の色も使われているので無駄が多い
・基本的にインクジェット用の専用紙が理想としますのでこれも高くつきます
・カラー印刷は写真並みにとてもきれい
 

レーザープリンタ

・印刷速度はとても速い
・トナーは高額ですが、だいたいA4サイズで6000枚程度印刷できる
・普通紙で対応(ホームセンター等で激安で入手できる)
・カラー印刷はできますが鮮やかさを出したいなら不向き

消費電力はレーザープリンタの方が高いといわれていますが
インクジェットプリンタは速度が遅いので結果的に
大差はないと思われます

以上のことをふまえると
大量の印刷はレーザープリンタのほうが低コストで
済むことがわかるでしょう

カラーで特徴を出したいところは少し妥協して
コピー用紙をカラーに、強調したい文字は太字や大きさでカバーするなど
モノクロ印刷で考えた方がよいです


平常営業が始まっても店内や店の外に“ご案内”として
チラシを置くことになり

最初に大量印刷した手作りチラシは
意外になくなるのも早く絶えずかなりの量を印刷することになります

チラシの内容も少し変更するところもでてきたり、
消費税の変更などで価格改定もあったりします

そんな時に便利だったのが印刷通販サイトでした

オープン当初はバタバタで余裕もなく
その存在を知らなかったのですが

私の作ったシロウトのチラシの原稿をデータで送って
希望の用紙で印刷をしてくれるサービスです

金額も安く、モノクロで両面印刷1000部を依頼して
1枚につき2.5円くらいだったと思います。しかも送料無料で!

これは自宅で長時間かけて用紙を補充したり
用紙の置き方のずれを注意してみたりと
わりと付きっきりの作業の労力を考えると

プロのパーフェクトな印刷で手元に届くのは
感動ものです(大げさですがそう思いました)

せっかくのこだわりチラシを印刷する紙の色や材質が心配な場合は
サンプルを送ってくれるし、

初めてのチラシ作りやデータを送る手段やその他
困ったことへのスタッフの対応もとてもよいです

うちは店の外にチラシボックスを置いていますが
営業時間に店内に入って色々聞かれるより

店の存在に興味はあるけど、入って聞くほどでもない人って
案外閉店しているときにチラシをもっていって
店を認知するケースが多いです

あと興味がない人もとりあえず読んでみて捨てる事も含めると
チラシボックスの中は割と回転が速く、絶えず補充しています

なので、ある程度大量に印刷を依頼して1枚当たりの
コストを下げ、チラシのストックを置いておくとよいですよ