雲仙普賢岳陸軍電探基地 

February 27 [Wed], 2008, 17:44
                   雲仙普賢岳陸軍電探基地

 本土防衛作戦要綱にあった対空警戒所のうち、電探基地の跡「雲仙普賢岳」と、「野母崎遠見山」については詳細を紹介する。
 「雲仙普賢岳」の掲載資料の説明は次のとおり。遺跡がわかるのは、山頂へすぐ出る登山道の左側小ピークとの鞍部。今新しい普賢神社の石祠がある背後の方に大きな石組みの跡などが壊れて散乱していた。登山者の避難小屋かと思っていたが、これは当時、仁田峠窪地の兵舎と別に、ここに送信分隊兵舎があった跡のようである。普賢池に残っていたのも同じような施設でないか。
 「野母崎遠見山」は、次項とする。

       小浜町・小浜町教育委員会「おばま−史跡めぐりガイド−」平成11年
東部(雲仙)      雲隊と電波塔             88頁
 第二次世界大戦中、雲仙はその山岳地形により重要な役割を担うために軍により接収されていた。なかでも、一個中隊程度(200名〜300名)の情報通信部隊(監視隊か?)が普賢岳周辺に配置されていた。普賢岳頂上に偵察用電波塔が建設され、その近くに情報を受信する見張り台があり、兵舎は仁田峠にあった。もちろん、当時これらはすべて国家機密であったらしい。隊長は現在東京に在住されている緒方成男氏(77才)で、氏はたびたび来仙され、本隊の歴史的価値よりその遺産化のために尽力されているという。

     熊本の戦争遺跡研究会編「子どもと歩く戦争遺跡〓 熊本県南編」2007年
            〓谷和生氏稿「橘湾地区の防衛」   128頁
雲仙普賢岳陸軍電探基地
 雲仙普賢岳には西部軍第36航空情報隊・通称「雲隊」の緒方隊100名が配置され、電波探知機甲(飛行機が送受信所を連なる線に近づいたり、横切ったりした時に探知)を設置、対空監視を行っていました。
 その期間は1943年秋から44年11月までの期間で、現地には兵舎基礎部、水槽が確認されています。
 詳しくは植木和憲さん(60歳)の研究「島原半島の戦争遺跡 雲仙普賢岳陸軍電波探知機基地」(『2004年度教文しまばら第22号』長崎県高等学校教職員組合島原支部発行)をご覧ください。

(注) 上記の植木和憲氏教育研究論文は、当会の研究レポート第3集に全文を転載収録させてもらっている。当時の写真も同論文のもの。

ダイエットクッキーのおから本舗 

February 16 [Sat], 2008, 9:36
株式会社ドリーム・サポート
たった数か月で15万食突破! ダイエット豆乳おからクッキーの販促キャンペーンです。一箱に1本スリムウォーター「コントレックス」が付いてお得♪ さらに一箱最安2,100円〜の老舗(しにせ)のおいしさに、返金制度もついてただ今大ヒット中です!

賢く選ぼう!カードローンを現在の借入件数から探す 

February 10 [Sun], 2008, 6:37
2007年10月期 最新人気ランキング




'''低金利、限度額、即日中に融資可能と、すべての面で優れた人気のキャッシングをご紹介します。'''




キャッシングガイド





'''人気キャッシングBEST10!'''
アコム
DCキャッシュワン
楽天クレジット
プロミス
ディック
ライフプレイカード
¥enショップ武富士
スタッフィ
レイク
モビット





'''目的別メニューから選ぶ'''
3社一括申込み
人気キャッシング
即日キャッシング
女性専用ローン
パート・アルバイト
おまとめローン



初めてのご利用
借り入れ1〜2件
借り入れ3〜4件
借り入れ5件以上



IT系
銀行系
消費者金融系
クレジット/信販系



利息で比較
金利で比較
限度額で比較
審査スピードで比較




'''日本最大級のキャッシング比較サイト'''
キャッシングガイド

* 

January 31 [Thu], 2008, 5:10
時間こそ最も賢明な相談相手である。


ペリクレス

入れ歯がドッキング・オン 

January 16 [Wed], 2008, 11:17
それは昼下がりのこと

食事を終えた患者さんたちがテレビを見ながら

くつろいでいた時・・・1人のスタッフが叫んだ

「Mさん!何食べているの?!」

見ると自分の上の入れ歯を出して

両手で握り、煎餅を食べるように

パクパクパク・・・(ひえ〜〜〜〜〜入れ歯を食べてる〜)


パクパクパクパク・・・・・・・


パックン


(元あった口の中にドッキング・オン)

食べちゃった・・・



当然、固まって見ていただけの私であった・・・

詩っておもしろい! 

January 09 [Wed], 2008, 12:40
国語で まどみちおさんの「きりん」の詩を学習しました。
とても短い詩なのですが,いろいろ考えさせられる詩です。

きりんをごらん
足が歩くよ

首がおしていく
空の中の

きりんをごらん
足が歩くよ

この詩について子どもたちからわからないことを出させました。
・「足が歩く」はおかしい 「足で歩く」じゃないのかな。
・顔がなんで2回も書かれているのか。
・顔が空の中にあるのはおかしい。
・首がおしていくってどんなこと。
・なんで同じ言葉が繰り返されているのか。
それぞれについて考えていきました。
すると話し合いをしていく中で,新たな疑問が生まれていきました。
・きりんの大きさはどのくらいなのか。
・小さな子からみたから空の中に顔があるように見える。大人からもそうなのかな。
休み時間に図鑑を図書室から持ってきてきりんについて調べる子もいました。
話し合いをしたり,きりんの大きさを床でたしかめたりする中で
いろいろなことがはっきりしました。
子どもたちはまた,
この詩のはじめの「足が歩くよ」とあとの「足が歩くよ」のちがいについてある答えに達しました。
みなさんならどうとらえますか?
「谷川さんの詩も面白いけど,まどさんの詩も面白いね。」
ある子がこんなことを言っていたのが印象的でした。

GTS Twin Cam 取扱店 ビクトリアビエント 

December 28 [Fri], 2007, 19:50
今日学科の帰りに神田小川町のビクトリアビエントにいきました。

多くの受験者の方たちも神田に繰り出していたようでした。

本当にたくさんの方と神田の路上や店内で挨拶を交わしましたから。(笑)

さて、ビクトリアですが、国内で販売している、ほとんどのアルペンボードが店内にあります。

棚にはハードブーツが並んでいて、横でハードブーツを試し履きしている人が何人かいて

嬉しくなります。

店長の平田さんや松本プロも忙しそうに接客や、ボードにビンディングのセットをしていましたよ。

そんな中立ち話ですが、今期のDVDが月末にできる話しをしてきました。

今期の作品も、店頭に並べてもらえるので、入り次第ビエントに発送する約束をしてきました。

神田に用がある人は、GTS Twin Camをビクトリアビエントでお買い求めください。 

来月頭には店頭に並んでいるはずです。

中国の勢い 

December 15 [Sat], 2007, 8:42
中国恵州へ出張
今回改めて中国の凄さ、勢いを感じさせられた。
当社工場には広州空港から高速道路で約2時間ほどかかる。
この高速道路は当社の工場建設と同時に完成しインターチェンジが
300M先にでき広東省どこへいくにも
交通の便が良くなり非常に行動しやすくなった。
この道路、3年前に開通、片側3車線の広い道路。
ところが1年ほど前より道路の傷みがひどくなっていた。
路面が所々へこみが出てきて車が悪路を走っている感じで
ガタガタ振動が伝わってこる。
重量オーバーの大型トラックが頻繁に通行する幹線道路では
道路の傷みも早いだろうが、驚くほど短期間で完成させてしまう
施工にも問題が有るのではと批判めいてはみたものだった。
日本では考えられない。
半年前に行った時は修理が始まっていた。
車線を規制し道路は掘り起こして全面敷き変え
今回行ったら上下6車線修理は全部終わっており
車はスムースな走りに戻っていた。
凄いよな!!中国の勢いわ。

Cats'n'roll 084 

December 08 [Sat], 2007, 4:40
246 新宿歌舞伎町のど真ん中

247 餌くれ〜と訴えられたけどもってないのよ。(杉並区大宮)

アメリカ出張始末記〓【デトロイト・メトロ空港】 

December 05 [Wed], 2007, 13:07
【デトロイト・メトロ空港】
着陸間際になって、色づいた風景が窓越しに目に飛び込んできた。
現地時間の2時ぐらいに到着した。

ちなみに、飛行場構内は、一切撮影禁止のアナウンスが繰り返し流れている。

飛行機で入国審査書類と税関書類を配っているので、あらかじめ記入しておく。
滞在先が決まっていることが重要になる。

飛行機を降りるのは、座席が後ろだったため、最後のほうになった。
降りてからは、実質1本道を歩いていけば、自然と入国審査エリアにいける。

ここからが、長かった。
アメリカの入国審査は大変だと話には聞いていたものの、テロ前のイメージしかなかったので、ここまで時間がかかるとは予想外だった。
あとで聞いたら、1時間並んで済めばいいほうで、2時間かかることもあるという。
トランジットなどあるときは、大変だろう。
飛行機から最後に降りると、フルコースの待ち時間というわけだ。

並びながら審査の様子を伺っていると、一人につき5分ほどかかっている。
ときどき、ひどく時間のかかるケースがある。
中国人の老夫婦は、審査官とまったく言葉が通じないので、後ろに並んでいた別の中国人が呼ばれて、通訳したりしていた。
こういう場合でも、決して焦らないのである。

審査状況によって、どんどん進む列と、まったく進まない列ができてしまう。
幸い、私の列はとんとんと進んだ。

腕にタトゥーの入った審査官は、日本人と見ると、片言の日本語で話してくる。
ここでは、事務的な対応をし、へつらって笑ったりはしない。
あらかじめ飛行機で記入済みの入国カードを渡す。
日本語のカードなのだが、チェックの位置だけ確認しているのだろう。
英語で、渡航目的と会社名を聞かれた。
左右の人差し指の指紋を電子的に採取し、顔写真を撮る。
私の番まで、1時間くらい待ったあげくに、ものの1分で通過してしまった。

審査を通ると税関で、これはあっさり通過。
隣では、ケージに入れられた犬が検疫待ちでキャンキャン吠えていた。

ここからタクシーを拾わなければならない。
最初は順路がわからずうろうろしたが、案内板には日本語も書いてあることに気がついて、それを頼りに、エスカレーターやエレベーターを乗り継いで、なんとかタクシーエリアまでたどりついた。

白いタクシーが列をつくって待っている(白タクではない)。
乗り込んで、運転手にホテルのアドレスを渡した。
NYもそうだが、タクシーの運転手は、アフリカ系、中東系、南米系が多いようだ。
彼らは、運転中に、必ずといっていいほど、私用の携帯で通話する。
その言葉は英語ではない。

運転手に無駄な愛想は振りまかずに、ハイウェイからデトロイト郊外の風景を眺めていた。
東京ではずっと曇っていたが、到着した日のデトロイトは快晴で、ひさしぶりの青空に心洗われる思いだった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:inredo1300
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 雲仙普賢岳陸軍電探基地 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 雲仙普賢岳陸軍電探基地 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 雲仙普賢岳陸軍電探基地 (2008年10月08日)
アイコン画像ゆりり
» 雲仙普賢岳陸軍電探基地 (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» 雲仙普賢岳陸軍電探基地 (2008年09月14日)
アイコン画像康之
» 雲仙普賢岳陸軍電探基地 (2008年02月29日)
アイコン画像京平
» '07リーグ戦 vsG大阪 (2008年02月19日)
アイコン画像名無し
» '07リーグ戦 vsG大阪 (2008年02月10日)
アイコン画像さや吉
» '07リーグ戦 vsG大阪 (2008年02月07日)
Yapme!一覧
読者になる