集中ケアに携わる看護師について

June 07 [Fri], 2013, 15:09
集中ケア。集中治療室やCCUなどにおいて、生命の危機状態にある重症・重病患者及びその家族への看護・支援を行うことである。よって集中ケアに携わる看護師には質の高いモニタリング技術、的確な判断能力、秀でた看護能力やコミュニケーション能力、様々な医療機器に関する会得度などが要求される。よって入ったばかりでいきなり配属されることはないだろう。相応の経験が必要であるし、素養、能力、希望によって配属が決まる例も多い。
また認定看護分野に特定されている。集中ケア認定看護師になるための条件は以下の通りである。前提条件:日本国の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を有しており、実務経験5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)が必要。前提条件を満たした上で、教育機関にて集中ケアに応じた教育課程(6時間・600時間以上)を修了し、認定審査(筆記試験)に合格すると認定証が交付され登録される。認定証がが貰えると、助産師 時給も上がる。尚、認定看護師になるために、経験期間においてどこの科に配属されていたかということは問われない。従って、集中治療室等に限定されることはなく、一般病棟において重病・重症患者の看護経験が所定年数あれば前提条件を満たすことになる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺっ
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/inosisi407/index1_0.rdf