習慣 

2006年08月10日(木) 1時14分
嫌なことがあったら引きこもって一日中寝ている。(いつもか)
考えたくないことは考えない。(脳ミソが衰える)

でもそれをしないとストレスで死にそうになるから健康にはいいのかもしれない。強い子になれないけど…。煙草の本数が増えて、笑わなくなってしゃべらなくなっても何だかそれでいいような気がしてしまう。それが本来の自分だから。勿論話さなきゃいけないときとか、ちゃんと社会生活しなきゃいけないときはある程度妥協して皆に合わせるけど、基本的に一人のほうが楽でいい。ホントはそんなんじゃダメなんだけど。

諦める楽さを嫌という程知っていると、どうしてもそっちに流れそうになる。消去法で毎日を送る神経回路はもう凄まじく太くなって、きっと衰えてはくれないんだろう。「悟り」って神経回路を繋ぎなおす操作だって聞いた事がある。ちょっと違う?人間は脳ミソ、神経に支配されているのならそこを変えないとどうしようもない。人間は3〜18才の間に大まかな神経回路が出来上がるらしい。自分に悲しい記憶しか残っていないのはその時期にそういう経験しかできなくて、そうゆう回路が太くなってしまったからかもしれない。それはもうどうしようもないから、他の回路を使うように努力するしかない。別に大変なことじゃない…はず。問題はそれを自分が望んでいるのかどうかだ。いつの間にか、多くを望まなくなってしまった。一番欲しかったのは情熱かもしれない。

ぱっしょん?

気になったから調べてみたけどパッションフルーツのパッションって何だ?
passionはまず情熱という意味ではないらしい。この場合、passionは「キリストの受難」と言う意味で、その花を「受難の花(Passiflora )」と読んだのが由来だそうです。この花、とても不思議な形をしてます。
 ・葉と穂先:ユダがキリストを売った代金の30枚の銀貨
 ・5本のオシベ:キリストが受けた5つの傷
 ・巻きひげ:ムチ
 ・脂肪柱:十字架
 ・3本の柱頭:釘
 ・副冠:茨の冠
 ・5枚の花弁とがくを併せて:10人の使徒
らしい。
奥が深いねぇ。何か食べたくなってきた…!笑



将来って…? 

2006年08月06日(日) 5時24分
 将来について考えてみる。

 先行きの見えないフリーター生活も早数ヶ月。実際フリーターで良かったと思ったことは多くない。年金の支払い、生活費、不規則な生活…。良かったのは、ゆっくり成長できること。これは自分にとってはとても大きい。人と接するのも下手だからその点結構勉強にはなるけれど、毎日のように将来の不安に苛まれ、あまり健康的な生活ではない。親からは「あんたは会社員には向いてない」と散々言われ続け、バイトの先輩には「お前は資本主義向きじゃない」と言われ、友達には「雑貨屋でのんびりしてるのが似合いそう」なんて言われるけど、そんなんじゃお金は稼げないんだよバカ〜!!

 どこかの脳占いでは、合理性、論理性なんかを綺麗に弾いて、自分の脳の70%以上を支配しているのは感情だという結果だった。そりゃ就職浪人だよ、自分。おい、自分。そんな訳で新しいバイトに応募してみた。飲食店をマネージメントしている会社の宣伝広報アシスタント。というのも、一度は恐怖で諦め、夢にまで出てきてしまったからだ。(残念ながら内容は覚えてない)こんな時、オーラの泉の影響か、死んじゃった曾おばあちゃんと曾おじいちゃんが後ろについていてくれて、後押ししてくれたんじゃないかと幸せな気持ちになる。

 明日のシフトはとてもキツイけども、とりあえずがむばる!!

思うこと 

2006年08月03日(木) 3時28分
今日はめんつゆを作った。昆布と間違っていれてしまったわかめと、かつお節。醤油と味の素を入れて完成。一人暮らしじゃないのになんでこんなひもじい思いをしてるんだろうと若干疑問に感じながら、完成品をペットボトルに詰めて冷蔵庫へ。まぁ、一人暮らしの予行練習でいいのか?と自分をなっとくさせながら部屋の片づけを始める。

夜中にする人間も居ないだろうけれど、布団を干し、掃除機をかけ(これは夕方だった)、本と漫画の山を片付ける、その仮定で当然のごとく本に魅入ってしまいお片づけ中断。結局部屋がめちゃくちゃな状態で就寝を迎えることになりそうだ…。

バンドのメンバーから、今後の方向性についての意見的なメールをもらうも、自分の意見はあまりないことに気づいた。ライブを楽しんでやる、とかメンバーとの一体感とかを求めている気がするけれど、それはどうやら多数決で却下されそう…。自分には芸術的な部分はあまりないので、そっちを重視したいと言われてもあまりピンとこない。動員を増やすこと目指す前に演奏とか練習とかしっかりするべきじゃないかと思ってしまう。(自分の頭では同時並行して両方を成し遂げるとゆーイメージは無い)だって結局ライブが楽しくなきゃ人なんて来ないし、ライブなしでCDだけ売りたいんなら、自分はこのバンドに居る意味さえないとも思える。そりゃ、作り手としてはCDが売れればそれなりの満足感はあるのかもしれないけども、ただでさえドラムなんて自己主張乏しいのに、どーしたらいいのさ、と。自分はドラムとが楽器が好きで、下手なりに演奏するのも好きだけど、皆はそれほど好きでないのかもしれない。それがちょっと寂しい…。と思う。

今のところ抜ける気はないけれど、気持ちのずれって演奏に多かれ少なかれ影響すると思うので、このままの状態はあまりよくないなぁと思ったり…。聞いててあまりにバラバラだと気持ちよくないし、あぁ皆別の方向いて別のこと考えながらステージに立ってるんだ、なんて感じてしまうと正直萎える。練習量増やそうよぉ。まぁ、趣味だからねぇ…。






今日の出来事 

2006年08月02日(水) 3時47分
 昨日バイト仲間と飲んでいため、目が覚めたのは夕方の5時過ぎ。
昼夜逆転はしているものの、今日は折角のフリーだし、部屋の片付けでもしようかと思っていたから、ちょっとだけがっかりした。
冷凍してあった玄米ご飯をレンジして卵かけご飯で遅い昼食、又は早い夕食。

 その間、相変わらず怒ってるんだか疲れているんだかわからない不機嫌そうな声で店長から電話が入り、四連休が消えた。特に予定は入れてなかったから、がっかりする振りをしてみる。
ぼーっとしてる間に、ゴールデンタイムのテレビが勝手な自己主張を始めたので、取り合えずその主張を聞いてみる。
20才以上年下のスリランカ人奥様って…、確実に犯罪。嫌ーな匂いがする。そこまでして結婚したかったのかと思うと惨めだし、動物の世界と違って強いオスしか子孫を残せない訳じゃない人間社会のシステムが可哀相に感じた。

 深夜1時過ぎ。どうしても甘い食べ物が食べたかったのにお金が無かったので、棚の奥で寂しそうに凍えていた賞味期限の切れたクッキーミックスに紅茶を混ぜて作ってみる。賞味期限は5年ぐらい過ぎていたけれど、中身を確認したらそこまで劣化が激しそうなものは入っていなかったので、強制的に使うことにした。そこまで飢えてた。

 味はそこそこだった。混ぜた紅茶が吉と出たのか凶と出たのか分からない微妙な仕上がり。
焼きたては柔らかくて、カントリーマームみたいにほくほくしていたのに、冷めるにつれ硬くなっていき30分後にはコンクリートのようになってカチカチになってしまった…。焼き加減も丁度良くなるようにちゃんと調節したのに…。

お菓子って難しい…。


 


 
P R
最新コメント
カテゴリアーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:inomamani_2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる