今年も始まった

January 13 [Fri], 2017, 0:10
今年が本格的に始まった。久しぶりにアジカンのライブを見に行った。去年はバンドをこれからどうすればいいのかな〜っつうのを考えていた一年で、盛り上げるギミックみたいなものが無いと盛り上がってないって思われてしまう最近の色んなバンドのライブもなんかそれって意味あるの?って思っていた。実は四人だったときの自分たちにもそれは思っていて、音楽をやっている感じがしなかった。でも去年で音楽やっている感じは取り戻してきて、爆裂FADでアスパラガスの後にやって、それは確信に変わった。アジカンの話に戻る。小細工なしのむき出しの魂、みたいなライブを見た。長年の経験による余裕とかではないはず、最初に見たアジカンもあんな感じだった、今の方が演奏は全然うまいけど。むき出しっぽく演奏する人はいるけどそれはぽいだけでしかない。ってまあ当たり前の事なんだけどホントの自分を出してる奴らの方がやっぱ強い。でもそんな事言ってもそういう強い奴らが絶対に売れるっていう訳ではないからオレたちは悩んでしまうんだけど、本当はそんな事悩みのうちにも入らないんだな、ってこないだアジカンの武道館行って思った。

2017

January 04 [Wed], 2017, 6:09
バンドとしてはマジでクソな年だった、2016年。メジャーで出してそこからどうしようかって言うのが全くなくて、オレは、とりあえず全部投げっ放した。ツーマンイベントのブッキングはちゃんと自分でやったけど、ダメだった。正直な話、ライブハウスでやっていたバンドがメジャーでやると良くない感じになる典型のテンプレートをなぞった感じはする。でもそれはバンドのチカラがなかったからって言うそれだけの話で、そのチカラっていうのは正直、お客さん300人呼べるのかオマエらっていう、話なんだけど。まあ下らないんだけど、普通に考えて300人も呼べる訳ないじゃん。そのなかで楽しくやる、使命がオレたちにはあるのかもしれません、知りません。

一日中寝てしまった

December 30 [Fri], 2016, 7:50
28日にガゼルイートガゼルがあり、そのままチョモのナルトとオグとダイクとウチで朝まで飲んだため、29日のオレは全く使いものにならなくなってしまった。オレたちはもう昔のままではいられない。楽しい事はもう勝手には続いてゆかない。そんな今年の終わり。

ガゼルイートガゼルについて

December 22 [Thu], 2016, 1:38
今回で10回目の年末恒例チョモランマトマトとドクターダウナーのツーマンイベント、ガゼルイートガゼルですが、10年目にして初めてもうこれ以上予約取れないぐらいのお客さんが来ることになった。まあいわゆるソールドアウト状態なんだけど、今年でチョモランマトマトが一回止まるっていうのでアレな部分はあって、言ってしまえばホントのソールドアウトとはちょっと違う。まあ実際はソールドアウトなんだけど、正直べつにやってやった感はない。だから来年も続くんじゃないかな。まあ先の事は分からない。オレたちは今やれる事をやるだけだ。

今日ちょー寒い

December 08 [Thu], 2016, 2:55
今日はシェルターでライブした。今年のライブも残すところあと3本だ。なんだかんだで結構たくさんライブした。フェスとかテレビが入るような感じのイベントとかは一切なかったけど、今年のライブはほとんど自分たちブッキングで、いちおオレたちは事務所の元でやっているバンドではあるのだけどほぼそれはあんまり関係のない一年だった。遠くにツアーで行くこともあんまりなかった。友達のバンドからメンバーが抜けたりバンドが止まったりすることがとても多かった。ドラッドナッツからはあっちゃんが抜け、ミーニングからはいのくんが抜け、チョモランマトマトは今年いっぱいで一旦止まることが発表された。とりあえずライブやりまくればなんかしら前進するっていう時期でもなくった。そりゃ10年最前線でバンドやり続けてたらそうなるわ、と思う。なんか色々思ったんだけど、とりあえずオレはまたまだ音楽をやりたい。有名になるとか売れるとか関係なくて自分がやってかっこいいと思えるものをやりたい。そこがミュージシャンとバンドマンの違いなのかな。聞いてくれる人がいたラッキーぐらいの感じでいた方がいいのかなと思った。

1999〜2016

November 20 [Sun], 2016, 3:14
2016年も終わる。まだちょっとあるけど年内のことはもう確定しているのでこういう一年だった。4月にドクターダウナーが3人になりライブを再開した。実際にギターのケイタが抜けるのが決まったのは去年の10月だったので、3人で一年やったな〜〜って感じの2016年だった。まあ正直バンドを取り巻く状況は去年より更にキツくなった。でもライブ自体は去年より良い感じではできている。去年のオレは全く未来が見えなかったから、その違いです。なんというか、ケイタ抜けたあと、どうやるかっていうのを確認した一年ではあった。数年置きにこういうタイミングが訪れる。最初はドラムが小石になった時、次はケイタが入った時、次がオレがベースボーカルからギターボーカルになって星野がギターボーカルからベースボーカルになった時。今となってはバンドを進めるためには全部必要な事だったと思う。年明けたらなんか、動きある感じを見せたいけど、まだ全然未定なんで分かんない。とりあえず整理整頓する一年は終わった、と思う。ドクターダウナーは10年ぐらい前も実は猪股星野小石っていうラインナップの時代があった。だから別に3人になるのは初めてではないんだけど、4人だった時期が結構長かったからな。はい!3人ですよ!久々ですけど前も3人でしたから!っつっていきなりは無理だ。まあ、そんな一年、2016年。

若手とは

November 18 [Fri], 2016, 5:01
エイジファクトリーというクソかっこいい10歳以上歳下のバンドのツアー横浜編に呼んでもらいリザードでライブしてきた。かっこいいバンドは年下も年上もない。バンドは部活ではない。だからオレはエイジファクトリーに呼ばれてとても嬉しかった。オレはエイジファクトリーすげえ好きなんだ。オレたちは長くやってるぐらいしか今となれば自慢できることないんだけど長くやっていて良かったと思った。やってなかったら呼ばれないもんね。色々書きたいことあるけど、今日はもう眠い。オレは今34歳だけど考えていることもやっていることも、25歳ぐらいのオレと同じだ。まあ、知りません。

久しぶり

November 13 [Sun], 2016, 5:24
1999年の終わりからバンドを始めて年明けた2000年からライブハウスに出たりし始めた。野望とかは全然なくて、夢とかも特に無かった。漠然とただやりたい音楽をぶっ放していた。その時オレはケイタとダイクと最強にかっこいいバンドをやっていた。なぜ最強なのかというと、何も知らないから。知ってしまった人がやるやりたい放題と何も知らないヤツらがやるやりたい放題は全くその意味が違う。バンドは見てる人に夢を与えるとか、普段のもやもやを吐き出す、とかいうけどオレはそんなことは全く思わない。まず夢を与えるってなんだよ、どんだけ上から目線だよ死ねよ。もやもやしたって同じ生活は死ぬまで続くから吐き出してどうにかなるもんじゃないと思うんだな。まあ、その気持ちはわかるけど。夢に関してはオレはちょっとわからない。話逸れたけど、17年間バンドを続けてしまった、オレは。野望とかはここ数年はあった。しかしそういうことをオレは狙ってできる人間ではないということも分かった。人には向き不向きがある。でもまあオレはドクターダウナーを続けるし。でもこれは夢とかじゃなくてただの現実だ。頑張ったってどうにもならないことはある。それが現実だ。その現実は無かったことにはできない。だったらその中でどうやって上手くやっていくかってことを考えたい。

今年も終わってしまう

October 12 [Wed], 2016, 3:59
なんか眠くならないので文章でも書いてみたら眠くなるかなと思い書いている。今年は色々やられがちな年だった。もう10月も半ばにさしかかっているので今年は終わったも同然だ。って書いていたら眠くなってきたので寝る、グッナイ

横浜スタジアム

September 30 [Fri], 2016, 1:36
今日は横浜スタジアムにベイスターズ対ヤクルトスワローズの試合を見に行った。しかしチケットはもう売り切れていたので外の広場に設置されたでかいモニターでの観戦となった。ベイスターズはCS進出も決まり、今日の試合は基本的には消化試合なのだが、三浦大輔投手の引退試合だったので横浜スタジアムは満員御礼であった。おれは一昨年から野球を見始めたので三浦大輔のことはよく知らない。ただ、三浦さんが先発で登板するときはチーム一丸で絶対に三浦さんを勝たせますムードになることは知っている。三浦さんは20年近く前のベイスターズ優勝時代からまだ横浜に残ってる唯一の現役選手だったのだ。ただ、オレはいまのベイスターズしか知らなくて、当時のリアルタイムでのそれらの話は人から聞くしかなく基本的には知らないのでそれには言及しない。
三浦さんは引退試合にもかかわらず、七回の1人目の打者まで投げた。しかしはっきり言って登板の内容はボロボロだった。三浦が投げてる間、ベイスターズは打ちまくって6点入れたのだが、それ以上の失点を三浦は許してしまった。おそらく今日は三浦が先発でなければ勝てた。勝てないから引退する、と三浦さんは引退会見で言ったまさにその通りの展開であった。でもやっぱ見てるオレたちは期待するのさ。そしてベイスターズはいつも大体その期待を裏切ってくるのさ。だから今日もやっぱりか〜!って思った。そんな現実は甘くない。甘くない現実と対決するオレたちはそんなベイスターズに自分を重ねる。基本的には勝ち負けなんだけど、勝ち負けを超越した時に、本当の勝ち負けの意味が分かる。そしてその時に手にした勝ちは本当の勝ちなのかなと思った。今日、三浦さんは負けたけど誰も三浦大輔を負け投手とは言わないと思う。なんかそういう、ことなんだろね。
P R
これを書いてる人
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:猪股ヨウスケ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1982年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:
読者になる
ECHOとストンピンバードとキマグレンと石原一家(元都知事や国会議員や気象予報士を擁する一族)で有名な逗子、が最寄り駅だけど横須賀育ちっていう中途半端なバビロンシステムの比較的底辺を担う、2000年頃から横須賀横浜辺りで割りとパンク寄りのバンドを渡り歩く人物。今はドクターダウナーというバンドでギターボーカルをやっていて他にも色々やっている
2017年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別