新葉の季節♪

April 28 [Wed], 2010, 22:15

蕾が上がって、どんどん膨らんできた子たちもいれば、まだまだ芽が出て膨らんで、可愛い葉っぱがチョロチョロ出て来ている最中の子たちも。
葉っぱもバラによってそれぞれなんだなぁとまた春が来て、うちの子たちを観察して回るたびに感心しています。


初めて見たときには何か病気なのかしらん? と思ったこれはブルーヘブンさんの葉っぱ。新葉が紅葉みたいでとてもとても美しいのです
うちのバラたちの出す新葉の中では一番好きといっても過言ではない葉っぱ。
でもこの幹の下の方、見えますか?昨年チュウレンジにやられた傷跡がぁっ見つけたときにはとってもショックで冬剪定ではこの根元から切ってやった方がよいものか悩みに悩んだ末、残しました。『バラ大百科』に「樹勢が弱い」子とあったのでどんな枝も大事にする! と思ったですよ。
でもそこからこんなに葉っぱが出てきてくれたので正解だったぁ(*´∇`*)と思っているのですが、この子はとにかく去年もなんだか苦労した気がするのでこれで正解だったかどうかは花が咲くまでわからない、いや、来年、株が弱ったりしないか見極めるまではわからないわ〜! とちょっとドキドキしています



こちらはダイアナ・プリンセスオブウェールズの新葉。縁取りが可愛いなぁと思って撮っておきました。
この子は昨年春、新苗でお迎えしたのですが、実は昨年お迎えした新苗たち、ことごとく上手に生育させられませんで……(/_<)
というのも、うちの地方は、昨年、夏もずっと長雨が続き、7月も8月も、ほとんど庭に水やりをしなくてもいいような恐ろしい天気が続いたのです。それで日照不足が決定打となったのか、真の原因はわからないんですけれども新苗たちはいつまでたってもヒョロヒョロのまま、大きくぶっとく育ってはくれなかったのですよねぇ
なので今年も株姿としては小さいままなんですが、株によっては春の陽射しを受けてめざましいほどグングン伸びてくれている子もっ!このダイアナさんは、その辺いまひとつといったところで、あの素敵なイエローピンクのお花、もし蕾がついたら春に見ようかそれとも株を育てるために摘蕾して秋花まで待とうか本当に本当にいま悩んでいます(^_^;)


そんなこんなな我が家の春のバラ事情ですが、初の開花が見られるのはもう間近な感じ
昨年は、GW過ぎに初花が開いたので、もう毎日ワクワクしてたまらない今日この頃です(≧▽≦)(んがっ! GWは仕事が一年でも一番忙しい時期なのであり、毎日朝早くから夜遅くまで激務をこなして働いてヨレヨレヘロヘロになって帰ってくるのでせっかく綺麗に咲いてくれたバラくんたちの写真を撮れるかどうか……orz一抹の不安はありますが、開花に向けて、レッツラゴー! ですわん♪)



小さなつぼみ、いろいろ♪

April 24 [Sat], 2010, 20:24


今、我が家でいちばんふくらんでいる、楽しみな蕾です。ピエールドロンサールの蕾
今年2年目になるうちのピエールさん、昨年はとにかくつるを長く長く伸ばしてもらったので、一年で、これでもか! ってくらい大きくなってくれて、今年は左右にめいっぱい手? を伸ばし、蕾もたくさんつけてくれてます♪
パッと数えてみただけで80くらいありました数えきれてないので、実際はもっとあるはず〜♪早く満開を見たい反面、お花が終わるときのあの物淋しさを思うともっと長くじらしておくれ〜! って思ったりもしています(^^ゞ



こちらはアーチに仕立てているアブラハムダービーさん。
この子も本当にすくすくと育ってくれていて、つぼみもたくさん上がってきていますあの大輪の、香りのよいお花をもうじき見られると思うと、もうそれだけで胸がいっぱいに




こちらはこの冬、京成さんより我が家に仲間入りしました、ポンポネッラです。長尺の子をオベリスク仕立てにしてみたのですが、今日、初の蕾を確認して、まさに(≧▽≦)←こんな顔になりました。
写真で見るとコロコロして可愛いお花たち、実際にこの目で見るとどんな感じかなぁって今からとっても楽しみです♪



他にもたくさん、色んな子の蕾が上がり始めていて、もう庭を巡るたびに新しい発見があって楽しくて楽しくてワクワクして仕方ありません(*´∇`*)
バラ栽培は紆余曲折が多いですし季節や天候によって一喜一憂も激しいけれど、この時期の胸のときめきはバラ者やってみてよかったぁ(* ̄∇ ̄*)って思いますよね




相変わらず試行錯誤。

March 13 [Sat], 2010, 17:19


コメリで買った、ナゾのミニバラ。これは真オレンジで咲いているのですが、ピンクで咲く花もあったりして不思議な一株です。
名前知りたくて「コメリ」、「ミニバラ」で調べたらトップ近くにこのブログ出てくるし「あったあった!」と喜んでポチっとしたら自分の超弱小ブログにたどり着いたときのあの驚き。

相変わらず陽気の良い日を狙っては庭いじりをしていて、まったくもって素敵なバラのお庭をされている方たちのブログやHPを拝見しますとラムズイヤーっていうのは絶対植えてらっしゃるようだし、あとキャットミントだのネームのあるブランドジギタリスだの(「バラの奥に咲いているのはジギタリスのナントカです」みたいな感じに)、それらはどうも必需品のようだったので私も購入、植えてみました。
しかしどう考えても、うちは写真で見て素敵なお庭にはならないかも…、と思うことには、家をぐるり囲うのがひっく〜いフェンスな上に裏は広大なるビニールハウスだし、お隣は畑だし。
これらが見えなくなるようにフェンスをどうにか高くしてツルバラでも…? とも思うのですがツルバラ本を読むにつけ、これは甘い考えなのだろうか…、とも思えたり。
まだまだ素敵なお庭になるには何年も何年もかかりそうです。(だが、きっとそれが楽しい!)


そうそう、芽出しをしぶっている子たちに先日購入したアルゴフラッシュあげてみました。頑張れよ〜! と声かけながら♪



ウェットになる日もあるサ。

March 10 [Wed], 2010, 0:49

バラブログをつけていらっしゃる方のところをあちこち回っていて、偶然にも、同じ街にお住まいだと思われる方のブログを見つける。
これが凄くて、バラに全力投球、という感じで毎日バラのお世話をされ、バラ友だちをたくさん作られ毎日語らい、堆肥まで熱心にご自分で作ってらっしゃるのです。
翻って自分をみてみると、冬剪定、植え替え、施肥、誘引、などなど冬作業を一通りすませた後はもう安心しちゃって特に今は何もしておらず。毎日庭を散策しては、バラの様子を観察してはおりますが、「この子にこれだけの芽が出てる」とかの細かいところまではもちろん把握していないし、ひとつひとつの株の状態を見て回っては一喜一憂したりもしていない。
そしてバラ友だちなど、一人もいやしない(このブログも、コッソリやってますしねぇ!)。
うーむ、愛情不足か、情熱不足か……
しかもそのお宅と比べたら、明らかにうちの子たちは芽の出方が遅いし〜!!


で、一瞬、落ち込みかけました。


かけましたけれども…、しかし。
私は私で、うちの子たちを愛しているんだよなぁ。そしてその愛情といったら、この時期なんて特に夜眠っててもバラのこと考えてて、突然ハッと目が覚めちゃうくらいなんだよなぁ。今日みたいに3月にして雪の降る日なんかは窓から植え替えたばかりの子たちを眺めては心配してるし、何より、バラたちの間を通り抜ける時間といったら本当に至福のものだし(例え今の時期の花なし、葉なしの時期でも!)。

そう思ったら、深呼吸したみたいに気持ちが落ち着きました。

よそはよそ、うちはうち。冬の作業もなかなかお御輿上がらずにちょっと遅めの剪定・施肥に私がなってしまったみたいに、うちの子たちも、のんびりゆっくり春に向かって成長していってくれるよね。
一歩一歩、いや、一根一根、一葉一葉、そして一輪一輪、みんな頑張ってくれるはず。春の恩恵を、享受してくれるはず。
焦ったって仕方がない。バラは、みんな同じバラなんだーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
(といいながら、バラの家さんにアルゴフラッシュ注文していたりして……。いやぁ、色の良いバラ、見たいぢゃあないですか!)




冬のこと。

March 03 [Wed], 2010, 18:52


ブログは超お久しぶりですが、バラ活動はちゃんとしてました〜(^^ゞ写真は、今日撮ったマダム・カロリーヌ・テストゥさん。立派な蕾がついていたので花が見たくて咲かせてしまった。久しぶりに嗅ぐ甘いバラの香りに癒されました〜(*´∇`*)

さて冬活動ですが、ローブリッターやピエールさんの誘引をし、土壌改良、なんて大そうなことじゃないかもしれないけれど一応、中耕ってやつもしてみまして、バラの植わっている土まわりには牛ふんを漉き込んでやり、肥料をほどこし、新苗につき小さめの鉢で管理していたものは8号鉢へと植え替えし……、などなど、結構忙しかったです

なにしろオシリが重いので、おみこし上がるまでに時間がかかってねぇ……
でも、やれるだけのことはしたぞーっ\(^o^)/と、今なら言える。寒い中、鼻水ずるずる垂らしてがんばりました(≧∇≦)b

こうなると、春よ早くこーいっ!!って感じ。
それでもって、どうしてもガマンできなかったのでポチっとしてしまい、ただいま京成さんからポンポネッラの長尺くんが来るのを待っているとことなのデス。
さて、今年のバラたちは、どんな花模様になってくれるかなぁ(*´∇`*)楽しみ楽しみ



期待の新人。

August 14 [Fri], 2009, 0:44


いま一番楽しみにしているのがこの蕾です。ローズオプティミスト。
新苗から育てているのでここまで摘蕾、摘蕾でやってきたのですが、長雨にも負けず良い葉っぱを茂らせてくれているしなにより病気もなく元気そうなので、今度はこのひとつだけ咲かせてみることにしました。
綺麗に咲いてくれるといいなぁー!



気持ちが浮き立つような。

August 13 [Thu], 2009, 12:39


久しぶりに綺麗に咲いてくれた子が〜


ちょっと虫にやられてますが、ほんとにパア〜ッと咲いてくれて見た瞬間、こっちの心まで久しぶりに晴れやかになりました。


昨日一日だけ晴れたんですけど今日はまた雨が降ってるんですよねぇ。
昨日の太陽のおかげでこの子たちは綺麗に咲くことが出来たのかしら?常に曇天 or 雨っていうの私は過ごしやすくていいんですけど、植物には本当に太陽が必要ですね。



こんなに長く降るとは……。

August 12 [Wed], 2009, 18:47


ガートルートジェキルさん。
やっとやっと雨が上がって夏! という感じになったのですが、ほんとに長かったしつこい長雨のせいで我が家のバラたちはすっかり黒星病祭りです
途中途中で薬まいてはいたのですが、もう全然ダメでしたわん(>_<)


このところの我が家のバラ事情。

August 03 [Mon], 2009, 22:56


ボタンアイが出るとは知らなかったのでなんだかちょっと得した気がしましたマサコさんです。



実はこの子のいるコーナー、後藤みどりさんの本にあった「ロマンティックガーデン」の項をまるまるそのまま作ってみたのです。
なのでマサコさんのこともめっちゃ詳しく調べて購入したわけではなく、勝手に頭の中で大輪が咲くものだと思っていたものですから結構ちっちゃく可愛いお花が咲いたときには驚いたりもしたのでした。



この子は病気もせず、元気にぐんぐん伸びていますが、うちの地方はまだ梅雨が明けていなく、予想以上に続いた長雨で黒星の出てきた子が結構います。大きなバラはそれでも元気なのですが、ミニバラは……。
それに、春からめっちゃ懸命にたくさんのお花をつけたので、ミニバラたちはどの子もお疲れ気味になっています。秋まで花をつけさせず、養生させてあげなくちゃ。



梅雨の一輪。

July 17 [Fri], 2009, 20:05


梅雨の長雨の間に豪風の吹くこともありまして、雨に濡れた花びらがもの凄い勢いで飛び散り、ずっと先の道路まで汚していたものですから、まだ見時だった花も全部カットしてきたのでした。泣く泣く……。
この子はまだ綺麗だったので捨てるのも惜しく、1枚パチリとしておきました(^^)でも一輪の花を素敵に撮るのは難しいですねー!



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さんぽ
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像さんぽ
» これだ! (2009年07月11日)
アイコン画像いちご
» これだ! (2009年07月10日)
アイコン画像さんぽ
» ミニバラ・ミニバラ。 (2009年06月29日)
アイコン画像いちご
» ミニバラ・ミニバラ。 (2009年06月27日)