【 更新情報 】

スポンサード リンク

豚インフルエンザウイルス

豚インフルエンザウイルスは、感染した人が症状を発症する前日から、発症してから7日間の間は他の人に感染させてしまう可能性があると言われています。豚インフルエンザの症状が現れてから7日間は、他人との接触を避ける必要があることはご理解いただけると思いますが、曲者なのが、発症前の1日という時間です。実際に、豚インフルエンザに感染したとしても、身体症状が現れない限り、豚インフルエンザウイルスの保菌者であるとは思うことはないでしょう。ですが、その間に、豚インフルエンザウイルスを周囲に撒き散らしてしまうことになります。ですから、予防策として豚インフルエンザウイルスを体内に侵入させないようにマスクの着用をしておくことが、万が一、豚インフルエンザに感染してしまったとしても、感染予防の目的で着用していたマスクが、豚インフルエンザウイルスの拡大を防ぐ防波堤として機能することになります。ですから、予防と、拡大防止をするという両面でマスクを着用するということは、豚インフルエンザ対策として非常に有効だということになるでしょう。豚インフルエンザウイルスの毒性は、従来の季節性インフルエンザウイルスと大差がないと言われています。ですから、季節性インフルエンザが流行している時に取る対応と同じような対応ができていれば十分でしょう。必要以上に心配することはないと言うことです。

豚インフルエンザを予防する

豚インフルエンザは、季節性のインフルエンザと同様に感染していくと考えられています。豚インフルエンザに感染している人の咳やくしゃみによる飛沫に触れてしまった手などで、鼻や口、目などを触ってしまうことで、豚インフルエンザウイルスに感染してしまいます。ですから、豚インフルエンザに感染している人の近くに寄らないことが大原則です。ですが、豚インフルエンザに感染している人を判別することはできませんので、日常的な感染症を防ぐ予防を行っていく必要があります。具体的には手洗いを強化していただくとです。石鹸を使って手洗いをし、アルコール消毒をすることが効果的だと考えられます。外出している時など、状況によっては石鹸を使って手洗いができないこともあるでしょう。そういった場合は、アルコールによる消毒だけでも効果があります。現在では、ドラッグストアや、コンビニにおいても、アルコールを含んだお絞り等が販売されていますので、これらを使ってアルコール消毒を行ってください。豚インフルエンザの感染ルートとして、手が介在する可能性が非常に高いため、人ごみの中に入る場合などは、手を洗う、アルコール消毒をすることをこまめに行ってください。また、手が鼻や、口に触れることで豚インフルエンザウイルス感染率が高まりますので、マスクをするということも重要でしょう。専用のマスクも販売されています。また、少し厚手のマスクの下に濡れたガーゼ入れることでも効果がるとも言われています。

豚インフルエンザの症状

豚インフルエンザの症状として顕著に出るのは、冬季に現れる従来のインフルエンザと同じように、熱、咳といった症状です。発病当初は風邪や、従来型のインフルエンザとの区別ができないこともありますので、熱や咳などの症状がある場合は、直ちに医療機関への相談を行ってください。豚インフルエンザの感染によって死亡または、重篤な症状となってしまうのは、過去のアメリカにおける報告事例からすると、肺炎、呼吸障害という状況に陥ってしまう場合となっています。多くの病気と同じように、豚インフルエンザも早期発見と、早期治療を行うことで、病状を進行させないと言うことが大切です。
近隣で、豚インフルエンザの感染者が確認されている場合は細心の注意を払ってください。特に、子供が豚インフルエンザに感染してしまった可能性がある場合に、注意して頂きたい症状として、呼吸が苦しそう、水分を取りたがらない、抱っこを嫌がるといったものが考えられます。言葉を話すことができない小さな子供の場合は、これらの症状がある場合には豚インフルエンザも疑ことも必要でしょう。また、大人の場合には、呼吸が苦しい、胸に圧迫感を感じる、嘔吐症状がある。こういった症状が出ている場合には、子供の場合と同じように豚インフルエンザの可能性が考えられます。

豚インフルエンザの過去の事例

豚インフルエンザは、実は今回初めて出現したと言うわけではありません。今回の豚インフルエンザの流行前の豚インフルエンザの発生事例を確認してみると、1976年にアメリカにおいて豚インフルエンザが一度流行したと言う事実があります。この時の状況は、ニュージャージー州において流行があり、200人ほどの感染者が出ています。その際に、死亡者が1名報告されていますが、大きな報道はされていませんでした。また、2009年に入っても、3月末〜4月初旬にかけてアメリカのカリフォルニア、テキサスにおいて、豚インフルエンザの人への感染事例がありました。豚インフルエンザは、豚→人→人→人。ここまでの感染報告があります。つまり、人の間の感染は3人目までということで、これ以上の感染事例は確認されていません。豚の間では比較的よく流行が確認されており、人への感染も、数例の感染事例がありました。しかし、今回のような大流行という状況にまでは広がっていなかったとこともあり、ご存じない方が多かったというのは間違いありません。ですから、豚インフルエンザが全く未知の、新しい感染症ではなく、実際には過去にも発祥事例があるということです。

豚インフルエンザとインフルエンザA型

豚インフルエンザ「インフルエンザA型(H1N1)」と呼ばれる新型のインフルエンザが発生した。当初、豚インフルエンザと呼ばれていたが、養豚業界への打撃を考慮して豚インフルエンザから、インフルエンザA型へと呼称が変更されました。
これまで、豚肉価格が低迷していたことと、豚の餌になる飼料価格が暴騰していたこともあって、養豚業界は四苦八苦していたところに、豚インフルエンザの発生となってしまった。実際に、豚インフルエンザの流行に伴って、豚肉の輸入規制を始めた国も数多く出ている。豚から発生したと思われる豚インフルエンザではあるが、人に感染した豚インフルエンザが、健康な豚に感染することを危惧する声もある。豚肉の市場価値が大きく低下しつつある中で、豚インフルエンザに感染した豚が大量に発生することは、養豚業界への打撃と共に、食料の供給バランスへの影響も考えられます。
現在のところ、豚インフルエンザは、タミフルやリレンザが有効とされていることから、早期発見、早期治療ができれば、十分に豚インフルエンザの治療は可能だと言われています。しかし、豚にはタミフルのような特効薬は見つかっていないのが現状です。では、豚インフルエンザは、豚肉を食べることで感染するのかという疑問が出てきますが、豚肉を介して感染しないと言われています。ご安心ください。
P R