さ く ら ま =?iso-2022-jp?B?GyRCJHMbKEIgGyRCJCsbKEIgGyRCJCQbKEI =?= 

2006年02月04日(土) 3時13分
最初、このブログは私がとてもとても好きになってしまった男性と、お互い訳あって一緒にいられなくなってから、私の走り出す気持ちを書き綴ってきたものでした。
一応、メンヘル要素も含んでいるためそれだけではありませんが…
このブログを開始した時とは比べ物にならないほど今の私の環境は変わりました。

ずっと詞に託して昇華してた想いを本人とぶつけあえるようになりました。
数年の時を経て、やっと再会できたのです。そして誰よりも大事な人なのもかつてのままでした。

夢のような再会を機にここは電子の海に漂流させようかと考えてます。

文中、桜に対する内容が多かったのは 彼と私をつなぐ大事な花 だったからなのです。
散り行く花びら つもる姿に
降り積もる想いを重ねて。
二人で大切にした花でした。

再会した私達にもうここは、離れてた時間の思い出箱。
メンヘルな日記は別に書けばいい。

ここには 偶然の織りなした縁の足跡が残ります。

ここからは、ふたりで…
桜をめでていきましょう。

運命 

2005年12月08日(木) 3時03分
運命の鍵を握るのは
自分自身。

幸福を手にするのって
ほんの少し勇気を出す事。
怖いけど 大切な事。

ねぇ? 

2005年09月06日(火) 15時37分
ねぇ、知ってる?
忘れたふりして ずっととぼけてた事。
ねぇ、気づいてた?
あの頃より ずっとずっと 好きになってる事。

私は お姉さんだから
君より二つお姉さんだから あんまり弱音吐きたくない。

でもすぐに見破られてしまう。
君は優しいから、とても優しいから、心配なんだよ?
自分より 他を優先してしまうから
思ってるよりも ずっと深く落ち込んだりしてないかい?

私は お姉さんだけど
君より二つお姉さんだけど…
頼りないから もどかしくて
「どんと私にまかせなさい!」 なんて言えなくて。

外的な痛みより内的な痛みの方がつらい事も知ってしまったから
「がんばれ!」 なんて簡単に言えないから。

せめて 甘えにきてくれていいんだよ?
一人で頑張るのは つらくて 寂しいけれど
二人なら 大丈夫。
頼りない私でも 少しだけ強くなれる。

ねぇ。
だから一人でしまい込まないで。
ねぇ、分かるかな?
なんでも 二人で分かち合いたいの。

頼りないお姉さんだけど 君がいてくれるなら
やる時はやるんだぞ?

紫陽花 

2005年06月23日(木) 4時11分
青くも 赤くも
なれない 紫陽花。
白いまま そのまま。

まわりはみんな 色付く花なのに
自分だけ 色をもたない。

でも これがこの花の色。
何にも染まらない
純白が この花の色。

周りからは 異端でも
これが この花。
他の何でもない。
自分だけの 色。

喪失 

2005年06月15日(水) 18時55分
もし 君が今
突然にいなくなってしまったら
私は どうなるだろう。

片方の支えを無くした
人の文字は崩壊して
仰向けに 倒れたその姿で
何を 想うのだろう。

ひたすら 涙して
胸をかきむしり
後悔ばかりを するのだろうか。

身動きとれず 倒れた柱は
君が居るであろう 空をながめて
ひたすら 君を想うのだろうか。

それとも 物言わぬ化石になるのだろうか。

琥珀色した 思い出は
いつか 私を現実に 連れ戻してくれりだろうか。

刻が いつしか 癒してくれるだろうか…

 

2005年06月07日(火) 5時03分
きれいな嘘はやさしい嘘。
他人を傷つけないために
ついた嘘。

きたない嘘は冷たい嘘。
他人を傷つけ 自らの保身のみを考えてついた嘘。

飛翔 

2005年05月26日(木) 17時02分
地上高くそびえる 街灯の
てっぺんにいる鳥は
地上に落ちる恐怖を感じない

それは 自分が翔べる事を知っているから。

たとえ電線でも屋根の上でも
翔ぶ事さえ出来るなら 彼らに恐怖はない

でも。

翔び方を忘れてしまった鳥は
どうなるのだろう
街灯の上から いざ翔び立とうとしても
そのすべを忘れてしまった鳥は
ただ 地面に激突するのを恐れて
そこから動く事もできず ふるえるだけ
街灯に乗る時は なんともなしに出来た事が
突然 出来なくなった

いつかは翔び方を思い出せるのだろうか
身動き出来ず 餓死する前に

それとも 新しい翔び方を覚えるのだろうか。

答えは まだ、でない…

いみじくも君は 

2005年05月25日(水) 2時47分
遠い遠いところへ
旅人は旅立った

私など手の届かない 光り輝く
世界へと

旅人のこの灰色の町での生活は
幸せだったのだろうか
私は旅人に一時のオアシスを与えてあげられただろうか

答えは もう きけない

旅人よ、どうか貴方の行く先に
幸多からん事を

彼女 

2005年05月24日(火) 23時39分
彼女は 何を求めているのだろう。
自ら重い枷を付け
生命を削っても 前へ進む。

彼女は 私に何を求めているのだろう。
私は そんなに大きくない
自分と 大切なモノで 精一杯。

そんな 私に

何が 欲しい
称賛?励まし?羨望?

もらう言葉は棘の文字。
その朿で 私を刺し
優越感で 痛みをやわらげる?

私の目には
彼女に 過去の私が 重なる。

自分は正常、元気、普通、
あの子は可哀想…あんなことになってしまって
私は頑張ってるから あの子とは違う。

そんな虚勢はり続けて
どん底に墜ちて初めて気付く。

私もあの子も皆も 同じ事。

彼女は いつ気付くだろう。
他人を傷つけたその朿が いつか自分に向かって 自らが血を流す事に。

小さな子 

2005年05月21日(土) 3時47分
うちはいままで 四人で
生活してきた。

今朝、目が覚めたら
一番小さな子が冷たく
横たわっていた。

病院連れ行こうと思ってた矢先。

ただもう 自分の判断ミスを
悔やんだ。
ひたすら悲しくて淋しくて
たくさん泣いた。
目が晴れ上がっても泣いた。

まわりの空気はなにもかわらないけれど、そこに あの子はいない。
もうどこにも あの子はいない。

からに なったケージ
不要になった お薬。

きみのかわいらしさに
ありがとう。
きみと過ごした時間に
ありがとう。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
*中のヒト*
ご尊顔
*名前*ёсοーエコー
*生年月日*1970年代/11月生まれ/蠍座
*血*マイペースと言われるB型
*占い*細木センセ→霊合星人/動物→ペガサス/有名→三碧木星
*特記事項*ばついち/三人の子供(ヒト科にあらず)/めんへる持ち
*好き*小動物/飲食/絵/アクセ/ピアス/蝶/羽/プール/お薬/かわゆい/奇麗/一生懸命な人
*嫌い*自己中/虫/国政/難しい事/いじわる/自分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:inmymind
読者になる
Yapme!一覧
読者になる