スライド 

2008年10月19日(日) 12時46分


不安になると歌いたくなる。
肝だめしの時とか、歌うように先生に云われなかったか。
何か 怪我か疾患で痛くて泣いていた時、母に歌いなさいって云われた気がする。
(歌ったら気が紛れるから)
教えを十数年守ってきたんだ。忠実な子供だな。

機械みたいな感情で 毎日をやりすごして
薬は優秀だからそのうち歌いたくなることもなくなるのか。
それはそれで楽かもしれない。

今回 選択を間違えたのだろう。
暫く 離れるべきかもしれない。
それでも時は 流れてゆくのに。
私は おしまいへのカウントダウンの
たんたんとした メトロノームみたいなリズムに乗れずに、
メロディをやめて 立ちつくしているのに。

4年間 ヘッドホンの中でうづくまってきたよ。
それは嘘だ。半分だけが嘘だ。
いろんな人の顔が狂った一等星になって、残像がチカチカと真っ赤に眼を焼き潰す。
もの凄いスピードで街が回転してゆく。
眼を覆い 耳を塞ぐ 夕焼けの時に似ている。

girl in blue 

2005年08月10日(水) 17時13分


今は今のようにやろうと 決めたけれど、
きっと私は自分が思っている以上に 停滞している。
変わったのは私じゃない。

何もいない水族館のような灯りの 夢の中で、
身体がベッド下の闇に引きずり込まれていったよ。
タオルケットから投げ出した腕も髪の毛も 黒く同化していて、
インクがベッドから滴り落ちるだけみたいだった。

最近ひどく疲れているのに眠りが浅い。
深く 海の底へ沈みたいような気がする。

感情のスイッチは停止して、坂を駆け上がって空へと近づいてゆくんだ。
あの 青の果てまで、昇ってゆくから
君はそこで笑って見てて

トランス 

2005年05月19日(木) 22時16分
授業でニーチェを少し読んだ。
もう少し優しい訳で読んでみたいな。
神に対する孤独 というのは、
私はキリスト者ではないけど 少し引っかかるところがある。

あと、基セミでフィガロの結婚を見たのだけど、
ある青年(名前を忘れました)が素敵(笑)
女性がやっていて 先生いわくズボン役だとか言うそうです。
この間の仮装行列でも 男の子が女王様やっているのにすごく目を引かれたから
要するに私は異装が好きなのかな。

_ 

2005年04月01日(金) 19時13分
_