日本におけるリース

December 31 [Tue], 2013, 17:06
企業などが選択した機械設備等を購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引をいう。リース対象物件は中古?新品を問わないが、多くの場合新品物件をリース会社が借手企業の代わりに購入した後、貸し出す。物品の所有権はリース会社にあるが、企業は自社で購入した場合とほぼ同様にして物件を使用することができる為、設備投資の手段として広く普及している。ファイナンス?リースは文字通り設備機器導入を目的とした資金調達手段のひとつとして金融色が強い契約でありネット印刷、ノン?キャンセラブル(解約不能)とフル?ペイアウト(物件から得られるすべての利益を得ると共に、物件に係るコストをすべて支払う)の2条件を満たすものをいう。リース契約では殆どの場合、物件を借りている企業がリース期間が終了する前に解約するとリース会社に違約金を支払う契約になっており、中途解約した場合でもリース終了まで借りるケースより総支払額が安くなることはない。この為、中途解約禁止条項がない場合でも、事実上途中解約が不可能であると見なされ、とおりファイナンス?リースに分類されることとなる。オペレーティング?リースはリース期間終了後の残存価格を設定したり、中途解約が可能である、http://ink-with.com/賃貸借色が強い契約である。ではリースというと主にファイナンス?リースを指していたが、新リース会計基準適用により、ファイナンス?リースのオフバランス処理(財務諸表上に資産として計上しない処理)が原則禁止されたことから、中古品市場が発達しており残価設定が容易な物件(自動車や航空機、工作機械等)を中心に、オフバランス処理が可能とされているオペレーティング?リースの利用が増加している。リース期間の設定はオペレーティング?リースの場合特段の定めなく自由に設定できる。一方ファイナンスリースの場合、日本では税法上所有権移転リースと判定されるとリースメリットが薄れることから、判定条件のうちのつである「短期リース」に当てはまらないリース期間設定をする場合がほとんどである。

当初契約のリース期間に達した場合には、元のリース設定額よりも廉価で再リース契約を締結をすることにより、毎の更新が可能である。 また、借手企業が、借りていたリース物件を買い取ることができる契約もある。物件の所有者はリース会社であるため、固定資産税納付や減価償却費の計算?計上、動産総合保険料の支払はリース会社が行う。また、リース取引もリース会社にとっては銀行にとっての融資と同じである為、担保を取らないことが多い分より厳しい審査がある。リース契約は金融色が強い契約であるが、プリンタ メンテナンスから融資を受ける場合と異なり、リース料は単純に金利で比較できない。これはリース会社によって動産総合保険保険のコストが異なるためで、金利が安いとしても必ずしもリース料が安くなるとは限らない。そこで、リース料水準の比較にはリース料率というものが利用されている。もちろん減価償却費だけでなく、リースすることによる利益も計上することになる為、普通にリースすれば節税どころか利益が増えて納税額が増える。そこで考えられたのが、リース期間を超長期にするというもの。この場合リース料収入よりも定率法で減価償却した減価償却費の方が遥かに多くなるため、節税メリットを享受できる。このレバレッジドリースによる節税で最も理想的なのはリース期間の前半に本業で多大な利益を上げている企業。逆に利益もないのにこのレバレッジドリースを利用すると無駄に費用がかさみ、節税効果がないどころか本業をも圧迫することになる。ink-with設備投資をするさいに資産をリースによって調達すると、所有権はリース会社にあるので、リースを利用する側の貸借対照表にはリース資産は記載されない。また、月々のリース料も支払った時点で費用として計上するだけであって負債ではない。もちろん経済的?実質的に賃貸借取引であるリース契約の場合はの内容は全く問題にならない。三光汽船の倒産で問題にされるようになったのは、法形式的には賃貸借取引であっても経済的?実質的には売買であるとみなされるようなファイナンス?リース取引の場合である。 このようなリースが、オフバランスの取引であるとして問題視されたのは大きくつの点からであり、1つはリース契約による固定資産を使って生産活動を行った場合に実態以上に資産効率がよく見えてしまうという点。

http://inkwith40.magicrpm.com/765229/12502-12521-12483-12463-12472-12515-12483-12463-12395-12424-12429-12375-12/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:inkwith40
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/inkwith40/index1_0.rdf