インク革命をイチオシする理由。勉強用の資料印刷なら全く違和感なし!

April 01 [Fri], 2016, 17:50
インク革命の互換性インクを使った事がありますか?
互換性のインクのイメージと言えば、品質が悪いイメージがあります。

「プリンターが壊れやすい」「インクが目詰まりしやすい」「インク残量が表示されない」など
悪いイメージがあります。

外国産の格安の互換インクを使用した場合は起こりえますが、「インク革命の互換インク」は
純正には優らないものの劣らない「使い心地」です。

ここで言う「使い心地」とは購入から互換インクで印刷完了までの全てが良かった事でもあります。




まず、都内でなくてもネットで発注して翌日には届きます。

値段が互換インクのため安く、購入金額に応じてインクを数個プレゼントで付けてくれます。
(インクのプレゼントが期間限定らしいです)
互換インクは純正インクより大容量でコスパがかなりすぐれています。

純正インクでしたら、勉強の資料を印刷するのに「もったいない」とケチケチしてしまうのですが
互換インクでしたら、ドンドン印刷しても「もったいない」と感じないのです。

学生時代の教科書は紙だったため、紙に印刷して勉強の資料に目を通すことで
あたまに入りやすいです。

仕上がりもPDFなどから文字を紙に印刷する分には全然純正インクと差を感じません。
(互換インクと純正インクの印刷物を並べれば違いはあります)

それにインク革命の互換インクを使用して万が一プリンターが壊れたら
インク革命で保証
が付いてるので安心です。

プリンターで資料などを大量に印刷する人にほど、インク革命の互換インクはお勧めです。