【 更新情報 】

スポンサード リンク

通販でも印鑑の書体など好みで選べます

印鑑に掘られる文字には書体もいろいろとあり、通販で印鑑を買う場合にも好きな書体を選んで掘ってもらえます。

書体は個人の好みで選んで良いのですが、認印では大きく文字が入り読みやすい「古印体(印鑑用に日本で開発された文字)」、銀行印や実印には既製品になく偽造されにくい「印相体」や「篆書体」が多く使われているようです。

通販で印鑑を買う場合にも、もちろん好きな書体を選んで作ってもらえます。
通販で印鑑を作る場合でも、書体だけでなく大きさや材質などもお好みに応じて選んで作ってもらえます。

基本的に印鑑は好みで好きなように作ってもらえるのですが、初めてでどう作っていいかわからない場合にも、通販・サイトで、女性用・男性用、認め用、銀行印用などの例やがわかりやすく紹介されています。

印鑑は書類などで自分を証明する大切なものですので、特に実印や銀行印は通販で買う場合にも、信用できるところで丈夫で長持ちできそうな物を買うようにしましょう。

開運の印鑑を通販で買う

開運の印鑑も通販で買うことができます。

開運の印鑑は、生まれ年で適した材質を選んだり、掘る名前の画数を良い画数に変えたり、字体を変えるなどデザインされます。

人生を変えることができると言われ、目の前であなたが不幸なのは名前のせいとか、このままでは死にますなどと言われ、怖くなって騙されて高額な開運の印鑑を買わされたという人も多くいるようです。
目の前で言われると高額でも断れないという方は、通販でも自分の生まれ年や名前などを鑑定してもらい、開運の印鑑を作ってもらうことができます。

通販で開運の印鑑を販売しているサイトでは印相の見方なども紹介してあるし、通販・サイトなら値段もわかるので安心して買えます。
興味のある方はまず開運の印鑑の通販・サイトをチェックしてみてください。
愛情運や成功運などそれぞれが運気を上げたいことに合わせて作ってももらえます。

印鑑で人生が決まってしまうとは思えませんが、お守り代わりに作ってみるのもいいかもしれませんね。

印鑑の激安・通販

印鑑の通販には、激安で販売しているショップもあります。

通販の印鑑・ショップでも激安で販売されているものは機械掘りとなっているようですが、中にはデザインと仕上げを職人の手で行っているところもあります。

激安の印鑑といえば通販だけでなく100円ショップでも販売されていて、銀行印にでも実印としてももちろん使えます。ただ100円ショップや文房具屋などで激安で販売されている大量生産の印鑑で心配なのは、偽造されやすいということです。

荷物の受け取りなどの認印などには100円ショップのものなど激安の印鑑でも問題はないのですが、実印や銀行印などにとして使用するのは防犯上危険ですし、耐久性のある物でないと届出印として認められなくなります。

通販で販売されている激安の商品では、名前を彫刻してもらった認印で470円位から販売されているようです。
銀行印や実印を通販で買う場合にも、激安の商品を選ぶよりも信頼できるショップで耐久性のあるものを選ぶようにしたほうが良いようですね。

電子・印鑑の通販

電子・印鑑のソフトも通販で購入できます。

通販でも購入できる電子・印鑑というのは、書類に捺印する印鑑をパソコン内にインストールし、パソコンでの書類作成のときにドラッグ&ドロップするだけで捺印ができる便利なソフトです。

登録が必要な実印や銀行印などではもちろん認められませんが、書類をプリントアウトする手間も紙もいらない電子・文書での申請や承認が可能となり、社内文書などこれからのビジネススタイルには欠かせなくなっていくようです。

通販での販売もされている電子・印鑑は、無料でダウンロードできるフリーソフトもあります。
電子・印鑑のソフトは、通販でもいろいろな商品が販売されています。

無料のフリーソフトは簡単な苗字などの作成ソフトですが、通販で販売されているシャチハタの「パソコン決裁6」の中には、ネットワークでの利用が前提となり、捺印機能と管理機能がパッケージされたソフトで、捺印の履歴などの管理なども行うことができるものなどもあります。

印鑑の作成を通販で

印鑑は通販でも簡単にスピーディーに作成してもらえます。

印鑑にも認印に銀行印、実印などの用途、つげや象牙などの材質、名前の書体にサイズなどによって様々な種類があります。

インターネットの通販でも様々な用途に合わせた印鑑の作成をしてもらえます。
通販のショップも、印鑑のインターネット・通販の1と謳う「ハンコヤドットコム」や「ネットスタンプ」「印鑑通販ドットコム」など、手ごろな価格の個人の認印から会社の設立など法人用の印鑑まで作成してもらえるところなどいろいろなショップがあります。

通販のショップでも、急に印鑑が必要となった方には、午前中に注文すればすぐに作成して、最短で当日発送で翌日に届くようなサービスも行われています。

印鑑社会の日本では、大人になったら印鑑が欠かせません。
初めて作成するときには、まずは認印と銀行印でしょう。
1本でも良いのでは?と思いますが、防犯上別々の方が安心です。

通販のショップではセット商品なども用意されています。
P R
カテゴリアーカイブ