まっすーだけど高田

August 04 [Thu], 2016, 16:01
少々昔の話ですが、介護士などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に広く考えらえていた節があります。


しかしながら、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。その給料についてわかりやすい例を挙げると、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。
今更言わずと知れたことではありますが、かなりの高給を期待できる仕事なのです。我が国の法律で、介護士は仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。

介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、差し迫った状態になったときは、キャリアのある介護士には若干の介護的行為は許可されてもいいのではないかと考えています。
介護施設で介護士として勤務している人の中には勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして労働環境の大変さによって違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、介護士の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても役立てられることがよくあるといいます。いくつか例を挙げるならば、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。

どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、職場での人間関係の難しさや交代制による不規則な勤務形態があります。

どうしても、女性が多い職場になると、複雑な人間関係がつくられているところも実は多いのです。

勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。



ここ数年はますます介護士は不足気味です。
かつて介護士資格を取得したけれど、介護士の職を選択していない人も多いのです。
では、介護士不足の原因はなんでしょう。

それは、介護士という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。


具体的には、常勤介護士の場合の離職率は、約11%にもなります。
女性の割合が多い仕事なので、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。


シフトを組んだ交代制勤務などでハードな仕事を強いられる介護士でも、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。
入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って交代する介護士に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。



伝言程度で終わるケースもあるとはいえ、病状や処置に関する情報については間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。



一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、看護部長の仕事をサポートしたり、介護士たちを指導する等、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職につく人物の収入が大企業と中小企業で変わることから分かるように、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。
あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。
具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、おおよそ750万円前後だと推測できます。

介護士の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。



ただ、非常勤で勤務している介護士の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規の職員として雇用されている介護士の場合には当てはまることなのですが、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護士という肩書きを得ます。

ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、まじめに勉強していた学生にしてみると、それほどまでに難しい、というものでもないのです。



介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は複数あります。看護学校、短大、大学や学部などですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。



一口に介護士と言っても、配属先の科によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。

将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、やる気も上げられると言われています。看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。

要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、看護の業務に必要な諸々についてこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて説明を行います。

大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう報告しなければなりません。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も重要な点になるでしょう。

ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、この何年か特に介護的な処置を必要とする人々が増えてます。



ということはつまり、介護機関で働く介護士に関してももっと多くの人手が必要とされているのですが、今のところ、どこでも人手は足りていません。



しかし、人材が不足している、ということはつまり、求人募集がとても多いということでもあり、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。
出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。



そんな風に、職場復帰が可能かどうかについては、どんな辞め方をしたかによって決まりそうです。
例として、結婚や引っ越しで辞職したり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。

諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして復職を果たす、という人も増えてきています。介護士として働く人は女の人が多いので、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、比較的離職率が高い職業です。



加えて、勤務時間が一定でないこと、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。

お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚へつながる一因とも考えられます。免許が必要な専門職である介護士は、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。引っ越し、結婚、出産という類の個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。

こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なくないでしょう。

仕事上のミスや、時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。ですが、それだけではなく、喜ばしいこと、介護士の仕事をやり続けたいと感じることももちろんあります。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。


私が介護士になった理由は職業体験というものが中学の時にあって体験先の介護施設の介護士の方に衝撃を受けたからです。大人になって仕事に就くならこういった職業で働いていきたいというように思い続けてそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。
大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。



もはや日本は超高齢化社会です。



病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。

厳しい労働環境の中で、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死に至った介護士もいました。
では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、さらに介護士の需要は高まっており、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。


介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、もし容態が急に変わったら大事になりますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて介護士の仕事となっております。
予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、スタッフの数が少ない夜間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、とりわけ介護職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。なので、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、いまだに介護士不足が叫ばれているのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一つの理由といえるでしょう。

労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、年間を通した平均収入の額ですと介護士の方が上なのだそうです。それから、介護士という仕事は介護機関を中心にいつでも人手を求めている、という事情により、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという得難い長所もあるわけです。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

オン、オフの期間を調整できて、興味があってしてみたい、という仕事を割と選べる、といったあたりがあえて派遣で働くということを選んだ介護士にとっての、主なメリットでしょう。単発の仕事あり、短期のものもあり、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。
介護士だった知人は、病気になってしまって、その療養のためにしばらく介護士を辞めていました。
でも、体調が良くなったら、復職して昔と変わらず介護士として勤務しているのです。



数か月間、仕事から離れていても、有利な資格があれば復帰も早いと思います。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護士は続けたい、というもので、転職することを決めたのでした。


それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。



頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがつくづく実感したものでした。介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。

特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。
そして、病棟勤務とは違って、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。

例外を除いて、夜勤ももちろんありません。



忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、人気の医師のところなどでは、待合室に患者があふれるようなことにもなって、対応には時間がかかるでしょう。

クレームが入ることもよくあります。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。
いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、意義の感じられる仕事です。
24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。なので、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。

他の交代制のお仕事と同様、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど異性から好かれる要素の多い介護士でも、意外と未婚の人が多いようですね。実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると早婚と晩婚が極端に分かれていると分かりました。


晩婚の理由として多いものは、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。
介護士資格の最大の利点は、やっぱり、たとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、現場の人手不足の問題が大きな原因といえます。
どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は極端に言えば50代だったとしても、復職が可能です。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。



第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。それから、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、介護現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。大変だと知りつつ、介護士という職業を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、短所を帳消しにできる長所も多いということに他なりません。実際の介護士資格取得の難易度はどれほどの難しさなのでしょうか。調べてみると、介護士国家試験の合格率は90%近くが毎年合格できているようです。試験内容自体が、今までの授業で勉強しておけば合格できますので、これといって厳しい資格ということも無いようですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shun
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/inis2enectght6/index1_0.rdf