倉島のターキッシュアンゴラ

July 12 [Wed], 2017, 16:15
過去に、引越しを経験しました。
業者に依頼しましたが、そうは言ってもやっぱり大変でした。

大変だったことを挙げると、多種多様な手続きです。市町村を移動すれば、印鑑証明に求められる印鑑登録も行わなければなりませんでした。
あまり必要ではないのですが、一応登録しておきました。

引越しの際、洋服が衣装ケースに収納されていると持ち運びがとっても楽です。僕のお勧めは衣装ケース、しかも、透明のプラスチックのものです。


これだと、中に入っているものが見えるので大変便利です。

引っ越しをしますと、当面は荷物がどこに何が入っているか、わからなくもなりますが、衣装ケースに入れておくと、そういった心配がなくなります。
転出をして住所が変わった場合には国民年金の、住所変更届けを出す必然があります。

自分が加入者である「国民年金第1号被保険者」のケースはお住まいの市区町村の受付窓口に、被保険者住所変更届を提示します。

「国民年金第3号被保険者」の際には配偶者が働く事業主に被保険者住所変更届を呈しなければなりません。
先週の土日を使って、引っ越しを終えました。

荷物を搬入して新居に入り、玄関の明かりをつけたとき、「もう自分の家になったんだ」と実感がわきました。
その後、思い切って奮発し、ちょっとぜいたくをして宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。



新しい生活にわくわくしています。



都内から埼玉へ生活ベースを移した時、予定がタイトだったため、荷物をまとめるのが大変でした。



転居予定日は決まっているのに、荷造りに追われるばかりです。終わらなかったらどうしようかと不安がつのりました。最後は、友達に三千円で、一肌脱いでもらいました。冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。


冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いてそのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば準備は完璧です。



冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、使い切れるように計画を立て、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。

どこからどこに転居するとしても必ず引っ越しでダンボールを使うことになります。
業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で分けてくれるものです。
そうなるとサイズが揃わなくなります。荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、同じダンボールを積むのでなければ気をつけて積み重ねないといけません。

引越しだけに限らず、仕事をこなすことができる人は、段取りというものがうまいと言われます。
引っ越し、する場合、何を先に積むかとかどの物をどの場所に収納するか等、意外と頭を使ういます。
なので、業者のスピーディーな作業に感心した経験のある人もたくさんいると思います。エアコンの取り外しが引越しの時に本当にわかりませんでした。


友人に尋ねると、自分でするなんて絶対に無理だと忠告されました。


そういったことから、エアコン取り付け業者に申し入れし、新居へ持っていけるように、取り外しをお願いしたのです。



とても容易にしていて、本当に流石だと思いました。



引越しを業者さんに頼む場合衣紋掛けにかかっているコートなどの服をあらかじめ外して畳んだりしておく必要はありません。


業者がハンガーが吊るせる大きめの段ボールを持参されて、それに入れた状態で、トラックで輸送してくれます。

折り目もつかないので、ありがたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruna
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる