【 更新情報 】

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は妊娠中でも大丈夫?

インフルエンザが流行りだす時期になってきましたが、妊娠中は何かと制限されてしまって、不安になっている妊婦さんも多いと思います。ですが、妊婦さんでもインフルエンザの予防接種は受けることができます。ただ、妊娠初期は何かあったらいけないので念のために避けたほうがいいと言われているそうですが、接種は可能なので、かかりつけの産婦人科の医師と相談してみたらいいと思います。一般の人に比べて、妊婦さんに副作用が出る率が高いとか、妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けて胎児に影響がでたというデータはないそうなので、安心できますね。ですが、報告がないからと言って安全であるとも言えないことは確かなので忘れないようにしてください。今では、ワクチンの副作用の危険性より、もしインフルエンザにかかってしまった場合の母体や胎児の影響のほうがリスクのほうが高いと考えるお医者さんが増えているので、インフルエンザの予防接種を勧めている病院も多いといいます。でも最終的な判断は、自己責任で決めなくてはいけません。ちなみに、予防接種は健康診断と同じで医療費控除の対象にはなりませんので、覚えておきましょう。

≪妊娠中のインフルエンザ対策はこちら≫

インフルエンザ対策妊婦さんの場合

妊婦さんでもインフルエンザの予防接種を受けることは時期によっては可能ですが、妊娠しているときは、大丈夫といわれても不安なものですよね。それが注射となると、特にそうではないでしょうか。インフルエンザの予防接種を受けるにこしたことはありませんが。妊娠している、していないにかかわらず、うがいや手洗いは必須です。そして、むやみに外出をしないこと、人混みは避けて、マスクをするなどといった一般的な対応が一番効果があります。そして、外出するときや、冷え性の方は冷えないようにきちんと防寒対策をとって外出したり
家の中でも靴下をはいたりすることもインフルエンザ対策にはなるのではないでしょうか。体自体が冷えると抵抗力もなくなってしまいますから。そして、何よりも栄養のバランスが摂れた食事と十分な睡眠がとても大切です。体に負担をかけてしまうような無理な外出や予定は組まないように、自分自身とお腹の赤ちゃんをインフルエンザから守ってあげましょう。冬場は何かと大変ですが、がんばってくださいね。

インフルエンザ胎児への影響

インフルエンザワクチンの胎児への影響については、今のところハッキリしたことがわからない状態のようです。インフルエンザワクチンは不活性ワクチンからできていますが、菌の病気を起こす「力」をとった死菌を使って免疫をつける方法なので、菌を弱めただけの生ワクチンよりかは影響は少ないとは言われています。欧米では乳幼児・高齢者と並んで妊婦にも積極的にインフルエンザの予防接種を受けるべきとされていますが、影響についてハッキリしないことが原因なのか日本では消極的なところがあります。インフルエンザにもしかかったとしても、胎児までインフルエンザにかかる(国外などで特殊なインフルエンザにかかれば影響は否定できません)ことはないといわれていますが、高熱による熱性の流産や早産になる可能性もあるといわれています。
専業主婦の妊婦さんは、人混みに出る機会も少なく、集団生活をしている子供がいないという場合は同居している家族が接種するといいそうですが、仕事をしていて、家族以外の人と接する機会がある場合は接種した方がいいようです。医師によっても意見が違うそうなので、一概にはいえませんが、母子ともにデリケートな妊娠初期は接種を避ける場合が多いようです。ご自分の生活環境を考え、医師と相談して決めるようにしましょうね。

インフルエンザ症状2008流行情報

2008年のインフルエンザの症状としては、高熱、下痢、嘔吐などが上げられます。特に小児、幼児の場合には、腹痛を伴うことも多いようですのでちゅういが必要です。お子様にせきや息苦しいなどの症状が見られた場合には速やかに病院へ行き、医師の診察を受けましょう。インフルエンザの潜伏期間としては5日くらいといわれております。インフルエンザウィルスは非常に感染力が強く、特に乳幼児にうつる可能性が高くなってるようです。少しでもインフルエンザの症状が出たら早めに病院で検査してもらいましょう。検査自体は簡単ですので短時間で終わります。ただ、病院でも注意が必要です。それは院内感染の可能性があるからです。病院へ行くときはマスクをするようにしましょう。また、病院から帰ってきたら、手洗いうがいは必ず行いましょう。インフルエンザの治療法としては治療薬のタミフルが効果が高いようです。ただしタミフルには副作用が出る場合もありますからインフルエンザの症状が出たら医師の指示に従って適切な治療を受けるようにすましょう。