車の保険 

October 05 [Fri], 2012, 6:56
車の保険についてはみなさんもご存知の、強制保険といわれている自賠責保険と任意保険があります。
一般に自動車保険と呼んでるのは任意保険のことですね。任意という言葉がつきますが実際にはほとんどの人が加入してるはずです。というより、加入しなくては恐ろしく運転できないかもしれませんね 自賠責保険だけではもし事故を起こしたときには、到底無理です。相手のモノへの補償はありませんから、車やモノを壊してしまったらと考えると、とてもじゃないですが車を運転することはできないです。だから、任意保険にはちゃんと入っておきましょうね!!

保険情報 

April 16 [Mon], 2012, 7:54
保険と一口にいっても、保険の種類は様々ありますが、その保険のうち、一般的に知られているのは、「生命保険」と、「自動車保険」でしょうか。 これらの保険が良く知られているのはなぜかというとテレビのコマーシャルで放映されている機会が多いからでしょう。 数え切れないほどたくさんの保険が世の中には存在しています。その中であなたは、いったい、いくつの保険に入っていますか? 自賠責保険の内容に関してあいまいな人もいるかもしれません。これは被害者保護のためだけの「対人保険」であり「他人」に対する損害にしか適用されません。 しかしながら、完全なものであるに越したことはありませんが残念ながら、これらの保険は完璧ではありません。必要最低限の補償しかありません。 任意保険に加入することが絶対に必要になってきます。なぜなら、事故などに遭遇しないとは限りません。充分な備えをしておきましょう。 どうしても、任意の自動車保険に加入することが必要打と思います。ご存じのように、自分のけがなどの損害に対しては、補償されないためです。 自賠責保険と、任意自動車保険では保険料の意味合いが変わってきます。つまり、前者は、車種ごとで保険料が一定で、後者は、保険会社や保障内容などの条件によって変わるということです。 自動車保険の任意保険に関しては、メリット・デメリットを知る必要があります。なぜなら、自分に合わないものを選択してします恐れもあるからです。しっかり調査しかしこく、選んでいきましょう。
に関する 契約 自分 金 主 生命 契約 運用 保険 できる 学習 生命 生命 特約 思い 縮小 特約 特約 当然 主

生命保険記事です 

February 06 [Mon], 2012, 7:36
事故や病気で人が死んだというときに、一定の金額を支払うということをあらかじめ約束しておく保険が生命保険です。 例えば、生命保険に加入していて大事な家族の一人が死亡した場合には、その遺族に対して生活していくのに必要なお金が保険金という形で支払われるのです。 万が一のときを考えて加入しておくのが生命保険ですから、現実に、日本の約9割にあたる世帯が保険に加入しているという調査結果があります。 さて、実際、その結んだ生命保険契約がどんな内容なのかについてしっかり分かって加入している人は、困ったことに本当に少数です。 セールスマンのする話をそのまま鵜呑みにし、友達から勧められて断れなくなり、しかたなく生命保険に入った人も多いです。 生命保険の複雑な仕組みに戸惑ってしまい、自分で調べてみる気さえも起きないという方もかなり多いです。 しかしながら、そんな事を言っていようでは、自分に合わない保険を選んでしまい、毎月高い保険料を長年払わなくてはならなくなります。 そうならないように、これから生命保険に加入するか考えている人は、しっかりとした知識をつけなければいけません。 もうすでに生命保険に加入済みの人は、保険証券を手元において、もう一度契約内容の見直しをしてみることが必要です。
ふたつ 資産 変更 保険 自分 そして いったい 保険 人 という 思い 手間 起こり 担う 限り 内容 一 宣告

保険情報やら 

December 16 [Fri], 2011, 7:29
一口に「生命保険」と言っても数え切れないほどあります。また、人生の転機や出来事などによっても必要な保険は変わるのです。 たとえば、ライフサイクルが必然的に変わる結婚や出産、転職などあった場合は、保険を見直すよいきっかけになると思います。 多くの方は、特に考えもせずに入っている保険ですが、しっかりと自分のライフスタイルに合わせて保険を変えていくべきです。 保険を変える必要が出てきた際も、選び方は、まったく同じなのです。だから、自分なりにしっかり整理しておきましょう。 現在、加入している生命保険を、続けるようにすべきでしょう。しかし、当然、選び直すことも想定の範囲内にしておきましょう。 なぜなら、当然のことですが、入りなおすと契約年齢が高くなるため、どうしても保険料が高くなり不利な契約になります。 また、「生命保険」は継続する方がメリットがでるケースが多々あるようです。ですので、解約は最終手段と考えるべきでしょう。 失敗しない保険選びのコツとしては、自分自身が、なぜその保険に加入するのかという目的を決めておくことだと思います。 そして、次にやるべきことは、ライフスタイルの変化を読むことです。そうすると、自分に合った生命保険を選ぶことが出来ます。
せっかく 配当 医療 種類 契約 保険 シングル 保険 合わせ 必ず 自身 割合 構成 特定 保障 多く 生命 生命

生命保険の・・・ 

November 07 [Mon], 2011, 7:41
現在、日本にはいったい何種類の生命保険があるのでしょうか。生命保険会社の数も相当ですし、各社が競って多種多様な保険商品を打ち出していますので、選ぶほうとしては自分に最適な保険を決めるのはひと苦労ですね。 世の中には様々な家族の形があります。大家族もいれば、夫婦二人だけ、あるいは家庭を持たずにシングルライフを通す方もいることでしょう。どんな家族にも対応できるよう生命保険も多種類あるわけです。 わが家の家族構成や生活設計に照らし合わせて、保障ニーズと生命保険の内容がマッチしていなくては意味がありません。そこが保険選びのポイントになるわけです。 生命保険の構成は、大きくは「主契約」と「特約」の二本立てで成り立っています。主契約は「基本となる主な保険」で、特約は「ニーズに合わせて付加する契約」ということになります。 ひとくちに主契約といっても、実にたくさんあります。保障される期間や(定期か一生涯か)、給付されるタイミングなども様々です。 特約にも実にたくさんの種類や組み合わせがあります。中でも「リビング・ニーズ特約」というのを付加する傾向が高まっています。これは、余命半年と宣告された人への生前支払い特約です。 ファイナンシャルプランナーという資産運用のプロがいるのをご存知でしょうか。大手の保険会社には必ずこのファイナンシャルプランナーがいますので、自分に最適な保険を選ぶアドバイスをしてもらうのも得策です。 自らのライフプランニングにおいて、「生命保険」の担う割合がどの程度かを把握し、過不足が生じたときは、見直しを検討してみることも必要ですね。 もちろん、長い人生のうちには保障のニーズにも変化が起こるかも知れません。その場合は、保障内容の見直しで対応が可能ですから、まずは契約時に最適な保険商品を選択することが大切です。
分ける 保険 マリン 保険 いろいろ 大きく 金 分野 まったく 義務 以外 2つ 傷害 対処 保険 種 保険

保険の考え 

October 04 [Tue], 2011, 7:24
保険から連想するものはという質問をすると、おそらく「生命保険」をイメージされる方が大半です。それはテレビCMなどの宣伝効果でしょう。 「生命保険」の範疇は「ひと」です。病気や事故、災害などによる経済的負担を軽減します。具体的には、入院費などに備えるための保険制度です。 生命保険の3つの柱を知っていますか。「終身保険」「定期保険」「養老保険」です。 受け取れる金額以外にはないでしょう。保険の払い込みが終了した時、つまり満期時に受け取る金額がかけていた金額と同額であるところなのです。 「養老保険」のメリット・デメリットですが、メリットは、「満期金」があるところ、デメリットは、月々に負担する保険料としては、一番高いところです。 「保険料」に関しては一番、高いのは「養老保険」です。二番目に高いのは「終身保険」です。逆に一番安いのは「定期保険」です。 普通の貯蓄では不十分だと思います。しかし、万一のときに備えるいちばん身近な貯蓄となるのが「生命保険」になります。 ご存じの方も多いと思いますが、生命保険は払い込んだ保険料に関わることなく、契約した金額を受け取ることができるのです。 生命保険は、プランを様々選ぶことができますから、いくつも見比べてみて、保険料、払い込み期間、満期時の受取金額など、自分に合った保険を契約し、安心を手に入れておきましょう。
告知 告知 保険 分野 保険 保険 告知 マリン 損害 傷害 地震 として 的 保険 決め 的 大事 保険 種類 保険

生命保険のいろいろ 

September 04 [Sun], 2011, 7:04
最近は生命保険の種類がたくさんありますね。保障内容や掛け金も様々です。生命保険を選ぶ時、あなたは何を重要視しますか?あなたが生命保険に加入するとしたら、きっと、どれにしようか悩んでしまうのではないでしょうか? あなたが生命保険を選ぶ時には、はじめに、あなたや家族のライフプランを描くことが重要になります。 あなたの人生の夢や目標に沿って描いていく将来の予想図がライフプランになります。一言で言えば、人生設計です。 なぜなら、あなたが今守っている生活や将来の夢、また、家族の将来は、あなたやあなたの家族が健康で働いているからこそ、実現可能なものだからです。 もし、不幸にも、あなたや一家の大黒柱に万が一のことがあったら、将来の夢どころではありません。 予期しない事故や病気があなたの夢や今の生活を壊してしまうかもしれません。この先、安心して生活を送ることができますか? その不安を解消するのが「生命保険」という経済的な備えです。 生命保険は、あなたや家族が不幸に見舞われた時に、残された家族の生活を支えてくれる、大事な命綱となります。 あなたにぴったり合う生命保険の選び方。それは、ライフプランをしっかりと立て、よく見合う生命保険を探すことです。
薄い 時 深い 自動車 損害 カバー による 積立 新種 解除 大きく 義務 保険 損害 義務 自動車 際 損害
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:inhokensa
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる