熱中症・インフルエンザ警告計  

August 25 [Mon], 2014, 10:54
熱中症・インフルエンザ警告計は、
熱中症やインフルエンザの危険度を警告表示する警告計です。

温度・湿度を計測し、熱中症の危険度は4段階で、
インフルエンザの危険度は2段階で警告表示します。

コンパクトサイズで携帯にも便利です。


画面表示は

★「ほぼ安全」「注意」「警戒」「危険」

★温度◯.◯℃・湿度◯%

★カレンダー◯/◯/◯曜日&AM/PM◯:◯:◯秒

ストラップが付いているので持ち歩きにも便利です。

子供(幼児)も、注意・警戒・危険 を警告表示するのを見て、
お水を飲む目安にしている様子です。



インフルエンザ・鳥インフルエンザ・ノロウイルス・O-157対策に!  

August 11 [Sat], 2012, 20:54

インフルエンザ・鳥インフルエンザ・ノロウイルス・O-157対策に!
ウィルテクト ポンプタイプ  230mL 速乾性消毒ジェル<新型インフルエンザ・鳥インフルエンザ・感染症対策に>医薬部外品


●外出先で知らずに手指についた菌を、すぐに殺菌します。
●持続性成分(塩化ベンザルコニウム液)配合で殺菌力が続きます。
●さらっとした感触でべたつかない、速乾性タイプです。
●肌にやさしいうるおい成分(グリセリン)配合です。


インフルエンザ対策にヨーグルト73R-1乳酸菌 

June 22 [Fri], 2012, 18:15
073R-1乳酸菌株が、過去にはなかった新たな菌株と認められ特許を取得しました。

1073R-1乳酸菌は、健康な毎日に貢献したいと願う、
明治乳業の乳酸菌研究の中で、選び抜かれたブルガリア菌です。

甘味料の変更により、マイルドな甘みが感じられ、酸味が感じにくい味わいになりました。



インフルエンザに効くとテレビで放送されてから手に入りにくかったヨーグルトは

楽天の店舗で購入できました。

ヨーグルトの味はそれほど甘くもなく、酸味も強くもなくて、食べやすかったです。
おいしいヨーグルトなので毎朝食べても飽きないです。

インフルエンザが学校や職場で大流行しましたが、
我が家は誰もかかりませんでした。

今年は家族全員インフルエンザも風邪も無縁でした。

2012インフルエンザ情報 

February 14 [Tue], 2012, 10:46
今年もやってきましたね。

やっかいな風邪の季節が、今年もやってきました。

病院に行く時間がなかなか作れないという、会社勤めの人たちの強い味方は

市販の風邪薬ですね。

早めの服用を推奨するメッセージが多い最近の風邪薬ですね。

>>2012インフルエンザ対策情報

秋から冬にかけて、再流行する可能性 

July 19 [Sun], 2009, 10:08
新型インフルエンザの特徴は、まだ、完全にはかいめいされていないようですが、今度のインフルエンザは、季節性のインフルエンザと症状が類似していることが特徴とされています。

病原性(ウイルスが感染症を引き起こす力)は、全身の臓器に症状を引き起こす鳥インフルエンザに比べると弱めで、抗インフルエンザ薬が効くことから、早期発見・治療が重要であることもわかってきました。

また、妊娠中の方や心臓・肺に慢性疾患がある方、糖尿病の方は、新型インフルエンザの症状が重症化した例が海外では報告されているので注意が必要です。今回のインフルエンザは、秋から冬にかけて、再流行する可能性があることを専門家は指摘しています。

それは、季節性のインフルエンザの流行と時期が重なります。
新型インフルエンザ及び、その対策に関する正しい情報を知り万全の備えをしておくことが大切です。
新型インフルエンザ対策としては、日頃から、手洗い・うがい・せきエチケット・を習慣にしておくこと、そして、マスク体温計など必要なものをあらかじめ備えておくことです。


>>マスク


新型インフルエンザの特徴 

July 18 [Sat], 2009, 13:27
今回の新型インフルエンザは秋から冬にかけて再流行する可能性があると、専門家は指摘しています。

まだ、完全には解明されていませんが、今度の新型インフルエンザは、季節性のインフルエンザと症状が似ている」ことが特徴とされています。
病原性(ウイルスが感染症を引き起こす力)は、全身の臓器に症状を引き起こす鳥インフルエンザに比べると弱めで、抗インフルエンザウイルス薬が効くことから、早期発見、治療が重要であることもわかりました。

また、妊娠中の方や心臓・肺に慢性疾患がある方、糖尿病の方は新型インフルエンザの症状が重症化したれいが海外では報告されているので、注意が必要です。

ところで、今回一部報道で弱毒性・という言葉が使われ、このことで誤った認識をもたれた方はいらっしゃいませんか?弱毒性・今日毒性に関しては、実は、明確な定義が確立していません。

感染の症状が呼吸器系のみの場合は「弱毒性」、呼吸器系だけではなく全身の臓器に感染症状がみられ、感染力・致死率がともに高い場合は「強毒性」という風に使用しているようです。

季節性のインフルエンザは弱毒性といいことになるようです。

新型インフルエンザ(H1N1)冷静に対応 

May 20 [Wed], 2009, 9:25
4月下旬に突如、新型インフルエンザ(H1N1)がメキシコを中心に流行しているというニュースに驚かされましたね。
新型インフルエンザ(H1N1)はメキシコに留まらず、アメリカ、香港、ニュージーランドなど、感染は世界的に広がっています。
今回感染が広がっているインフルエンザは、H1N1型と呼ばれる新型インフルエンザのウイルスです。
しかし感染した患者から見つかった情報によりますと、単なるインフルエンザとは違うようです。
動物の同じ細胞に2種類以上の異なるインフルエンザウイルスが感染すると、それらのウイルスが遺伝子交換を行い、全く新しいウイルスが誕生することが知られています。
世界中で感染が確認されつつある新型インフルエンザ。
日本でも水際の攻防が続くなかで、ついに海外渡航歴のない高校生への感染が確認されました。
新型インフルエンザ(H1N1)その症状は?新型インフルエンザ(H1N1)取るべき対策は?
新型インフルエンザ(H1N1)周囲に感染者が出た場合などは、通常のインフルエンザと同じように冷静に対応することです。
そして、手洗いや、うがい、マスクの着用をして、人ごみなどは避けましょう。
新型インフルエンザ(H1N1)は、発熱やせき、全身の倦怠感、関節の痛みなど通常のインフルエンザと同じ症状が出るようです。
新型インフルエンザ(H1N1)が、地域で流行が始まった時などで、感染が心配などの時は、保健所などの窓口に電話をするようにしましょう。
新型インフルエンザ(H1N1)に、感染してしまったら感染を広げないようにマスクを着用して病院や診療所に行き、人込にはいかないようにし、会社や、学校は休むようにしましょう。


インフルエンザ対策に役立つアロマテラピー 

January 24 [Sat], 2009, 9:55
最近はアロマテラピーをやっているという方が増えていますが、これからの季節、
インフルエンザ対策としてもこのアロマテラピーが役立ちそうです。

まずオススメなのがティートリー。免疫を高める効果がある他、インフルエンザウイルスを退治する働きもあると言われています。

消毒や殺菌効果もあるので一般的な風邪の予防にも役立つでしょう。

ティートリーを使うときは、殺菌・消毒を目的とするなら蒸気が出るタイプのディフューザーを使う必要があります。
アロマランプやアロマポットだと、香りを楽しんでリラックスしたり、免疫を高めることはできますが、
殺菌・消毒の効果は失われてしまうからです。

他にも消毒や免疫力を高める働きのあるユーカリ、ペパーミント、ラベンダー、レモンなどが利用できるでしょう。

これらの精油はお部屋に拡散させるだけでなく、マスクに付けても効果的です。

マスクの一番外側のガーゼに1滴垂らしておけば、ノドに入ってくるインフルエンザウイルスを減少させる効果が期待できますし、
ノドの粘膜を保護する役割も果たします。

今年の冬はインフルエンザ対策にアロマテラピーを活用してみてはいかがでしょうか。


>>アロマテラピー

妊娠中のインフルエンザ予防注射 

January 24 [Sat], 2009, 9:50
妊娠中の方というのは、人一倍体調に気をつけていらっしゃると思います。

特にこれからの季節はインフルエンザが流行ってきますから、心配に思う妊婦さんも多いことでしょう。

インフルエンザを防ぐにはやはり予防注射が効果的ですが、日本では長らく、妊婦さんがインフルエンザの予防注射をするのはリスクが高いと思われていました。しかし、最近その見方に変化が起きています。

国際的には以前から妊娠中でもインフルエンザの予防注射を受けることは普通に受け入れられており、日本でも4年ほど前から予防注射を受ける妊婦さんが増えました。

その後、予防注射による大きな副作用が出たという報告はなく、日本産婦人科学会が2008年に発行したガイドラインでは、どの妊娠期間でもインフルエンザの予防注射をしても問題ないとされています。

しかし、妊娠初期にはインフルエンザの予防注射は避けたほうが良いと見るお医者さんもいらっしゃるようなので、まずはかかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。

もちろん予防注射もいいのですが、うがいや手洗い、出来るだけ人ごみを避けるといった方法も併用して効果的にインフルエンザを予防しましょう。


>>妊娠中のインフルエンザの予防

赤ちゃんのインフルエンザ対策について 

January 24 [Sat], 2009, 9:41
インフルエンザの季節になってきましたので、お子さん、特に赤ちゃんがいらっしゃるご家庭は、インフルエンザ対策への関心が高まっていると思います。

赤ちゃんは大人よりも抵抗力が弱く、インフルエンザに感染すると重症化することもありますから、何よりもインフルエンザにかからないようにするのが一番大事です。

予防接種は年齢を問わず効果的とされていますが、1歳未満の子どもの場合、インフルエンザの予防接種を受けても感染を防げる程の免疫を得られる割合が20〜30%程度と低く、生まれてから半年くらいは外に出る機会も少ないので、特に予防接種を受ける必要はないとされています。

しかし、6ヶ月以降であれば予防接種できるとしているお医者さんもおられます。予防接種をしていれば、仮にインフルエンザに感染しても重症化するのを防ぐ助けになるので、気になる方はかかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。

まだ赤ちゃんが予防接種を受けられる年齢になっていない場合は、お父さんやお母さんといった赤ちゃんの身近な人たちが予防接種を受けたり、うがいや手洗いでインフルエンザを赤ちゃんにうつさないように気を付けるのが効果的な対策と言えます。

>>インフルエンザ対策
P R