新型インフルエンザの症状
2009.08.30 [Sun] 02:11

新型インフルエンザでの死者が日本でも多く出ています。
ワクチンの問題もありますし、新型インフルエンザについてはますます自己責任でウイルスに感染しないよう予防を徹底していく必要があります。

>>新型インフルエンザの最新情報はこちらをクリック<<


新型インフルエンザの症状をおさらいします。
初期症状は38度以上の高熱が突然出る。
咳などを伴う気道症状や全身倦怠などの症状は通常のインフルエンザと同じです。
下痢、嘔吐、腹痛、胸痛、鼻出血、歯肉出血なども同時に症状として現れる可能性もあります。

予防対策としては、人の大勢集まるところには行かない。
マスクの着用、自宅に戻った場合には手洗い・うがいの徹底です。

これから寒くなるにつれて、新型インフルエンザも本格化することが予想されます。
マスクの在庫があるうちにインフルエンザの予防用品の準備しておく事をおすすめします。


↓↓↓クリックすると詳細が表示されます。


コチラは送料無料で購入できますよ
 

新型インフルエンザ
2009.08.27 [Thu] 00:45

新型インフルエンザの集団感染など日本でも猛威を振るっています。


>>インフルエンザの詳細はコチラをクリック<<


16日から22日までの1週間に全国8県の77施設の小学校や中高が閉鎖している状態です。
感染者数も増え続けています。

日本では毎年秋から冬への期間にインフルエンザが発生してきますが、今年は夏の間から感染者もでてきていますし、これからの本格的な流行期にはさらに厳重な注意が引き続き必要です。

この新型インフルエンザが猛威を奮っているなか、

厚生労働省では
感染者と接触しない。不要不急の外出をしない。つまり「家から出ない」
という事が、個人で出来るなかでの感染を避ける最も効果的な方法として、推奨しています。

感染した場合、入院治療ではなく、自宅治療が一般的になってきていますので
1人暮らしの方などは買い物にもいけない状態が予想されます。

そのためにも、出来る限り長期間(最低2週間分)
食料品を備蓄することが必要といわれています。

何をいったい備蓄しておけばいいの?という事について紹介します。

⇒新型インフルエンザに備える食料備蓄法



新型インフルエンザの予防対策はウイルスに感染して症状が出る前に個人で行っていきましょう。
インフルエンザの対策用品がまだそろっていない方は↓から
⇒インフルエンザの予防対策セット
 

新型インフルエンザの症状の予防に関して
2009.08.18 [Tue] 01:01

新型インフルエンザ症状に感染しないためにも予防策を紹介します。

●できるだけ外出する場合には、ゴーグルの着用を専門家は推奨しています。
目の粘膜から新型インフルエンザのウイルスに感染するのを防ぐためにですね。

>>>インフルエンザ用のゴーグルを購入



マスクウイルス除去タイプの物を選ぶようにしましょう。
マスクは2009年の夏前に流行したときと比べてまだ、店舗にも在庫が残っていますので通販でも購入できます。

>>>ウイルス除去タイプのマスクを購入


●基本になりますが、外出して帰宅した後は、体にインフルエンザのウイルスが付いているものと考えましょう。
玄関の外でマスクをはずして捨てるようにします。これは新型インフルエンザのウイルスを家の中に持ち込まないようにするためですね。

外出したら、手洗い、うがいは徹底。顔や髪も洗うほうがいいでしょう。

>>>うがい薬も使用して十分ウイルス対策を



新型インフルエンザの症状はすぐには出ずに、2〜3日の潜伏期間の後に、突然発熱します。
感染しないためにもまずは十分は予防対策を!!
 

新型インフルエンザの症状
2009.07.20 [Mon] 02:34

インフルエンザ症状や対策について紹介していきます。

それにしても、豚(新型)インフルエンザの症状が日本人にも発見されたときの騒ぎは大変でした。
マスクが街中から売り切れで姿を消したり。
落ち着いているように見えますが、新型インフルエンザの感染者はまだまだ日本でも増えています。
秋には新型インフルエンザの症状がさらに強くなって出てくるのでは?
というニュースも流れています。

インフルエンザの対策については今までと同じです。マスクをつけるのはもちろん(巷ではあまり効果がないとも言われていますが、そんな事はありません)、外出後はかならずうがい手洗いを徹底。

お子さんにもうがい手洗いはきちんとするよう、親が責任もって注意をしましょう。
スペイン風邪の時に比べると医療も発展していますし、それほど被害も広まらないとは考えていますが、油断は大敵ですね。
マスクも今のうちに買っておくといいかもしれませんね。


>>インフルエンザの特集はコチラをクリック<<


 

新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の感染 状況
2009.05.18 [Mon] 00:20

新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)が高砂市内の県立高校の生徒からの感染が確認されました。

また、5月16日には大阪の豊中市で10代後半の女性1名新型インフルエンザの感染が確認されています。

大阪、兵庫で次々の新型インフルエンザの拡大が広がっており、国内感染者は計42人となりました。

今回の新型インフルエンザの感染が急速に拡大しているなか、流通業界を中心とした企業は17日、感染予防策を強化しております。

ジャスコ新茨木店でも今回のインフルエンザの予防の為、マスクを買う方で殺到し、マスクが売り切れている状態です。

百貨店などでも接客時にマスクを装着するという事が増えていますので、今後さらにマスクの需要が高まることが予想されます。

今後豚インフルエンザがどれだけ国内でも感染者が広まるか分かりませんので、予防の為に今のうちにマスクを購入しておくことをおすすめします。

家族の分も今のうちにまとめ買いしておくといいでしょう。





 

2009年のインフルエンザの症状
2009.01.17 [Sat] 16:59

インフルエンザで学級閉鎖とニュースが2009年に入って聞くようになりました。

2009年のインフルエンザの症状はa型が多いようです。



2009年もそうですが、インフルエンザの症状では急激に38〜40度の高熱が出るのが特徴です。

その他のインフルエンザの症状の特徴は、頭痛や倦怠感、関節痛など全身に症状がでてくることです。
インフルエンザの症状には鼻水や下痢などの風邪症状を伴うこともありますが、風邪のウイルスとは違うインフルエンザ・ウイルスへの感染でおこる病気です。

2008年から2009年にかけては早い時期での流行が報告されていましたし、世界的にも鳥インフルエンザなどの新型ウイルスへの感染も懸念されています。

インフルエンザの潜伏期間は1〜3日で、治療をすぐにうければ普通は1週間もすれば症状も落ち着くのですが、中には合併症などを起こすこともあります。
重症になると脳症などで死亡する恐れもありますので油断できない病気です。

2009年のインフルエンザのシーズンは体力的にも弱い高齢者、小さい子供さんのいる家庭では特に十分な注意が必要です。

赤ちゃん(乳児・幼児)がおられる家族は十分注意してあげてくださいね。インフルエンザの初期症状が発生したら、すぐに病院に連れて行って治療を受けてください。

↓豚インフルエンザの流行でマスクが売り切れる可能性があります!!


>>インフルエンザ予防のマスクはコチラ



>>インフルエンザの予防商品一覧

 

インフルエンザの潜伏期間
2009.01.17 [Sat] 16:48

インフルエンザに感染していても潜伏期間にはあまり症状が現れず、治療等の対策が遅れてしまう可能性がありますので注意が必要です。

インフルエンザの潜伏期間は一般的には1〜3日といわれていますが、長いインフルエンザでは潜伏期間は4日から5日ありその後に症状が出るものもあるようです。
同じに風呂に入浴もしている家族がインフルエンザにかかった等言う場合には、病院での検査を必ず受けてください。

検査の結果、陽性なら直ぐに専用薬剤投与などの治療・対策をおこなってくれます。
インフルエンザの菌を押さえ込むことで、感染の症状を抑える事もできますし、早期に回復させる事にもつながります。
まずは病院へ行って検査をうけ、早期発見することが重要です。

潜伏期間中はわかりにくいので、早期の治療をうけるというのは難しいかもしれませんが、突然38〜40度がでたり、頭痛や背中などの筋肉痛や関節痛といった初期症状があらわれてきても、できるだけ早く病院で治療をうけましょう。



予防接種は必ず受けておくことをおすすめします。a型b型などインフルエンザの種類もあり、外れる可能性があるといっても、もし感染した場合に回復も早くなるという事もあります。

日ごろから、電車に乗るときや、人が多い場所に行くときにはマスクをするなどして、予防対策を十分にしておきましょう。
 

インフルエンザの症状・対策
2009.01.17 [Sat] 16:43

インフルエンザの症状が出る前に対策をしましょう。

インフルエンザはかかってしまうと体中に症状が出てとても辛いです。今年もまずはインフルエンザにかからないように気をつけたいですね。
今年はインフルエンザの流行が早いと言われ、早くから予防接種が勧められていました。今年の流行のワクチンは型が違うから意味がないなどという方もいますが、インフルエンザにかかりにくくすることと、症状を軽くするためにも有効となりますので受ける人は毎年増えてきています。

特に症状が悪化しやすい高齢者や子供は受けておいたほうが良いですね。インフルエンザを予防する基本は、外出後の手洗いうがい、体力が落ちている時の人ごみなどへの外出は控えることです。

やむをえない場合は、マスクを着用しましょう。マスクはインフルエンザをうつさないためにも、症状がない人もうつされないために必需品です。

あとは、体力を落とさないことも効果的なインフルエンザ対策です。
十分な栄養と睡眠をとることが大事です。インフルエンザウイルスは、湿気に弱いので加湿器を置くなど室内の湿度を保つこと、喚起を行うことも大事です。
 

子供のインフルエンザの症状
2009.01.17 [Sat] 16:40

インフルエンザにかかって怖いのは小さい子供や高齢者など、症状が悪化しやすい体力的に弱い人たちです。
特に赤ちゃん(乳児・幼児)は潜伏期間はもちろん、初期症状がでてもわかりづらい場合があります。
普段と様子が違う場合にはすぐに病院に連れていって、検査、治療を受けて下さい。

子供のインフルエンザの症状で怖いのが、合併症を引き起こして重症化することです。

子供のインフルエンザの症状で多いのが高熱からくる熱性けいれんです。子供の脳はまだ未熟なため急激な発熱が脳に刺激を与え起こりますが、通常は10数秒から数分で症状は収まりますので、横を向かせて衣服をゆるめて様子を見るだけで大丈夫です。
もしも何度もけいれんを繰り返したり、10分以上続く、意識が戻らないなどの症状がある場合は病院で受診してください。インフルエンザの合併症で脳に炎症をおこすインフルエンザ脳症や脳炎の可能性もあり、障害が残ったり命にもかかわってきます。



そのほかにも、子供のインフルエンザの合併症となりやすいのが、肺炎、気管支炎、中耳炎などです。
幼児は特に言葉で症状を伝えることができないので、インフルエンザと診断されたら注意深く症状を観察してください。もちろんかからないように手洗いうがい、早寝早起きなど予防してあげて、怪しいなと感じたらすぐに病院を受診してください。

事前に子供は嫌がっても、予防接種は必ず受けておいてください。
 

インフルエンザの症状・治療
2009.01.17 [Sat] 16:37

インフルエンザのワクチン・予防接種をうけて、事前に予防していてもインフルエンザにかかってしまう事もあります。

インフルエンザの最大の特徴である急に高熱がでるという発熱の症状があったら、まずは病院を受診して治療をしましょう。
病院ではインフルエンザのウイルス検査をすれば10分ほどで結果が診断されます。
潜伏期間にはわかりにくいかもしれませんので、注意しておきましょう。

普段と体調が違う場合には、すぐに病院で見てもらうことをおすすめします。

初期症状インフルエンザは風邪の症状も伴いますが、抗生物質は使わずインフルエンザの症状に効く薬が処方されるなど風邪とは治療の方法が異なりますので、急な高熱、関節が痛むなどの症状があったら早く受信しましょう。

インフルエンザの薬は、発病してなるべく早めに服用したほうが治療・効果が高いようです。
自己判断の治療で薬などを飲むとインフルエンザの症状を悪化させることにもなりますので、必ず病院で処方された薬を飲んでください。

病院で治療を受けたら、あとは加湿器などで十分な湿度を保った部屋で安静にして、十分な休養を取ってください。治療に専念して、外には絶対にでないようにします。

インフルエンザの症状では高熱が続きますので、十分な水分補給も大切です。普通は1週間程度で症状は治まってきますので、2,3日して熱がひいて楽になっても無理はせずに、栄養を取って休養しててください。