猫伝染性腹膜炎 

November 24 [Sat], 2007, 14:47
猫の中で重要な感染症のひとつに猫伝染性腹膜炎(FIP)が挙げられる。

猫伝染性腹膜炎(FIP)はコロナウイルス科のウイルスによって起こる感染症で、致死率は高い。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の特徴的な症状には、「ウエットタイプ」と「ドライタイプ」という二つの型があります。
症例の多い「ウエットタイプ」は、発熱や下痢、貧血などとともにおなかや胸にひどい血管炎を起こし、腹水や胸水がたまっておなかが膨れたり、呼吸困難がみられる。
「ドライタイプ」は、おなかの中にリンパ腫のような、大きなしこりができる。さらにこのタイプは脳内に炎症を起こして、麻痺や痙攣などの神経症状を引き起こしたりすることもある。どちらも発症すれば助からないケースがほとんどです。

予防にはワクチンがありますので、しっかり予防するようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:infectionofcat
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年10月06日)
アイコン画像はにまる
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年09月30日)
アイコン画像チャーリー
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年09月30日)
アイコン画像南雲
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年09月21日)
アイコン画像MASA
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年09月18日)
アイコン画像えびふりゃー
» 猫伝染性腹膜炎 (2008年09月15日)
Yapme!一覧
読者になる