杉本眞人の松元

January 14 [Thu], 2016, 10:55

ボランティア活動をしていると恋人ができやすいという噂があるようですが、出会いが目的で興味がないボランティアを始めたところで、ストレスもたまるし、効率が悪すぎると思うのです。



運良く出会いがあったとしても、考え方が違いすぎるのではないでしょうか。



ボランティアで意気投合する人もいないわけではありませんが、本来の自分に合った恋人でなければ意味がないので、出会い系サイトといった人間の多様性の見本市みたいなところのほうが良いのではないでしょうか。





最近では、恋人がほしいのに出会いがないからと、いわゆる出会いパーティーの情報を集めている人もいると思います。例えば、対人関係に自信があって、自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、たとえ出会いパーティーでも、その積極性で恋人を見つけることが出来るかもしれません。




とはいえ、口下手な方や消極的で異性と話すことに抵抗がある場合は、出会い系サイトなど、直接会わなくても交流できる機会を持つのが出会いやすいです。バイト先で知り合った異性と交際するようになると、実際にはけっこう大変なんですよね。いつまでも仲良しでいるとは限りませんから、別れたり、別の子と付き合いを始めたりすると、仕事を辞めざるを得ないでしょう。



高校生の時にそういうのを目撃したので、私のほうは彼氏を作るなら出会いサイトで探すつもりです。結婚するとかでなければ職場恋愛なんて、結局、なにかとヤバげだし、なんだか割が合わないと思うんです。



社会人になってから出会いが極端に減ってしまったので、いい男性がいないかなと思って初めて街コンに参加しました。



感じのいい男性がいたのですが連絡先は交換できず、イマイチな男性に連絡先を聞かれたりと、次回以降、参加する気が失せてしまいました。あとは、出会い系サイトかなと思っているんです。私の親友は一足先にそちらでカップル成立しちゃっているので、そういうところでのノウハウなどを聞いてみて、がんばろうと思います。





スマホを使っているのなら、課金されない出会い系のアプリを利用したら、スキマ時間に異性との出会いをみつけられます。





ガラケーに慣れているとスマホの文字入力は時間がかかりますから、もどかしく感じるかもしれませんが、そのうち慣れますし、トイレで返信なんてこともできますのでパソコンに比べても手軽です。


細かな違いがありますので、複数の出会い系アプリを試した上で、無理なく使えるものを選ぶのがいいでしょう。出会いのきっかけが共通の友人なんてケースは少なくないようです。


ただ、そういう甲斐性のある友人が必要です。


心当たりが全くないのにも関わらず、無理に仲介を頼まれるようだと、いくら親しい仲でも困ってしまいますよね。少なくとも友人の方から積極的に紹介してくるのでないのなら、出会い系サイトに登録するほうがこれまでの友好な関係を維持できて、気持ちも穏やかでいられると思います。




出会い系(サイト、アプリ)を利用するのは遊び感覚と思われているふしもありますが、普通に交際できる相手を探しているユーザーも少なくありません。




忙しすぎて出会いのない人、学部も職場も理数系で「そんな自分を敬遠しない女性」を求めているケースなどは、やはり多くなりますね。そういう人たちはレスが遅かったり、そっけない傾向がありますが、リアルで対面すると意外ににこやかだったり、優しくて紳士的な男性が多いです。モバゲーに一時期ハマっていたんですが、出会い厨が多いこともあり、機種変をきっかけに利用しなくなりました。



異性と出会いたいと思ったら、より確実性の高い出会い系サイトを利用しますから、出会いを求めてないところでしつこくされても、うっとうしいです。



今後、もし、SNSに登録することがあれば、性別を男性で登録しようと思います。その方が面倒がなさそうです。




学生の頃と違って社会人になると、職場以外の異性と親しむ時間が劇的に減ってしまう場合が多いです。



お付き合いの機会というのを積極的に見つけないと、同僚のみならず後輩にも先を越される状況に陥ってしまうのではないでしょうか。





ちょっと慣れは必要ですが、出会いを仲介するアプリやサイトを利用すると、同じ目的の人が多いので短時間で異性とコミュニケーションをとることができます。出会いのきっかけが習い事だったという男女もいるようですが、習い事から男女の出会いを期待しても、周囲は恋愛に興味がなくて自分だけが浮いてしまったりという事態も覚悟しなければいけません。




不特定多数が来る場にいるからといって、恋を求めているわけでなし、こればかりはどうしようもありません。良い出会いを期待するなら、出会いに特化したアプリとかサイトを利用するほうが確実です。10年くらい前だったら、クラブでの出会いもアリでしたが、最近では場違いな感じがして行く気がしません。





それに、クラブで出会って付き合うっていう話になったこともないので、出会いの場としてはイマイチでしょう。




出会い系サイトの方がクラブに比べると、真剣に付き合ってくれる男性と出会えることもあります。





つい先日、利用したら、私好みの男の人と会うことができたので、使ってみて正解でした。


出会い系サイトを本気で利用しようと思ったら、プロフィール登録は最重要かつ手抜きしてはいけない部分であると心得ましょう。


知人の紹介で会うわけではないですし、メールのやりとりとプロフィールへの依存度というのはとても高いのです。プロフィールを登録するときの注意点というと、基本的には、ですます調でていねいに、自分という人間が見えてくるような書き方をするといいです。



個性的であることをアピールしすぎたり、理想像について語り過ぎたりすると、相手も身構えてしまうので、ほどほどにするのがコツです。



パートナーが外国人というのに憧れる人は意外と多いです。日本人の間では埋没してしまう感じの人でも、外国人には好まれる容姿や美点があったりしますし、まずは知り合う機会を見つけましょう。でも、外国人の集まりに呼ばれる機会はないのが普通ですし、そういう店に行くのも言葉の問題もあって難しいでしょう。




プロフィールの中から選べる出会い系サイトなどは結構役立つはずです。



困ったことに社会人になると出会う機会がなくて、ふと気がついたら婚期を逃してしまって、いい年して独身という方も結構多いのです。「出会いなんてない!」と言っている間にも時間は止まらず流れていくのです。



わざわざ出向いて結婚相手について他人に相談するのは嫌ですという方は、人に相談することがない出会い系サイトを使ってみても選択肢として一考の余地があるのではないでしょうか。


中には、目的が違う人もいますので、ちゃんと相手を選び、見極める事が必要不可欠なのです。



今のネット社会において、どのようにしたら人間関係を上手く築くことが出来るでしょうか?それにはやはり、メール術が欠かせません。



これは、出会い系サイトでのコミュニケーションにも重要に関わっていて、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようでは失敗することになってしまうでしょう。


タメ口はもちろん、フランクで軽すぎる言葉遣いが好きな女性はほとんどいませんし、下心を前面に出して、会いたいと繰り返すのは嫌がられます。



あるいは、相手の気持ちを無視するものでは、関係は終わってしまうでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryo
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ineuucqiyljtei/index1_0.rdf