カラーコーディネーターの知識を家で活用しよう 

December 27 [Thu], 2007, 10:20
カラーコーディネーター試験の勉強をしていると、仕事だけではなく私達の生活にも色を活かして楽しい生活を送る事が出来ます。
それは、カラーオーディネターの仕事が殆ど私達の生活に関わるような仕事だからかもしれませんね。
ではどのように家庭で活用出来るのでしょう。

まずファッション。やはり皆さんも自分を美しく見せたり、旦那や子供の雰囲気も良くしたいと思う人も多いと思います。
そこで試験で習ったパーソナルカラーを使って個人、もしくは家族に合った色を診断します。
そしてそれぞれに合った色で上手くコーディネートしていけば、今までと違った感じが出せて友達などに評判になるかもしれません。

また家の模様替えなども、子供の部屋には勉強に集中出来る色を取り入れたり、赤ちゃんの部屋には安心して眠ってくれるような暖かい色を取り入れたりします。
素敵な雰囲気を作る為に電球の色を変えたりするのもいいかもしれませんね。

他にも食事などにもカラーを上手く使う事が出来ます。料理本でとても美味しそうに見える料理ありませんか。
味や匂いもしないのになぜ美味しそうに感じるのでしょう。それには色が関係していることがあります。
例えば子供は、ケチャップを好きな子が多いです。ケチャップは赤い色をしていますが赤は食欲をそそる色とも考えられています。
食が進まない子供にケチャップライスやミートソーススパゲティを作ってあげると美味しそうに食べてくれる時があります。
また、ファミレスなどの大人用のランチやお子様ランチも色とりどりで美味しそうなのが多いですね。

このようにカラーコーディネーター試験を受験すると、スキルアップや仕事を探す為だけでなく私達の生活に彩りをくれます。
[PR]イドラ島とギリシャの習慣シエスタ|ギリシャ観光旅行紀

[PR]エーゲ海クルーズとアテネでグルメ|ギリシャ観光旅行紀

[PR]毎日キャリアナビでアルバイト求人をチェック

色知覚の3属性と表色系の三属性 

December 27 [Thu], 2007, 10:19
カラーコーディネーターの試験を学ぶ時に重要になってくる単元が、「色知覚の三属性」。
色知覚の三属性とは、正常の色覚者であれば、色を同じように見る事が出来ます。
例えば、赤や茶色などが同じ種類であるか見分ける事が、出来るかという事です。

これを学ぶ上での三属性が、色相・明度・彩度です。
色相とは赤を始め青・黄色・ピンクというような色みの種類の事を言います。
明度は明るい色や黒い色などといった色を表現する明るさの度合の事です。
最後に彩度とは、沢山ある色の色みの強弱。色の鮮やかさの度合を表します。
この三つの属性は、独立した属性なので1つの属性が変化しても残りの属性が影響を受ける事もないです。
また全て色のある物には三属性が使われていますが、無彩色などには明度しかないそうですよ。

また記号や数値などを用いて、色を体系的に表示しているものを表色性と言い、世界中には多くの表色系があります。
この表色系で独自の三属性を用いた物を「表色系の三属性」と言います。
表色系の役割には、色を正確に表したり、色彩調和を作る為に求めるものさし、色名を規定したりする役割があります。
そして表色系には、色々な種類を世界各地では機能によって使い分けられています。

このように「色の三属性」や「表色系の三属性」は色の勉強をするにあたって重要なポイントになっています。
2つの三属性が、これから勉強する課題にどのような役割をするのか楽しみですね。今から学ぶ方は覚えておくといいですね。
[PR]エギナ島、サロニコス湾クルーズ|ギリシャ観光旅行紀

[PR]オリンピアとデルフィ|ギリシャ観光旅行紀

[PR]ギリシャの世界遺産とウゾとレツィーナ|ギリシャ観光旅行紀

PCCSと日本色彩研究所 

December 27 [Thu], 2007, 10:18
カラーコーディネーターを学ぶ上で使われているPCCS。カラーコーディネーターの試験を勉強している人は聞いた事があると思います。
PCCSとは、Practical Color Co-ordinate Systemを通称して表してある言葉で、色彩調和を求めるのに適した表色系です。

PCCSとは、財団法人日本色彩研究所が開発した国産表色系で日本名を「日本色系配色体系」と言われています。
色相環は赤・黄・緑・青の心理の四原色を始めとする全部で24の色相を使います。
また、色相・明度・彩度を使いトーンで色彩調和を求めるそうです。このPCCSを日本では多くの会社が利用していて試験でも必ず問題になります。

そしてこのPCCSを開発した財団法人日本色彩研究所とはどういう所でしょうか。
日本色彩研究所は今から80年も前に設立された民間学術研究機関で、日本で唯一の公益法人としての色彩の研究所です。
基礎研究を始め色彩活用に関する応用分野など、色彩に関する様々な情報に答える為に活動を行っているそうです。
またセミナーを行ったり、子供達にも色の面白さを判って貰う為に色彩関連を題材としたテーマで色々な活動をしています。
他にも開発した商品を販売するなど幅広い活動を行っている団体です。

このように色彩研究所がPCCSのような素晴らしい商品を開発しているお陰で、多くのカラーコーディネーターなど色彩に関する仕事に役立ち益々活躍しています。

[PR]テオファニと聖バシリス記念日|ギリシャ観光旅行紀

[PR]コリントス運河とギリシャのワイン|観光旅行紀

[PR]スブラキとギロ|ギリシャグルメ観光旅行紀

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ineterea
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる