しっかり確かめても奇怪な石に見える?

January 23 [Wed], 2013, 19:11
先週友達よりペリカン便で京都府名産の立派な山の芋がやって来ました。
友達は大好きだった愛犬を病気で亡くしたので、命日にと白いバラの花をお供えにと送りました。
遠く離れた友達は愛犬の命日を覚えていた事に心から喜んでくれ郷里名産の山の芋を感謝の気持ちにと出荷してくれました。
急いで箱を開けると「あれれれ?」其処に有るはずの山の芋が行方不明です!目いっぱい箱に粗いオガクズが入れてあり其れを掘ると底の方から奴?が出て来ました。
「エッ?これって岩?」って思えるほど真っ黒な皮で覆われた山の芋。


生で食べる事しかひらめかない私(涙)思い巡らしているとオガクズの中に何やら光るOPP封筒が!!それを取り上げてみると中に山の芋の説明書が入っていて色々なお料理が紹介してありニマニマしながら開封しました。
山の芋は、揚げ物にしてヨシ!煮物にしてヨシ!焼き物にしててヨシ!説明書の写真はどれもほっぺが落ちそうなんです♪それが私の料理魂に火をともし山の芋料理にハマり出した始まりとなりました。
料理本を立ち読みしたり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理のジャンルの多さに改めてビックリでした!寒い時期はホワイトソースにたっぷりのおろした山の芋を合わせ陶板焼きにすると優しいお味で滅茶苦茶美味です!後平凡ですが、ぎんなんを入れた天ぷらも美味しいですよ。
たくさんのレパートリーが増え、其々をブログにアップする楽しみが出来ました。
行き着く所はシンプルな材料ほど色々と遊べて特徴が出せ面白いですね!で、最終的に気が付いたの事は一番お願いされるメニューは素朴な煮物料理とか。


ガク!でも友からのプレゼントのお蔭で私の暇つぶしが一つ増え感謝の気持ちでいっぱいです。
後少し残っているので、今日の夕飯のメニューはみんな大好き揚げ物に決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/inesafuran/index1_0.rdf