尾島と須崎

August 12 [Fri], 2016, 21:36
昔の話ですが、かつての介護士といったら大多数が女性でした。



ですが、近年は一般的に「介護士」という名称が使われているように男性が働くことも多くなってきました。

介護士に求められる能力を考えてみると、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。

母性的な優しさだけでなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、介護士にとって大事なポイントになっています。総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護機関以外に介護士として働ける職場に保育園がある事をご存知ですか?実際に保育園で働くとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は理想的な職場だと思います。介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする責任のある仕事だと言えます。どうしても、介護士という職業においては愛煙家が減っているように思います。

実際のところ、そのイメージ通りに介護士の喫煙率は平均を下回っているそうです。

病気の患者と接する職業上、煙や臭いをつけないよう、意識的に禁煙している人が多い状況だと理解できると思います。
往々にして介護士の職はハードワークだと言われますが労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。具体例として、二交代制の介護施設勤務について言うと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。

長時間勤務がザラだということも一般的に、介護士の勤務というものがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。

それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。

そうすることで、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。



また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。



就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。職場にもよりますが、介護士の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。介護現場という、人命のかかった職場であり、多めの残業や夜勤への手当などが確実に支給されるからです。身体的にきつい夜勤が人より多い場合や勤務終了でクタクタのところ更に残業をするなど、そういったかなり勤勉な介護士の給料額は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。

そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考えるようになってもおかしくありません。
ちなみに、それほど激務でもない病棟として知られているのは、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。



とはいえ、どんな介護施設なのか、症状がどれくらの患者さんを受け入れる介護施設なのかにより、業務のハードさについては差があります。なんといっても、介護士という職業は給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。



その結果かどうかは不明ですが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。


しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。



勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというようなことがあるようです。
収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最高でしょう。



介護士としての働き方はいろいろあります。

正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。
具体的な金額としては昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが普通のようです。
パートの仕事の割にはなかなかの数字なのでしょうが、介護機関で働く専門職ですし、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、金額的に少々不満です。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。

ここで気を付けたいことは、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く介護士より結果的に給料が減ることが多いようです。



例え年収が下がったとしても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。介護士という職業は勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響してまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、「介護士資格を持っています」という事実は、意外にそれ以外の職場にとっても有益であるケースが多いのです。


考えられるのは病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。

介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。
夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も仕事の一つです。



予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間にナースコールに何度も応答することになったり等々、めまぐるしくてんやわんやと忙しいこともあったりします。

介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどの程度だと思いますか?受験生全体の介護士国家試験合格率は90%近くが毎年合格できているようです。

試験内容自体が、それまでの学校生活で普通に勉強していた人だったらそれほど苦労なく合格できるものですから、そこまで介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。

一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、部署が違えば、介護士として必要になる技術や処置の方法が変わってくるのです。

それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。



将来を考えるキッカケになりますから、介護士としてのやる気も上がります。転職活動の場面においては、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。何に気を付けるべきかと言いますと、その履歴書で最も重要な志望動機をどのように記入するかです。
志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。

卒業を控えているのに、介護士の就職先が決まらず困っている話を聞きますが、年齢が壁になっているかもしれません。実際の求人には表面上年齢について書いていない場合も、事情によっては介護施設側が独自に採用に関する制限を設定していることもあります。


中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。皆さん想像がつくと思いますが、介護士は女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、結果的に離職率が高い仕事となっています。



さらに、働く時間が規則的でないこととか、過酷な労働環境だということも相まって、離婚率についても高くなっているようです。



収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。
せっかくのお休みにもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。または、昨今の介護士不足の影響から休みを取る暇がないケースもあるでしょう。


こうした状態を変えたいのであれば、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。当然、休みはきちんともらえますけれど、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースがかなり多い、というのが問題となっています。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。
しかし最近になって、子育てが済んだということで職場に戻ってきたりする人もじりじりと増えていっているようです。



人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。
転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、多くの場合は面接という形になるでしょう。

ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実務的なことの他に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり調べられているのです。


実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。



以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り介護士は大勢います。ただ、それ程スムーズに、出戻りがしやすいかどうかというのは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。こうしたケースは、実際にとても多いようです。

家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、復職を果たす、という人も増えてきています。介護施設の統廃合続きにより、医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も必要で、多くの介護士がかなりの重労働をこなしているといわれています。
男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう介護士も多いというのも納得できる話でしょう。
介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という一点でははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多く需要はいつでもある訳ですから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。
収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

食い逸れる心配の少ない人気職、介護士を目指すには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、その上で国家試験を受け、合格してやっと介護士になれます。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、それほどまでに難しい、というものでもないのです。
介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学や学部の人気が高まっているようです。
普通、注射や採血は介護士が行うものです。


普通、好んで注射をされに行くような人は少数派でしょうが、もし注射されるのならば、痛みが少ないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。

この辺りは運としか言いようがありませんね。介護士試験合格に向けて学ぶ場所として介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。

それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。最先端介護の知識など高度な技術に触れることができることや、より幅広く知識を修得できるということでしょう。
それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。
そして、必要とされる学費については大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。
知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語にカタカナでエッセンと書く言葉があります。食事をとってきます、と働いている他の人にわかってもらう目的で現場でよく使われています。そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。
一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、その影響です。何であれ便利に多用されているようです。


事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、これを行なう介護施設がかなり増えました。

介護士の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、一からスケールを作っていった介護施設もあるようです。
この評価は、介護施設により月一のこともあれば、一年に一度だけということもあります。こうして定期的にどう評価されているか知ると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。

外科勤務の介護士の、長所と短所を知っておいた方が無難です。手術を目前に控えているような患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、介護士としての技術が学べることです。短所は何かというと、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと患者の看護を実践するのが難しいことです。たくさんの人と出会える街コンですが街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。同僚の大多数が女性、ということも多く、どうにも男性に出会うことが難しく、「結婚したい」という介護士達が、街コンに繰り出しています。


「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。

ただし、たとえカップルが成立してもお互いの休みが合わなかったりと破局をむかえることが多いと言われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/inep4m4eta56lb/index1_0.rdf