片手で持ち見澄ましても茶色い岩ですね!

January 23 [Wed], 2013, 17:21
一週間前に友達よりペリカン便で京都府名産の立派な山の芋が着きました。
友達はちょっと前に大好きだった愛犬を病気で亡くしたので、大切な愛犬の命日にと百合の花束を送りました。
昔からの友達は命日を覚えていた事にとても感激してくれ実家名産の山の芋を感謝の形として出荷してくれました。
箱を開けると「山の芋はどこ?」其処に有るはずの山の芋が行方不明です!箱ギューギューに茶色いオガクズが入っていて其れを除去すると底の方から野郎?が出て来ました。
「何じゃこりゃ?」って思えるほど土まみれの山の芋。


山かけ丼にする事しか頭に浮かばない私(汗)困り果てているとオガクズの中に何やら光るOPP封筒が!!それをピックアップすると中に案内の冊子が入っていて調理例が何通りも紹介してあり速攻、開封しましたよ!山の芋は、揚げ物・煮物・焼き物、全て良し!冊子の中のどの写真もヨダレが出そうなんです♪それが私の料理魂に引火し山の芋料理に凝り出した切っ掛けとなりました。
ネットで調べたり料理好きの友人にたずねたり山の芋料理の種類の多さに改めて驚きました。
冬の時期は牛乳多い目のホワイトソースにおろした山の芋をのせて焼くとあっさりして滅茶苦茶美味です!他には無難ですが、蓮根を刻んで入れ天ぷらにしてもイケますよ。
色々なレパートリーが増え、其々をブログにアップする満足感を得ました。
結局シンプルな素材ほど色々と挑戦出来て私らしさが出せ刺激的ですね!で、最終的に気が付いたの事は一番要望の多いのはシンプルに揚げるだけとか。


トホホ(泣)でも友からの贈り物のお蔭で私の楽しみが一つ増え幸せを感じています。
後少し残っているので、今日のお昼ご飯は一番人気の陶板焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/inekowujiu/index1_0.rdf