藤野で児玉

November 29 [Tue], 2016, 19:12
転職したい理由は採用の選考過程においてとくに大きなポイントです。相手がうなずけるはっきりとした動機がなければ好印象とはなりません。だが、どうして転職するのか尋ねられても戸惑って答えられない方も少なからずいるはずです。みなさん、履歴書での書き方や面接での答え方にこの転職の動機に四苦八苦します。
転職の理由として良いものは、まず、転職を思い立った実際の理由を再考してみてください。直接告げるという訳でもないため、正直に自分の考えをノートに書いてみます。否定的な印象とならないよう、次にそれを表現の仕方を変えてみましょう。長い転職理由だと言い訳だと誤解されかねないので、長いものには気をつけましょう。
労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視した仕事のスタイルにしたい」、仕事にやりがいを感じなくて辞めたときは「新しい環境での成長を希望しています」と書き換えるとイメージが悪くなりません。転職理由がネガティブだったとしても表現を変えれば、ポジティブなものに変わります。履歴書に記載する場合は、150文字〜200文字あたりが理想です。
転職理由は書類選考や面接の場合にとても重要視されます。相手が了解することができないと評価が下がります。しかし、転職した理由を聞かれても上手く答えることができない人も多いと考えられます。かなりの人が履歴書を書いたり面接を受ける時に、この転職した理由で苦労します。
印象のいい転職理由は何かというと第一に、本当に転職しようと決めた理由を言葉にしてみてくださいそのままの 形で伝える訳ではないので、正直にノートに書き出してみましょう。そして、それを悪い印象にならないように言い方を変えてみてください。転職の理由を長く語ると自己弁護のように聞こえるので、あまり長くならないようにしましょう。
労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視する業務をやりたい」、仕事にやりがいがなくて辞めた場合は「新環境でさらに成長したい」と言い換えたら印象がよいです。ネガティブな転職理由も表現のし方によっては、ポジティブな理由になります。履歴書に書くのには、150文字から200文字程度が理想的です。
職を変える理由は履歴書選考や面接での評価において大変重要なポイントとなります。相手に理解してもらえる理由でない限りポイントが低くなります。けれど、転職理由を説明せよと言われても相手に伝わるように話せない人も少なくないはずです。ほぼみんなが履歴書の記入時や面接時にこの職を辞めたわけで一苦労します。
理想的な転職理由はどのようなものかというと、最初に、転職を決意した本音の部分を自問自答してみてください。そのままを相手に伝えるということではないため、思ったとおりのことをノートに記入しましょう。そして、それを後ろ向きな印象を与えないように表現を変更してみてください。転職理由が長いと言い訳がましく聞こえるので、長くなりすぎないように気をつけましょう。
退職の要因として長時間労働をあげた場合は「生産性を優先して仕事を進めていきたい」、やりがいを感じられなくて仕事を辞めた場合は「新しい環境で研鑽に励んでいきたい」と表現を変えると良くない印象を与えません。消極的な転職理由でも表現次第で、印象の良いものとなります。履歴書を作成する場合は、150〜200字程度でまとめるのが良いでしょう。
転職活動は在職期間中から行い、転職先が決まってから辞めるという形をとりたいものです。退職後の方が時間が自由になりますし、即座に働き始められますが、転職する先がなかなか決定しない可能性もあります。無職の期間が半年以上になると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで現在の職を退職しないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウマ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる