Lonely days 

December 01 [Fri], 2006, 22:49
孤独に耐えかねて
立ち止まれば
たちどころに
寒さが僕を閉じ込めてしまう


せめて君に会えたなら
せめて君に会えるのなら
――――――――――――
師走ですね
と去年も同じようなメールを
書いた気がする

去年と比べて自分は変わっただろうか
なんて
普段比べたこともないくせに…
気が付かなくても時が過ぎれば
何かが変わるものなのに
それが目指すものに近付いていないのと
あまりにもめまぐるしく過ぎ去る
時間の流れについていけないから
何も変わらないと
嘆く一方で
不安苛立ち葛藤が混ざり合う


そんな浪人生に今頃
「今年高校3年生?大学生?」
なんて聞くなよ(近所の方)
だけれども
素直に浪人生と答えるのもはばかれるので
「大学生です」
と答える自分が悲しきかな

後ろ歩き 

November 10 [Fri], 2006, 1:31
何度も繰り返すようで悪いけど
君は本当に前を見てますか?
後ろばかり振り返っては
昔の自分を責めて
歩いてはいませんか?

気になったから
聞いてみただけです
―――――――――――
ハロウィンが過ぎて
装飾品に困るのはわかるが
今からクリスマスモードになるのはやめてくれ
一瞬12月にタイムスリップしたかと思ったがな…


誰かに会いたいなぁ
と、思ってみたりして…
テレパシーが
何処かの誰かに届けばいいのに

contract 

November 03 [Fri], 2006, 1:25
もう二度と
忘れはしないと誓えます

いまここで
貴方の目を見て
――――――――――――
何を血迷ったのか
ここ最近
突然FF?Zの「闘う者達」が
どうしても聞きたくなり
サントラを借りるべく探してみたら
レンタルしてないとのこと
ガァーン……
どうしよう。中古で買おうかな
(なんか意地でも聞かなきゃいけないと思いはじめてる)
………そうだMIDIがあるじゃないか
というわけで早速PC起動
本当に世間のMIDI作成者様々です
ありがとう!!
しかも原曲に近いよ
というかそっくりだよ
皆さんすばらしいですね
涙ものでした
(様々なサイトから
同じ曲ばかりダウンロードした模様)
あぁFFやりたい…
?Z、?\最初からやりたい

自由 −in chain− 

October 16 [Mon], 2006, 2:38
あぁそうか
気づかなかっただけで
僕は自由なんだ

『じゆう』という鎖に縛られた
生き物だった


そうだったよね?
――――――――――
イヤホンガコワレマシタ…(ナミダ)
明日から電車の中でナニヲシテイレバイイノ…


家にあったキノの旅(?T〜?X)を読み返してしまいました…
確か初版で第?T巻を買った記憶があります
中学?うん。確かそのあたり。
当時すでに原価で本を買うことがなかったので
買ったということは…本当に読みたかったんでしょうね
あの時は何も思わなかったけれど
今読むとなんだか今の自分の行いと思考の原点かもしれない
と思う部分がちらほら
気づかないうちに洗脳されていたのね

あと、当時の自分にもう一つ思ったこと
電撃文庫をよく本屋で買えたな…
(電撃文庫に対する偏見)
いまじゃその種の本棚の前には立てませんよ。恥ずかしくて。
目の大きなちょっととぼけた感じの女の子=アレ
とリンクしてしまって…
見ただけで「あーもーよしてください」みたいな
常にあたりを警戒していないと誰かに見られていないか不安で
(そっちのほうが怪しいよ…)
キノ、今どのくらいでてるんだろう…
もう終わっちゃたのかな。
確かめたいが棚の側に寄れない…
一生行かない本屋だったら…まぁ、なんとか。

視線 

October 01 [Sun], 2006, 0:54
僕の周りには
誰かの視線が漂う
それは
人とすれちがう度に
意識に絡みつき
離れれば離れるほど
僕を締めつける

ヒトヲミルノガコワイノデス
ヒトノメガコワイノデス


心を漂わせているだけで
僕は何も見ていない
――――――――――――
つまらないことですが
英語などでの二重否定は肯定の強調になりますが
日本語の場合
二重否定が肯定の強調になることよりも
肯定か否定かの中間位置をさししめすことが多いのは
やはり文化の違いからですかね
「行きたくないわけがない」
「行きたくないわけじゃない」
この2つの文の違いを
外国人に教える場合とか
難しそうですよね
でも白黒はっきりしているより
むしろ中間をしめす日本語が母語で良かったと思います


「洋服を裏返して着たわけがない」
「洋服を裏返して着たわけじゃない」
とかね…

おいてけぼり 

September 27 [Wed], 2006, 2:23
広告の裏に書かれた
君の置手紙
ありがとう、と
ただ一言だけ

走り書きの君の文字は
今にもどこかに消えてしまいそうで
文字がいなくなっていないか
何度も確かめてしまう


君と同じように
この言葉でさえ
僕をおいていってしまうの?
――――――――――――――――――

スピッツの「魔法のコトバ」が頭の中でテロップしてる…今更かよ

音楽に興味を持ったのは中学1年の時でした。
初めて好きになったのがスピッツ。
あの時は確か「リサイクル」(ベストアルバム)が出たときだったような…
「スピッツ」という名前も知らなくて
「空も飛べるはず」の題名すら知らなくて
サビ部分しかわかってないのに
「この曲好き」とかいってたような気がする…
それでベストアルバムを借りて、溺れる様にはまって
友人からのジャニーズ攻撃にも負けず
いわゆる流行にのれないやつで
バンプの「天体観測」も流行してたのに
最初は見向きもせず
ただ友人の薦めで「ジュピター」をレンタルショップで借りてきて
聞いてみたけれどその頃の私にはまだまだ魅力がわからなくて
高1の頃改めて聞き直したらすばらしい曲だったことに感激して
バンプにも虜になって、導火線に火がついたがごとく
色々なものに手を出して
(ポルノ、ケミストリー、アジカン)
歌詞が伝わりやすいとか、テンポがいいとか、べースがいいとかとか
そういう基準で好きなものを選んでたけれど
最初にはまったのが一番自分の根底にあっているのかなぁ〜
という結論に…
だってスピッツの歌詞なんてめちゃくちゃで
日本語がつながってないし
ロックに特徴的なアップテンポでもないし(どちらかというとスロー)
ふよふよとしててつかみ所のない音楽で…
なのに、何故か
一番聞いててホッとするのはスピッツの歌なんだよなぁ…

と、「魔法のコトバ」を聞いて思ってみたり
でもどちらかというと好きなのは改革前(90年代)の頃のほうかな。
最近のは歌詞がまとまりすぎて綺麗な気がする。
綺麗なのは綺麗で構わないんだけどね。


―― 君は何してる?笑顔が見たいぞ ――
〈魔法のコトバ/スピッツ〉

いつかひとつになる日まで 

September 24 [Sun], 2006, 2:14
ねぇ
どこにも行かないって約束するから
その代わり君も約束して

その手を僕の手とつないで
僕の元でお歌を歌ってね
この木の下で
誰にも邪魔されず
いつまでも一緒にいよう



いつかひとつになる日まで

―――――――――――――――
AB型は二重人格なのか
二重人格はAB型なのか
それとも相手の性格が二重人格なのか…
疑問と愚問はつのるばかりです


誰だって多重人格だと思う
ひとりだけの自分なんてありえない
その中のどれが自分かを確定したくて
毎日悩んでるんじゃないか

無駄なことだと知りながらも

どっぺるげんがー 

September 17 [Sun], 2006, 0:39
もうひとりの僕がいたら
どんなにすばらしいだろう

言わなくたって
何でもわかってくれるだろうし
何でもわかっているから
気を使わなくていいだろうし
気を使わないから
悩むことも少なさそうだ


でも
何もかも同じだと
どちらが僕か見分けがつかない

ボクでさえそう思うのだから
ボクのことが大好きな君は
ことさらに
どちらが僕か悩んでしまいそうだ

なにより
ボク以外の人に君を奪われるのは嫌だから
やっぱり
もう一人の自分は必要ないのかもしれない
――――――――――――――――――
受験生同士の話ってどうしてこんなに暗いんだろう

ただ疲れているだけで
相手の悪意も意味もない愚痴や、気持ちに対して
その言葉に返す何かを私は持っているはずだけれど
どうしようにも言葉が出なくて
「そんなことないよ」
でいつも会話を終わらしてしまう罪悪感
心に余裕が無いのは相手よりも自分だと認識して
その先の会話を見つけようとしない諦念
そして笑ってごまかす嫌な癖

後々になれば、つまらないことに悩んでいると思うけれど
実際「今」しか自分の中の時間は進んでいないんだから
「今」は常に最高か最低しかありえないと思う


そんな当たり前でつまらないことを
数学の2次関数の問題を解きながら
かんがえているあたり
自分はまだ心に余裕でなく
書き溜められてない余白が大量にあるなと思った


正直、気遣うのが面倒になっているのです
お互いに。
じゃぁ
求めるなよ、と
求めてなんかいないよ、と


※余談ですが
怪奇ものを題名にすると
たたられそうで怖いです
振り向いたら後ろに…みたいな寒気がします

窓ガラス 

September 12 [Tue], 2006, 19:13
僕と君の間に横たわる
騒音の中の静けさ

君が悪いんだよ
答えるタイミングを逃したから
僕の所為じゃない


僕はただ窓を見つめて
外を見る振りをして
窓にうつる君の横顔を見ていた

卑怯なのは
やっぱり
僕かな
――――――――――
お菓子作りの本を読んで
マフィンの写真を眺めて
「食べたい」
と漏らした私を
不憫だと思ったのは
誰よりも自分でした…


見てるだけで食べた気になれたら
最高ですよね
手間もカロリーもかからないし

↑←↓→ 

September 04 [Mon], 2006, 20:34
僕の行く先も
示してくれればいいのに


ねぇ
どこに行けばいいの?
何をすればいいの?
歩くの?
どこまで?
何のために?

わからないの?


ねぇ
教えてよ
――――――――――――
睡魔と食欲に負けた日
今日はそんな日でした

…いつもか
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:indigo1127
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
http://yaplog.jp/indigo1127/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる