以前不妊症治療を受けていたこと

March 14 [Fri], 2014, 15:13
以前、私は不妊症治療を受けていました。
受けていた期間は3年ほどです。
通っていたのは、不妊症治療専門の病院でした。

その病院は東京都内にあり、外観から見ると大きなビルなのですが、
その建物の2フロアがその専門の病院でほかには、ある大手の薬品会社が入っていました。
その病院は、とても大きな看板がかかっていましたが●●●婦人科とか
■■■クリニックと言うような名前ではありませんでした。
だからとても大きいのに一瞬見逃してしまうような感じでした。
その病院はたとえると病院のイメージは全くありません。
受付などは大きな一流ホテルのフロントのようです。

診察を待つ待合室も、患者同士の交流の場であるセミナーホールも、
小さなコンサートも開くというホールも、すべて病院と言うイメージとは違っていました。

診察室のドアや、診察室内は婦人科となんら替わりませんでしたが、
不妊症治療をうける人間はあまり「病気」と言う意識がないので気分的には
「病院らしくない」というのはよかったかもしれません。

その病院は、初診も再診もすべて予約制でした。
でも担当医制ではありませんでした。

だからいつも違う先生でしたが、データはカルテに入っているので何ら問題はありませんでした。
かえって、納得のいかない説明を納得がいくまで聞くとか、
他の先生にも意見を聴けることはよかったと思っています。

結局私達は、3年間通って妊娠することはありませんでした。

不妊症治療をやめた理由は「最初からゴールを決めていた(3年のみとしていた)」
「私が40歳になったので、その後の妊娠の確率が1パーセントから5パーセントにまで落ちたこと」
「その後の治療継続が飛躍的に良くなるとおもえなかったこと」が理由です。

精神的な安定

March 13 [Thu], 2014, 15:01
不妊症の治療中ということを知られるのは、女性にとってとても勇気のいることだと思います。
女性から誰しも、一度は子供を産みたいという気持ちがどこかにはあると思います。
もちろん、性格的に子供嫌いで、一生子供なんていらない、という人もなかにはいますけど、
結婚したら、その人とのあいだに子供ができて・・・などと考えるのは普通のことだと思います。

不妊症の原因はひとつとは限りません。
体質的にできにくいとか、年齢的な問題とか、妊娠しづらい生活環境にあるとか・・・
また女性にだけ不妊の問題があるとは限りませんので、
その問題は想像以上に複雑な事情がからみ合っているのではないでしょうか。

芸能人のなかには、不妊症を公言している人もいます。
最近では、東尾理子さんなどが有名ですね。
ただ、実際に不妊症というのは、定義があって、「避妊をしてないにもかかわらず、
2年以上にわたって妊娠できない状態」といわれることが多いです。

東尾さんの場合は、不妊で長年治療をしている人からすると、そこまで苦しい思いをせず、
手っ取り早く病院にいって治療をしたら運良く子を授かった、そんな見方をされることもあるようです。

不妊治療をすると決めること、それは長い長い、
出口の見えないトンネルに入ることだと覚悟する必要もあると思います。
治療をしているあいだにも、同じように不妊に悩む人が子供に恵まれるかもしれない・・・
そんなときに果たして自分が心の底から祝う気持ちでいられるだろうか。

同じ年代の友人たちが、会うたびに自分の子供の話ばかりするようになった・・・
そんな状況に果たして笑顔で話をあわせることができるだろうか。
難しいですよね。

不妊症治療で有名なこまえクリニックでカウンセリングをしてもらっている友人がいますが、
やはり一人で悩むのはより妊娠しづらい状況になるだけ、とよく話します。
精神的安定は、妊娠に不可欠なことだと思うのです。

そうそう、人工授精ならこまえクリニックへ相談、というくらい、
人工授精については詳しいという話を聞いたことがあります。
院長先生ご自身も、長く不妊治療を受けていた経験がおありなのだそうです。

調子が上がってきたようですね!

March 12 [Wed], 2014, 13:05
今年もメジャーリーグ・ベースボールから目が離せませんね!

今シーズンからニューヨーク・ヤンキースへ加入した田中将大投手もそうですけど、
昨年のワールドチャンピオン、レッドソックスの上原投手と田沢投手、ダルビッシュ投手、
岩隈投手、復活が期待される松坂大輔投手など、本当に凄い活躍をみせてくれていますよね。

昨日、ダルビッシュ投手がオープン戦に先発して、まずまずの結果だったようです。
5回を投げて2失点、良い成績ですよね。
この日は、三振を取りに行くピッチングではなく、打たせて取るというピッチング。
長いシーズンを戦うためには、そのようなピッチングが必要になるのだろうと思いますね。



今シーズンのダルビッシュ投手は開幕投手に指名されているほど期待されています。
昨季逃したサイヤング賞の、最有力投手とも言われておりますので、注目です。

みなさん、ダルビッシュ投手のツイッターをフォローしていますか?
わたしもフォローしているのですけど、なかなか楽しいつぶやきをしていますので、
ツイッターのアカウントをお持ちの皆さん、フォローしてみてはいかがでしょうか?

ストレスを溜めるのが良くないらしいですね

March 11 [Tue], 2014, 11:34
いつもニコニコ可愛い、会社の女の子がいるのですけど、やっぱり悩みはあるのですね。
人には言えない悩みを持っている、これが人間というものでしょうね。
わたしの悩みですか?それはありますよ、普通の人以上にあるのではないでしょうか。
敢えてここでは書きませんよ、という書ききれないほどあると思います(^_^;)

一番の悩みですか・・・それは結婚できないことですね。
それさえ解消されれば、わたしの人生はもっと明るくなると思うのですけどね、なかなかね。
そのうちいい人とめぐり逢えるだろうと思っていたら、もうすぐ40歳ですからね。
まさかこの年齢まで独身だとは思ってもいませんでした。

わたしの知り合いには、バツ3という人がいます。
一度も結婚したことがない、わたしのような人間もいるかと思ったら、そんな人もいるのです。
不公平さを感じずにはいられません。

さて、その女の子の悩みなのですけど、実は不妊症の治療を受けているらしいです。
結婚して3年半、自然妊娠しないのはやっぱりおかしい!と思っているそうです。
特に避妊しているわけではないそうですけどね。

わたしの知人も、不妊症の人がいましたけど、2年前に赤ちゃんを出産しました。
やはりずっと治療をしていたらしいですけど、一番はストレスを溜めないことだそうです。
何よりもそれが重要だと言っていたことを聞いて、その女の子にもそう言いました。

わたしなんかが偉そうなことは言えませんけど、なんとか頑張って赤ちゃんを産んでほしいですね。
そのためなら、治療も何も苦痛ではないと思いますからね。

松たか子さんの歌声が!

March 10 [Mon], 2014, 14:14
アカデミー賞を受賞したアニメ作品、「アナと雪の女王」ですが、25カ国語に翻訳され、
またそれぞれの国で、それぞれのミュージシャンや声優・俳優が主題歌、「Let it go」を歌っているそうです。
日本語バージョンは、女優の松たか子さんが歌っているそうなのですけど、
松たか子さんの歌声が、世界中から称賛されているらしいです。

そうでしょうとも、松たか子さんの歌声って本当に素晴らしいです。
わたしは知っていましたよ、彼女の歌声が素晴らしく、心に訴えかけるものがあることを。
前に、彼女が「500マイル」という曲を歌っている動画を観たことがありまして、
その瞬間からわたしは彼女の大ファンになりました。



さすがは女優さん、発声も良いのでしょう。
音を外すこともなく、歌唱法も素晴らしいのですけど、何よりも心を打つ声なのです。
歌が上手い人ってたくさんいると思いますけど、人の心に訴えかける声の持ち主はそういません。
彼女は、間違いなくその声を持っている天才です!

ですから、世界中の人々が、彼女の声に感動したということは、ある意味当然のことなのです。
みなさんも、まずはこの映画の主題歌を聞いてみて下さい。

そうだ、旦那様がギタリストの佐橋佳幸さんですしね、音楽夫婦ですよね。
佐橋佳幸さんのギターも素晴らしいですから、是非聞いてみて下さい。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:india77vvv
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる