祝!風影さま、ご帰還記念!! 

February 16 [Sat], 2008, 10:10
大勢の里の人たちに迎えられた我愛羅!良かったですね!!泣けましたよ・・。

クモの名前は? 

February 10 [Sun], 2008, 12:52
今日家の中でクモを見つけましたが名前が分らない。ネットで調べても分らない。
マミジロハエトリというクモに似ているが腹部には縞がありません。
気になるナァー。誰か教えて。大きさは5〜7ミリ。

目の保養 

January 20 [Sun], 2008, 14:04
平成7年(2007)10月21日(日)晴

歩数      4050歩(散歩後の血圧:100/64・脈拍:69)
距離       3.24km
カロリー     135kcal
血圧(高)   105
血圧(低)    66
脈拍       76
血糖値
A1c
コレストロール
中性脂肪
体重       kg
散歩コース    

本日訪問者:    14
通算訪問者:   275

 北風は強いが快晴で秋本番というこの上ない季節が到来した。昨日少しばかりママチャリで走ったので完全休養思っているが、夕方からは知り合いの日本舞踊の発表会があるので曳舟文化会館まで行って目の保養をして楽しんできます。
 午後4時に出かけ6時の終了まで見てきたが、第54回墨田区文化祭で日本舞踊素踊り大会で1人5分間程度踊るもので、幕も下りずにスポットライトが消えているまに入れ替わり、曲が流れるとスポットライトが点き次々に踊っていた。おおとりは墨田区舞踊協会会長が踊り、御礼の挨拶と三本締めでフィナーレ。

総歩数:4,525歩 距離:3.62km 消費カロリー:152kcal。

自転車・()走行距離:.km、.kcal。

未来予想 

January 11 [Fri], 2008, 17:07
iPod touchの次期版にはカメラが付く!(あくまで予想)

平凡 

December 22 [Sat], 2007, 15:06
午後起床。

何をしていたのか既に思い出せない…。

思い出せないとゆーコトは、どーでもいいコトなのだろうと勝手に解釈。

ただ15時直前に松屋に牛丼食べに行ったコトは鮮明に覚えている。


夕方から友人からの連絡に備えて大学へ。

でも連絡は来ず。

結局試写会のチケットは無駄になる。

同じ映画を2回も観に行くのはキツイし、交通費も勿体無い。

次からは気をつけて応募しようと考えます。


はな○で早目の夕食をし、帰ってからCSシリーズをテレビ観戦。

ファイターズのマイケルが1つのアウトも取れずに大炎上。

決着は最終戦に持ち越されました。

ダルVSナル、どっちが勝つかな?


本日の出費は、松屋300円+はな○284円+貯金6円=590円ナリ。

何だか急にカレーが食べたくなってきたなぁ。

花巻青年会議所創立50周年記念式典 

December 13 [Thu], 2007, 10:36
今日は私が大変お世話になった花巻青年会議所の設立50周年記念式典が開催された。
私は、少々熱があり、風のウィルスに喉をやられ、うまい具合いに声が出ず、
行くのを躊躇ったのだが、せっかくの50周年行かずに後悔するよりかは、まずは
行ってみようと、薬を飲み、寒くないような格好で出かけた。

偉大なる諸先輩方が1957年に設立し、今年で50周年を迎えることができた。
現役メンバーもさることながら、この青年会議所を卒業されていった先輩方は
いろいろなところで今も活躍をなさっている。小さい街ではあるが、経済界、産業界
商業、工業そして政治的な部分と、活躍の場は非常に多岐にわたる。

50年間の長きにわたる、この団体のさまざまな活躍をプロジェクターでの紹介があった。
見ていたOBのみんなは間違いなく、昔の自分の活動・運動を思い出したに違いない。

そういった演出に至っては、この団体の右に出るものはない。感動的で、かつ
的確でストレートに訴えかける。とても感動的だ。

懇親会で隣に座っていたとある先輩が申していた。昔は、「式典の花巻」って言われた
ものだと。その「式典の花巻」には相応しくない場面があったらい。
言われてみれば、合格点を出せない場面はあった。
盛岡JC理事長の感謝状を受け取るスタッフの応対とか、少々遅めに来た先輩の
誘導や対応。来賓が座るところが分からず、最後列にちょこんと座っていたことに
気付かなかった点、それにはOB先輩が最初に気付き、現役メンバーにその点を諭していた。
その他もろもろ…。

でも、いいんじゃないかな〜。あれで。土台100点は取れない。JCは100点を取っちゃ
いけない。自らの不完全・未完成を十分知っていれば、それでいいんだと思う。
私なんかは、40歳を過ぎても、未完成・不完全の塊だ。

挨拶をする人する人がとても立派な挨拶をなさる。それも、上手に聞き手に
伝わるように、話す。ん〜惚れ惚れするな〜。冒頭の当花巻JCの理事長の
挨拶だって、多少、上手さに見劣りするが一所懸命さでは群を抜いていた。
それで、いいんだと思う。気持ちが劣っては失礼だ。司会のカミ具合だって、
まぁ〜Good!、ナレーションのカミ具合だってヨシヨシ。一生懸命さが
伝わってくるから、私は100点を差し上げたい。…それで良いだと思う。

いつものように話がそれまくったが、

50年間の活動の軌跡を、大画面を使って、巧みに演出をしていた。
それぞれのOBは、自分の昔を思い出したに違いない。じわーっと
目頭が熱くなる感覚に襲われた。涙腺が緩む。
「あの時は一生懸命だったな〜」「あの時は、ものすごく悔しい思いをしたな」
「畜生、なんであの時もっとうまくできなかったのか!」でも、今となれば
すべて良い思い出だ。  感動もひとしおだ。

鼻を一度、ズズっとすすったら、隣の先輩がこっちを見た。いかにも
泣いてるのか?ってな顔をして。そういうあなただって感動しましたね!
でも、残念ながら、私はただの風邪引きですよー。

伊藤@丸正

女を愛せない男と、その妻の話。読み切り短編小説です。── 偽りの…── 

December 08 [Sat], 2007, 8:56
───偽りの…───

女を愛せない男とその妻の話。(多分ちょっと暗いです…)
読み切り短編です。
告白調(?)の文章にしてみました。


『今日も遅くなるの?』
 妻のその言葉に、私は怯える。
 結婚して八年……私は決していい夫とは言えなかった。
 彼女とは、上司の勧めで見合いをして、そのままの流れで結婚した。
 彼女に不満はない。むしろ、彼女と一緒になれたことを幸運だと思っていた。
 よく気が利くよき妻──。私の言葉にもよく従い、反抗したりもしない。
 突然の来客にも笑顔で応じ、疲れていても文句も言わない。彼女は、夫婦の…そういう関係が途絶えても、態度を変えたりはしなかった。
 私には過ぎた妻だった。
 時々家に連れて帰る同僚が、実は私と関係していることも、酔った弾みで上司と寝てしまったことがあるのも、出張先のホテルで見知らぬ相手と関係を持ってしまったことも、妻は知らない。知らないはずだった…。
 でも…もしかしたら、知っているのかもしれない…。
 私が男を好きで、度々男と関係を持っていることを…。
 冷えきった夫婦関係をよそに、良き妻であり続ける彼女に…私は言い知れぬ恐怖を感じる。
 彼女に不実を咎め、弾劾されるのはいつか…。
 恐れ怯える日々に、私は疲れていた。


『明日はドライブに行こう』
 土曜日の夜、私がそう言うと、彼女は嬉しそうに微笑んで、翌日は朝から弁当もしっかり用意されていた。
 私は不穏な胸の内を隠し、笑顔を浮かべる。
 遠く連なる山々は紅葉に彩られ、秋の風情に満ちて、訪れる人々を包み込み癒すようだった。
 山道を車で往きながら、私はちらりと助手席に目を向ける。
 彼女はやけにはしゃいでいるように見えた。
 ──もう少し奥の方まで行こう。
 私がそう言うと、笑顔で頷く。
 彼女の微笑みで、車内の空々しい空気が薄れる。ちくりと疼く罪悪感に目を瞑り、久しぶりな気のする彼女との会話を続ける。──会話の内容は一向に頭に入ってこなかったが……。
 細く曲がりくねった山道を、慎重に車を進めながら、私はこの後のことで頭がいっぱいだった。
 切り立った断崖に張り付くような狭い道を往くと、目の前に広がるのは息をのむような絶景だった。隣りで妻が感嘆の声を上げる。
 こんなに喜んでいる妻を見るのはいつ以来だろうか、私の記憶にはこんな嬉しそうな妻の姿は無かった。
 もうすぐたどり着く山間の渓谷は、景色は良いけれど足場が悪く、ほとんど訪れる人はいない。
 景色は素晴らしいが、眺めるには向かないからだ。人が来ないから選んだような場所だった。

 都内から車で四時間余り…。
 着いたのは昼前で、私は妻と二人、車内で弁当を食べた。
 外を歩こうと言う私の誘いを、妻が拒むことはなかった。

 眺めが良いからと誘い出した妻を…私はそこから──崖の上から突き落とした。
 何も知らずに目を輝かせ、囀る鳥の声が響き渡る渓谷を眺める妻…。その背中を、力一杯押す私…。
 切り立った崖の端から、谷底に吸い込まれるように、彼女の姿は視界から消える。

 これでいい…。これでいいんだ…。
 ──これで…。
 この高さから落ちれば、助かるはずがない。
 何度も下見に来て、どこが一番いいか考えた末に選んだ場所だった。
 これで彼女を恐れることはもうない…。
 私は安堵の息を吐いた。
 ぼんやりと景色を眺める。遠く晴れ渡った空…。彼方まで広がるその抜けるような青い空は、目に痛いほどに眩しい。

 ──ちゃんと死んだだろうか…。
 不意にそのことが気になり出した私は、崖下の沢に降りる道へと足を向けた。
 そこは下見のために何度も通った道で、私は迷うことなく沢のほとりにたどり着いた。
 彼女がもし生きていたら?
 夫に突き落とされたと彼女が言ったら?
 不安が私を焦らせる。
 もう不安が無いことを、確かめなければ…。
 ──確かめるのだ…。
 私は何かに急かされるように、慌ただしく歩き回った。
 この辺りは水深も浅く、所々石や岩が水面から顔を出している。
 転落した妻の身体は、沢に流されるようなことは無いはずだった。
 ──何処だ?
 何処にある…?
 死んだはずの妻の身体を探し、私は靴やズボンが濡れることも気に留めず、沢に足を踏み入れた。

 さほど時間は掛からずに、妻の姿は見つかった。
 沢に半分以上身体の浸かった状態で、妻は横たわっていた。足や腕は捩じれるように折れ曲がり、酷い有様なのに、妻の顔は微笑んでいるように見えた。
 まさか、目の錯覚だろうと、目を凝らして見ても、やはり微笑んで見える。
 そんなのは気のせいだと思うのに、近付くにつれて、微笑む妻の顔は、はっきりと見えるようになった。
 パシャリと水音を立てると、彼女の視線がこちらを向いた。意外そうな、けれど嬉しそうな顔…。
 何故そんな顔をする?
 彼女の静かな瞳に、私の胸がざわめく。
 私に突き落とされたと分からなかったはずは無い。何故私に微笑み掛けるのだ。
 それにこれほどの傷を負って、痛く無いはずはない。本当なら激痛に意識を失うか、苦悶の表情を浮かべるのではないのか?

 これは、罪悪感から逃れたいと思う自分の意識が見せる、幻か錯覚に違いない。

 はらはらと舞い落ちる木の葉…。その中で静かに横たわる妻の姿…。

 私は狂ってしまったのだろうか…。
 それともこれは、終わることのない悪夢なのか?

 その光景を眺めながら、私はただ呆然と立ち尽くしていた。




普段とは違う感じにしようと思い、少し硬めの文章になるように心掛けてみました。
ちょっと暗くて怖い感じにしたかったんですが、うまく感じ出てるでしょうか…。
このお話…実は一人称を"私"にするか"俺"にするかで悩みました。まだ悩んでいたり…。
ラストでも凄く悩みました。終わり方、何パターンか考えていたのですが、直しても直してもなかなか納得が行かず、結局こういう形にしてしまったんですが、まだ直したい、手を加えたいという気持ちが…。
もしかすると、後から直しちゃったりするかもしれません。
ラストまでは早くできてたのにそこで詰まって…結局朝になってしまいました。

灯油も激しく値上がり〜GSは買い控えの不安 

December 03 [Mon], 2007, 1:47
<ガソリン>各地で10円前後値上げ 冬場を前に灯油も…

(毎日新聞 - 2007年11月01日 19:22)

 原油や石油製品の値段が一段と上昇している。ガソリンは1日、全国各地で一斉に値上がりし、首都圏の最激戦区でもレギュラーが一気に1リットル当たり10円前後上昇するなど、各地で150円台の価格がスタンドに掲示された。灯油も激しく値上がりしており、冬場を前に生活への影響が心配されている。原因の原油価格高騰に反転の兆しはなく、31日のニューヨーク先物市場の指標価格は1バレル当たり一気に6ドル近くも上昇し、史上初めて96ドルを突破、100ドルをうかがう展開になっている。

 ガソリン価格が大幅に引き上げられた1日、東京都内で給油していた横浜市の建設会社勤務の男性(60)は「1日で10円も上がるとは」と驚いていた。乗用車で通勤しており、ガソリン代は会社負担だ。しかし、「ここまで上がると今の厳しい世の中、会社がどうするか分からない」と不安そうだ。「31日に給油しておけばよかった」と悔やむ。

 千葉県船橋市に住む運転手の男性(51)は31日、妻にせかされ地元のホームセンターで18リットルタンク4本分の灯油を慌てて買い増した。自宅で暖房以外に給湯にも灯油を利用しており、冬場は例年、ドラム缶約2本分を消費する。「灯油は安いものだと思っていたのだが……。使う量が多く影響は大きい」

 給油所側も複雑な表情だ。多くの給油所は、大手元売りが給油所への卸値を4円引き上げた10月は、店頭価格への転嫁を最小限にとどめていた。しかし、11月はこれまでの未転嫁分も上乗せせざるを得なかった。「苦渋の決断」だったというが、値上がりによる買い控えへの不安は消えない。

 1リットル当たりのレギュラー価格を9円値上げし148円とした東京都目黒区の「ENEOSフロンティア環7目黒南店」。遠山勇司マネジャー(40)は「これまでコスト削減や用品販売でしのいできたが、このままでは店の経営がおかしくなる。148円は最低限の適正水準」。懸念される販売減については「ある程度、覚悟している。サービスを向上させて利用者の理解を求めるしかない」と話していた。

ガリレオ、見てますか?? 

November 29 [Thu], 2007, 13:37
物理学はちっとも分かりませんが、けっこうおもしろい!!
月9ってラブストーリーばっかりでほとんど見ないんですけど、
今回はたまたま見てるんです。
昔から柴崎コウちゃんが好きなので、毎週楽しみです。

映画化も決まっているようなので、いつもは行かない映画も今回は行こうかなと思っています☆

11/2 ワルシャワーぶらり旅 

November 23 [Fri], 2007, 9:27
11/2 ワルシャワーへ食材の買出しに行きます。
そして、日本食レストランへ行く途中の公園のイチョウの葉がとてもきれいでしたので、何枚か撮りました。
今日は、天気も良く、文化科学宮殿も青空バックに映えています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:indege835
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像KAMI
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年10月21日)
アイコン画像ヨシオ
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年10月08日)
アイコン画像RAOSU
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年09月19日)
アイコン画像MASA
» 祝!風影さま、ご帰還記念!! (2008年09月15日)
Yapme!一覧
読者になる