ハック&スラッシュで評価谷口五月の高いPCゲーム

November 15 [Tue], 2016, 5:46
以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております. オンラインゲームポータル「MK-STYLE」を運営する企業C&C Media Co.,Ltd.(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 呉 東和、以下: C&Cメディア)と、Runic Games, Inc.(本社: アメリカ合衆国ワシントン州、CEO: Max Schaefer、以下: Runic Games)は、PCゲーム『TorchlightII(仮)』日本国内に向けて、同作品の完全日本語版の販売を決定することをお知らせ致します. ◆『TorchlightII』とは 『TorchlightII』は、Runic Gamesが開発した3DアクションRPG(ハック&スラッシュ)で、剣と魔法によるオーソドックスなファンタジーでありながら、奥深いやりこみ要素が有りかつ膨大なコンテンツ量が特徴の作品です. 2012年9月からRunic Gamesポータルサイト及びPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」に販売しております. 世界各国で高い評価を受けており、特に北米の大手ゲームメディアであるIGNでは「2012年最優秀ロールプレイングゲーム(RPG)」に選ばれました. 本作は、従来のハック&スラッシュゲームの高い爽快感、打撃感を損なわず、カートゥーン調での色鮮やかな新しいファンタジーワールドを再現. シリーズ前作『Torchlight』のエピソードを引き継ぎ、世界を悪の手から再び救う為、前英雄たちの歩みを継承する、新たな英雄たちの活躍を描く壮大な冒険譚となっています. ソロプレイに加え、LANによるマルチプレイの対応により、友人と共に大群の魔物に立ち向かい、トレジャーハントを満喫する事ができます. そして、従来からのインターネットによるマルチプレイのサポートにより、心強い仲間として世界中のプレイヤーを呼び集めることが可能です. やりこみ系から多人数PvEまで、幅広いプレイヤー層に楽しんで頂けるタイトルとなっています. この度のC&Cメディアによる完全日本語化によって、日本国内のより多くのプレイヤーに同作品の秘めた魅力をより一層伝えていきます. また、開発元Runic Gamesは、同社のCEOであるMax Schaefer氏らによって設立され、ゲーム開発経験に富んだスタッフが集められました. 培われてきたゲーム開発のノウハウを生かして、世界中のプレイヤーに楽しんでもらえる優秀なコンテンツを提供する事でC&Cメディアと共に日本のゲーム市場に新たなエネルギーを注入し、手を取り合って、一層の事業成長を図って参ります. 販売日程に関しましては、現時点で正式販売開始時期は2013年春とさせて頂きます. 販売価格、手段、ユーザーサポート及び追加コンテンツは、明らかになり次第お知らせ致します. 【ブログシティ】asahi.com(朝日新聞社): 新日 販売開始まで、『TorchlightII』の魅力及び開発動向はタイトル公式サイト(予定)、各メディア様を通してお伝えして参りますので、どうぞご期待ください. SEED』シリーズの集大成がPS Vit