土曜ワイド劇場の再放送。

July 11 [Mon], 2011, 19:21
朝、番組表を見て、今日の相棒再放送はどんな話かなと調べてたら、今日は相棒ではなく土曜ワイド劇場の炎の警備隊長五十嵐杜夫の再放送ではないかラッキーって俺どんだけ土曜ワイド好きやねん※ちなみに明日はシリーズ作目新作の放送がある。このドラマ、地味だけどおもしろい。ただ、作目ともなると、五十嵐杜夫がだんだんみたくなってきて、かっこよすぎてちょっと残念。最初はすごい落ちぶれた感じの、普通の警備員だったんですよ。こういっちゃあれだけど、警備員のバイトって、夜勤だと比較的時給がいいし、特に資格や技術がなくてもやれるからみたいな志望動機で、猛烈にやりがいがある仕事ではないじゃないですか。イメージ的に。実際初期の作品って、お金が必要だからやってるだけって感じのフリーターたちばかりなんですよ。五十嵐隊長の部下は。みんな警備員にやりがいとか使命感とかないっすよって。そして五十嵐杜夫は元レスキュー隊の隊長だったわけですが、火災現場で部下を殉職させてしまって、責任を取って退職した人。今の警備会社に中途採用で入社したんです。だから、周りからは落ちぶれたおっさんに見られてて、部下たちも全然言うこと聞かないわけですよ。で、毎回五十嵐の現場で事件が起きるんですが、五十嵐が寡黙ながら猛烈なリーダーシップを発揮して、事件を解決に導くというお話。部下たちも五十嵐の背中を見てるうちに、だんだん警備の仕事に誇りを持ようになるんです。そこが楽しい感動して俺も警備員になろうかとさえ思う。でも俺、極度の汗かきなんで、あの制服着て立ちっぱなしは無理このぐうたらな俺にできそうなバイトといえば、座ってやれて、服装もカジュアルな交通量調査くらいかな。そうだ。今度炎の交通量調査員きれんじ親方というシナリオを書いて、テレビ朝日に送ってみようあるいは炎のパチンコ店景品交換所従業員きれんじ親方とか。炎の冷凍倉庫内作業員きれんじ親方とか。毎回、冷凍庫で凍死した遺体が発見されて、きれんじ親方が猛烈なリーダーシップを発揮して事件を解決できるわけない残念
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ina2v8vmba
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ina2v8vmba/index1_0.rdf