みたらしの乱 

June 20 [Fri], 2008, 12:35
どうも。

最近立て続けに2個も企画書を作成し、睡眠不足のいなです。
企画書作成スキルが上がってきたことを実感する反面、あと2個作成せないかん思うとちょっと憂鬱。。。

最近中国の古代哲学にハマってます。

古きを温れて新しきを知るとは正にこの事。
偉人が残した言葉は、現代のビジネスシーンにも十分使えるものばかり。っていうか人間としてどう生きるべきかとか諭してくれる。僕の諭という名は諭されるという意味なのかも。

この3日で三国志読破。今日から論語に突入です。

最近読んだ別の本にも母国の文学、美を学んでこそ品格を持てると書いてあり共感したのです。
しかし、僕は日本人なんですけどね、何で中国文学学んどんのやろ。。。笑


いやーしかしもうすぐ北京五輪ですねー


世界が注目する経済発展とは裏腹に、未だかつて世界的なイベントをなし得ていない中国国民にとってやはり北京五輪は母国の実力を世界に知らしめる一大イベント。

街中を見ても何処も彼処も五輪一色。

しかしこの前乗ったタクシーの運ちゃんが言っとった。

「こっちはガソリンが高騰して五輪どころじゃないよ。多分数年後にはタクシーの数激減するだろうね。」

確かに五輪は世界的な一代イベントで、中国にとって更に飛躍できるチャンスだけど、それは政治家だとか企業人にとっての話で、中流階級以下の人間にとっては五輪よりも明日の生活が大事みたい。

そして僕ら留学生にとっても今回の五輪は貴重な体験ができる又と無いチャンス。国民、街、国家が変わるであろうこの時期に、中国に居ないなんて中国留学の8割損したのも同然。

って単純なことも分からない留学生が大多数。ほとんどの人が日本に一時帰国するっぽい。

もったいな。絶対後悔するわ。

就職の面接の時、「北京五輪どうだった?」て聞かれたらどうするんやろ。

「日本帰ってました。」なんて言うつもりかいな。

先見の目が無さすぎる。。。



いやー


それにしてもモチベーションが上がらん。

支離滅裂。 

June 01 [Sun], 2008, 21:18
完全に放置してました。ってかせざる得ませんでした。

数ヶ月前に買ったばかりの新品のパソコン置き引きに遭いましてねー

ふ〜

最近の生活は凄く落ち着いてます。あれだけ怒濤の日々を過ごしていたせいか、凄く退屈に思える。やることはあるんですけどね〜
もっとガチガチにスケージュール固めて、目紛しく動き回っていたい。

そんな僕に社会人の先輩から朗報が飛び込んできました。

関ヶ原という名の15対15の合コン。

聞いた瞬間テンション上がりましたよ。何てったって14人も社会人が来るんですよ。駐在員も絶対おるはず。正直女性陣はどうでもいい。熱い人に会える、そう思ってテンションが上がった訳です。
合コンに見出す価値感がおかしいですよね。。。別にゲイな訳でもないですから。

んで昨日行ってきた訳です。

予測通り!いました熱い人。某総合商社の方、某大手保険会社の方。。

合コンそっちのけでディベートしてました。女性陣には失礼だったかもしれませんがしょうがない。
会場抜け出して話し出す始末。完全にkYですね。

やはり昨日もゲットしたのは男性の番号だけでしたね。これがゲイと言われる一つの所以かも。。

凄い満足してたんですけどね、一つ嫌な事がありました。


テンション下がるってか腹立ちましたね。アイツの事は上海で俺が一番知ってるし、今までの過程から今後の事まで全て知ってる。自分から見て申し分の無い関係だったから余計に悲しかった。

帰りに説教してやりました。

その話し合いの中で彼が言った一言は、今の自分を全否定するものだった。

まーでも彼は彼の価値観で、俺は俺の価値観。

よく意味が分からないでしょうけど、詳細書くの面倒なんで省略。



この日記を見ているぺに告ぐ、見返してやろうぜ!!!!!!!!



以上。

言の葉。 

April 24 [Thu], 2008, 16:39
ども。

展示会4日目を迎えました。
本日クライアントの方々も日本に帰国され、やっと一段落。怒濤の4日間だったな。

客足の方も順調です。バイヤーの反応も良好で大満足。


半年前からずっと描いていたビジョンが現実になった今感じるのは、過信では無い自分に対する確かな自信と、達成感。当日は全く実感が無かったけど、お客さんの満面の笑み、周りからの声援を聞く度、内側からじわじわと沸き上がるものがありました。

僕は一つ夢を叶えた。

何て幸運な事でしょうか。世界の夢を持つ全ての人の中で、僕は今一つ夢を叶えることができた。決して自分だけの力ではない。支えてくれる全ての人、自分を取り巻く環境、全てがラッキーだった。

成功した秘訣を成功者に訪ねると、よく運がよかったなんて不真面目に聞こえがちなコメントが返ってくるけど、今その気持ちが分かる。

確かに自分の熱意があってこその周りの環境であって支えてくれる人がある。自分で築いた環境だ。
しかし、受けた恩恵の方が自分の努力より何百倍も何千倍にも感じる。

運が良かったとしか思えない。

いくら不利でも、いくら苦しくても気の持ち次第で向かい風が追い風に変わる。自分にとっての全てが有利になる。そうなれば相乗効果が生まれ、曖昧だった信念が確かなものへと変化し、揺るがない信念としてモチベーションに更に拍車を懸ける。

ツイテル。ツイテル。ツイテル。

辛い時、苦しい時、僕は心の中で何度も唱えた。

昔どこかの誰かが教えてくれた言葉。


人の夢と書いて「儚」

明確な目標としての夢は確かに消えるけど、諦めるのでは無く、達成して消え去った後に「夢」は僕に多くのことを与えてくれたと気付くことができる。


こうやって人は少しずつ成長していくんだろうな。

おならの黄金時代。 

April 06 [Sun], 2008, 20:17
ども。

展示会まであと二週間を迎えております。自宅からいなが御送り致します。
あと二週間ともあり、展示会場、弊社オフィスの内装に取り掛かっている段階です。

服を展示する訳ですので、もちろんマネキンが必要。

しかし、ここは中国。

探せど探せど見つかるのは変なマネキン。


ピカソが手掛けたと思わせるような目が描いてあるマネキン。直視すると恐い。

頭から数本の毛が生えているマネキン。他の毛は抜け落ちたのでしょうか。

何故か爆笑しているマネキン。見てて清々しいです。

乳首がズレてるマネキン。ポリスマン思い出しました。

。。。。。


マネキン。。。一番のネックです。



あとはハンガーやラックなんかもなかなか手に入らない状況。
んー
実に不味い。

対バイヤーパンフレットを作成し、バイヤーへの営業も行っております。

昨日行った営業先のバイヤーが美人さんで興奮して鼻水出ました。


そして土曜日ということもあり、珍しく早めに就寝した訳です。

。。。。。。。。。。










チャラッチャチャララッチャ〜チャラッチャチャララッチャ〜


実に不快な音楽。

夜中の2時を回っていました。そんな事もおかまい無しに鳴り響く携帯に手を伸ばし、寝起きで出せる最大声量で電話に出ました。

「あ、いな〜?今日イベントやってんねん。もうすぐ俺回すから来てや〜」


寝かせてください。。。なんでこんな時間に呼ぶのですか。。。

しかし、友達を大切にというコンセプトを掲げる僕は、呼ばれたら行く性なので、酷い髪型で、酷い服に身を包み、酷い顔で家を出たのでした。

会場に到着すると、丁度友達が回してる最中でした。※彼はDJなので。卑猥な意味では御座いません。

彼に挨拶し、眠い目を擦りながらカウンターに座った訳です。

飲み放題やし、飲まな損やな思うてラムコークを一杯ガブ飲みしたりました。

寝起きとは実に恐い。ラムコーク一杯で身体中が熱い。なんかテンション上がってきてもう一杯ラムコークをガブ飲み。更にもう一杯。更に。。。。

カウンターでテンション上がっとると一人の男に話かけられました。

「いな君だよね?」

誰ですか?
よく似た手口でゲイが近寄ってくるのですが、名指しされたのでちょっとびっくり。
よくわからんど、以前どっかで会ったことあったみたいです。
そしたら彼の連れだと思われる男軍団がぞろぞろ。

それぞれ自己紹介をされました。


この時気付いた。


以前から噂は聞いていましたが、実際に会ったのは初めて。
 
留学生、社会人間で名を轟かせる日本人グループ、Kファミリー。

彼らが有名な所以。それは女遊び。

新入生が入ってくる度に、野獣の様に食い付き、被害者は星の数程。。。それは言い過ぎか。
とりあえず女遊びが激しいんです。

変な所で探究心に火が着く僕は、潜入捜査を決行しました。

結果。。。

出るわ出るわ知ってる名前。ってか友達。ドン引きです。

28歳で仕事もせず親の脛齧っとるこの人らも馬鹿やけど、こんなしょうもない男に引っかかる女も馬鹿やな思いました。
留学生の最悪な例ですね。

馬鹿な年上の為にキャラ創るの疲れるわ。

こんなしょうもない男にならんと心に深く刻み、帰って爆睡しましたとさ。











モモンガガモン。 

April 03 [Thu], 2008, 13:41
以前お食事をご一緒させていただいたTV東京のTさん。

リアルにドキュメンタリーの取材依頼されました。






えええええええええええええええええええええええええええ!




無理無理無理無理!
俺そんな器じゃねえ!!

ホンマに嫌!

以前から話はあったのですが、リアルになるなんて。。。




更にやらねば。。。


あー。。。

体毛激戦区。 

March 28 [Fri], 2008, 21:28
どうも。

昨日無事に上海帰還致しましたいなです。

香港最後の一日はとても充実したものとなりました。




日本四代総合商社の一つ伊藤忠商事の香港駐在員の方とお食事に行かせていただきました。
伊藤忠商事を総合商社ですが、特に繊維部門が有名でアパレルを志す自分としてはかなり興味深い。ってか密かに狙ってます。
日本の数多くのブランドはこの伊藤忠を通して展開しているので、自分の中で伊藤忠=アパレルというイメージが強かったのですが、調べてみると香港の地下鉄の車両なども手掛けており、展開の幅の広さを感じた。また、展開の幅だけでなく、特に人材の教育に力を入れており、社内ベンチャーなどのチャンスが社員にもある優良企業。僕の中で人材教育に投資する=優良企業なのでかなり魅力的。
しかし、最近早慶上智、などの有名大学からの人気も非常に高く、TOEICボーダー800という話も聞いたことがある。学歴の無い僕には雲の上の存在。

自分の中でかなり+イメージだったので、社員から見た伊藤忠をリアルな意見として聞きたかった。

そんな思いを抱えながら待ち合わせ場所で待っていた訳です。

遅れて登場されたHさん、イケメン+高学歴+伊藤忠+海外駐在+めっちゃオシャレという完璧人間。
さり気なくラフシモンズのニットベスト着こなしてらっしゃいました。

とてもフランクな方で喋り易いし、世間話をしながら韓国料理屋へ。友達を連れてくると仰っていたので、楽しみにしていたらそこに居たのはHさんの奥さん、バンダイ香港駐在員のBさんとその彼女さん。僕を含め計5人でお食事が開始。

けっこうお固いイメージを想像していたのですが、皆さんとてもフランクな方々で少し安心。ビールを飲みながら焼き肉に舌鼓を打った訳です。
話を聞いているとこのBさん、世界のバンダイで今年ベスト社員賞を受賞されたそう。鼻水出ましたびっくりして。

Bさんが言った一言、「俺は子供達の笑顔の為に、会社で戦っている。」

鳥肌が立った。

例え会社という枠に嵌ったとしても、自分の考えで自分のスタイルで仕事というものに価値を見出したい。出来る社員と出来ない社員の違いはここだと思う。どんなコンセプトを掲げ仕事に取り組み、仕事を楽しめているか。気の持ち次第で吸収力も変わるし、結果にも繋がる。コンセプトも掲げず、ただ給料だけに価値を見出したところで、成長できるはずもないし、結果が残るはずが無い。そんな社会人になりたくない。確かに今学生という立場は非常に自分を貫き易い。会社に所属しても自分のスタイルを貫ける為に、社会でも通用する「自分」でいれるように、学生の今、自分というブランドを確立させなければ。

お二方に学生のうちやるべき事に訪ねたところ

「遊べ。」と言われた。

遊びの中で学んだ知恵が社会で生きる。

確かに分かる。確かに分かるけど、高学歴だからこそ言えることなんじゃないでしょうか。
僕には学歴が無く、常に学歴社会の壁を打破する手段を考えている。学歴という手形が無くとも、自分というブランドだけで戦って行くしかないと思っている。だからこそ僕は、常にストイックに突っ走っていたい。今までそうしてきた。

上海に来たばかりの頃、常に貪欲に、常にストイックに中国語学習に専念した。街に出て中国人に話しかけてみたり、中国人学科の授業に潜り込んだりもした。その中で得た知恵は今でも生きている。

しかし、二年目に過ごした堕落した生活は無駄にしか思えない。毎日遊んで、酒飲んで。。
その時感じたのは、時間投資の割に成長していない自分への嫌悪感だった。費用対効果皆無。

今、僕は突っ走っている。でもただ突っ走っている訳じゃない。苦しい中にも喜びを見出し、常に前向きに楽しんでいる。
たまに立ち止まったり、後ろを見るのも大事なんて周りに言われるけど、そんな事する時間の余裕は無い。むしろ立ち止まったり、後ろを見る方が不安。だから後ろを見ながら前に走るのが僕のスタイル。
怒濤の日々の中で遊び心を織り交ぜるのが僕のスタイル。うん。


他にも色々話しました。

香港におけるコンプライアンスの問題、法律的な違い、マカオ、深圳、香港の投資情報、一企業人としての今後の展望。もちろん伊藤忠とバンダイという企業について。

色々考えたけど、過信の無い自信を得る為、僕は今のスタイルを貫く。


本当にこの二人に会えてよかった。はっきり言って上司に一生着いていく気は無い。根本的な考えが真逆だから。はっきり言ってこの半年不満だった。確かにビジネス的な知識、スキルは学べたと思う。でも不満だった。もっと根本的な人間性、思考回路を培いたい。そう考えた時に自分に人間としての師がいないということに気がついた。

今回香港の旅で得たもの。


「師」





やはりこの旅に意味があった。




うっし!

小生のジャジャ丸。 

March 25 [Tue], 2008, 15:53
ども。

昨日は何か凝りが残る出来事。

道を歩いていると、中国語で話しかけられた。香港で聞き慣れない上海訛りの標準語。
スーツもしっかりとした生地、縫製で、中国人には珍しい気品を感じるビジネスマンだった。
話を聞くに、本社は北京、そして上海の浦東にオフィスを構えるアパレル会社の副総経理。名刺を渡され、住所を確認すると、確かに存在する道の名前とビルの名前。
友達と逸れて困っている、助けてほしいとの事。

僕はこの香港の旅に絶対自分にとって大切な何かを得る機会だと常に思っていた。それはコネクションかもしれないし、精神的な何か或は知識かもしれないと。
遂に来たかと。そう思った。

次の言葉を聞くまでは。


どうすればいい?自分に何ができる?と訪ねると、

「お金を貸してほしい。」

詐欺だ。ほぼ確信した。

その後もう一人のビジネスマンも入ってきて、必死に頼まれた。

明日会社の人間が香港に到着する為、一食分の飯代だけでいい。必ず明日返しますと。
でも信用できなかった。見た目で人を判断するものじゃないし、何より彼らの情報が少なすぎた。

だから結局断った。

その時の彼らの表情は真剣に困った様子だった。
そこがずっとどっかで引っかかっている。

普通に考えて、もし友人と逸れても大の男二人居れば、お金に困る筈が無い。銀行なら腐る程あるし、ビジネスで来ているなら国際電話を持ち合わせるのが普通。連絡を取れば会える。

でも、もし仮にその友人が彼らの秘書で、彼らのスケージュール、現金、カード、携帯電話など一括して所有していたのなら、有り得る話。しかもあの共通語はかなりの教養が無いと話せない。上海に詐欺師は腐る程いるけど、ビジネスマナーを感じさせるあの話し方をする詐欺師は絶対に居ない。ビジネスに従事している人でさえ、出来ない人が多いと思う。それくらい教養と経験が必要。
何故そんな人が香港で詐欺をする必要があるのか。やろうと思えば上海でも出来る。旅行客多いし。
要求された額もたった100HKD。本当に二人分の食事代。
詐欺で生計立てているなら有り得ない話。

んー

矛盾点というか、曖昧な部分が多すぎてよくわからん。

もし彼らの正体が詐欺師なら、外見、中身が伴ったあのクオリティは素晴らしい。相当のやり手でしょう。脱帽です。

もし、彼らの言っていた事が全て事実で、本当に困っていたのなら。。。。



まーでも結局僕の意思で判断したのだから、今回の旅とは無縁の事件だったんでしょう。断る運命だったのです。

運命は変えられるとよく言うけれど、僕は変えれないと思う。変えようと努力することも運命だと思うから。結局は運命の下に時間が流れていく。


今日の晩は、伊藤忠のHさんと連絡が取れたので、都合が合えば一緒にお食事に行く約束をしました。
Hさんの奥さんと香港バンダイの駐在員の方とその彼女。
なんか一人だけ学生やし、もし彼女が欧米人やったらどうしようとか不安があるけど、でもわくわくが100倍です。

いっぱい盗んで帰ってやろう。






コワッパニモ? 

March 24 [Mon], 2008, 16:19
皆さんこんにちは。

僕は今何故か香港にいます。何故でしょう。未だに何故香港にいるか自分でも理解できてません。一昨日の便で中国、深圳に到着し、昨日香港に入国しました。

簡単に説明すると犯罪者だったので香港に居る訳です。

上海から深圳経由で香港までの事をとりあえず書き留めたいと思います。



深圳空港に到着したのは、一昨日の午後11時。到着したのはいいものの一人やし、見知らぬ土地やし、何処行っていいか分からん状態。でも見知らぬ土地に行くとわくわくしてしまうのが僕の性。
テンション上がって、タクシー乗って、とりあえず一番栄えてる所に連れて行ってくれと言いました。
言ったはいいものの、ノープラン。泊まる所もなければ、行きたい所も無い。その事をタクシーの運ちゃんに伝えると、携帯電話と業務用トランシーバーを駆使してホテルを探してくれた。正直運転に集中してくれと心の中で密かに思いましたが、僕なんかの為に一生懸命に頑張ってくれている姿がとても嬉しかった。
土曜日だということもあって、何処のホテルも満室の状態。それでも諦めず粘る運ちゃん。応援する僕。加速を増すタクシー。。。

何やかんやでホテルも見つかり、無事ホテルまで到着しました。ただ、タクシー代がめちゃめちゃ高い。走りよる時に気づいたけど、上海に比べ深圳の方がタクシー代が高い。高額のタクシー代+僕のプライスレスな笑顔をタクシーの運ちゃんに渡し、運ちゃんとはバイバイしました。

さて、早速ホテルの受付へ。

僕「先程予約した者ですけども。」

受「ああ。女の子は細いのとぽっちゃりどっちが好き?」

僕「は?細い方が好きですけど。。。」

受「やっぱり色白い方がいいよね?」

僕「まあ・・・」

受「じゃあ着いて来て。」

その後部屋に案内され、説明を受け一段落と思いきや

受「長旅でお疲れだろうから、まずは先に休みな。後で女の子連れてくるから。とびっきりの美人。」

僕「っは?」

受「今回は特別に300元にしといてあげるよ。ゴムはあそこにあるから自由に使って。」

僕「売春ですか?必要ないです。」

受「値段が高いか?じゃあいくらがいい?言ってみな。質は落ちるけどね。」

僕「いややからいらんって。」

受「深圳なら当たり前なのに珍しい客だ。じゃあごゆっくり。」


以前から噂には聞いていたけど、実際に来てみるとリアルすぎる。深圳経由で香港に入る旅行客を狙っているのだろう。どうもホテルと風俗が業務提携して行っているようだ。今まで何人の客が宿泊し、何人の客がこのサービスを利用したのだろうか。そして何人の客がエイズという深圳の名産物を貰って母国に帰ったのだろうか。考えると恐くなった。後で聞いた話だが、深圳には家族ぐるみで風俗業を営んでいる家庭も少なくなく、母親が客の勧誘をし、娘を提供するといった何とも悲しい現実が深圳にはあるそうだ。中国本土の農村部から都市部に身体を売りに来る人も少なくない。特に深圳は、中国全土から農村部の少女が集結し、毎晩のように身体を売っているという。

興味本位で調べてみた。掲示板に乱立するトピック、大量の卑劣なコメント。どうやら深圳のそれを目的に来る日本人旅行客も少なくないようだ。よく南京大虐殺時代の日本人と現代の日本人は違うと言うが、こいつらは何一つ変わっちゃいない。現代に語り継がれる国家としての過ち、日本人としての過ち。過ぎた事は関係無い?失敗を経験として学ばなければ意味が無い。いくら過去の過ちでも、いくら自分じゃなかろうと、同じ日本人として恥じ、反省すべきだ。
以前中国人の友達に「日本人はセックス好きだもんね。」と言われたことがある。歴史的背景が反映された奥が深い一言。悲しかった。
現代に生存する危険な思想を持つ古日本人共よ、恥を知れ!!!!!!!!!!!!!


腐った世の中。。。

その後も、電話が鳴ったり、直接部屋に訪ねて来たりと、幾度となく営業かけられたんですが、断固として受け入れませんでした。見習え!俺を!!

んで次の日香港に入国したのです。

二年前に一度訪れたことあったのですが、記憶に薄く、何処に行けばよいか分からなかったので、その辺の人に聞きまくりました。それにしても物価が高い。市内モンコックまでの電車20HKD。中国と為替のレート自体はあまり変わらない(HKD=RMB)のですが、物価が違いすぎる。上海だったら5元なのに。。。モンコックを散策し、安そうなホテルを発見したが500HKDなんて言われまして、もうビックリマンのドキドキ学園だった訳です。まあ、その後何やかんやでホテル見つかりました。
犯罪者の巣らしいけど。。。アフリカンとインド人しかおらんけど。。。。

ホテルに荷物を置き、香港散策へ。

尖沙咀周辺を散策しつつ、B級グルメを嗜みつつ、タイ人から変な勧誘を受けつつ、船に乗りいざ香港島へ。香港島はオフィス街で、所謂百万$の夜景が有名なスポット。

オフィス街を歩いていると、なんか人がいっぱいおる。しかも東南アジア?かその辺っぽい人ばっかり。一カ所かと思ったら歩くに連れて益々増え、気づけば周り一帯東南アジア!しかも皆座って飯食ってたり、トランプしてたり、雑誌読んでたり、まるでコンサート待ちのファン。でもこの近辺でそんなイベントも無く、最初ホームレスかと思ったが、ケンタッキーのバケツむしゃむしゃ食っとる人もおるし意味がわからん。しかも全員女性で皆爆笑して楽しそう。ホントに意味がわからん。彼女達は何してんの!?何で爆笑してんの!??

つられて僕も爆笑してしまいました。

謎。マジで謎だ。軽く2000〜3000人はいたんじゃないでしょうか。今世紀最大の謎だ。。。



序所に夜もふけ初め、辺りが暗くなりだすとイルミネーションがめっちゃ綺麗。香港という街、イルミネーション、カップルが創り出したロマンティックな雰囲気の中、僕はコンビ二で買ったどら焼きをほおばってやりました。

やっぱ香港はいいですね。今度は一人ではなく、大切な人と旅行したいものです。
んでホテルに戻り、本日を迎え、今に至る訳です。

今スタバで日記を書いております。

とりあえず今日のホテルどうしよう。伊藤忠の人にコンタクトとったのにメール帰ってこんし。。。




とりあえず東南アジア達の様子見に行ってみるかな。








午後の発汗作用。 

March 21 [Fri], 2008, 15:35
昨日はTV東京の上海支局長の方とお食事に行きました。

立場を弁えず、営利目的で活動するメディアの方々は正直嫌いですがこの方は違った。メディアがあるべき姿、メディアという立場をしっかり弁えてらっしゃり、流石という感じ。

「メディアとは最もコンプライアンスも守らなければならない立場。」という言葉に感動させられました。
家族、仕事、人生に対する姿勢も男として尊敬でき、話聞いててわくわくしました。

僕も負けてられません。

自分の価値観、夢、ファッションショーを熱く語ってやったぜ。
某Y君に「いなさんは熱く語りすぎるところたまに傷だよね。」と言われたことがありますが、これが僕の魅力の一つでもある思うので改善しようという気は全くありません。

「社会貢献」には様々の形があると思う。ボランティアも一種の社会貢献ですが、先進国の幸せの価値観を押し付ける物理的エゴにしか思えないのであまり好きではありません。否定はしません。ただあまり好きではない。

ファッションは素晴らしい。その日のスタイル、色、髪型、化粧で外見が変わることで精神的にも変化がある。明るくなったり、穏やかになったり、アクティブになったり、勇気が出たり、自信が出たり。。。
ファッションをツールにすれば精神的な社会貢献が可能。そう思う。
そして人が外見的にも内面的にも華やかになれば、街が華やかに。街が華やかになれば国が華やかに成る。つまり国家レベルでの社会貢献をも成し得るツール。

更に多くの選択肢を与え、もっと感情、精神面が幅広く、もっと自分オリジナルの色を見出してもらえればそれでいい。


自分が信じた道は王道。絶対に成功させる。





crimson shanghai 

March 14 [Fri], 2008, 17:05
明日クライアントである参加ブランドの方々が上海にお越しになられます。

お陰でばたばた。

企画書 ok

DMフォーマットok

媒体資料。。。まずい


やばい。

やばいやばい。







行くぞ皆の衆。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いな
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1986年8月29日
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション-NeIL BarreTT ,nozomi ishiguro gold, trove
    ・音楽-UKロック
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
» みたらしの乱 (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» みたらしの乱 (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» みたらしの乱 (2008年10月14日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» みたらしの乱 (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» みたらしの乱 (2008年10月09日)
アイコン画像きりひと
» みたらしの乱 (2008年10月03日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» みたらしの乱 (2008年10月03日)
アイコン画像RAOSU
» みたらしの乱 (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» みたらしの乱 (2008年09月25日)
アイコン画像MASA
» みたらしの乱 (2008年09月15日)