曽根だけど宮崎

June 26 [Mon], 2017, 9:15
株式取引にはリスクがあります。なので、株式投資の初心者のときは、まず投資信託で資産の運用を考えるのも良い選択です。投資信託は投資の専門家が多くの有利な投資先に幅広く小さく分けて投資するので、安全で初心者に最もおすすめの運用法のひとつと考えられます。

私は、とある株式会社が株主に与える優待制度が得たいために株式取引を開始したビギナーです。やっと最近、株式を購入したり、売ったりするのが難しく感じなくなってきました。
株主優待も色々あり、株式を保有している会社の商品がもらえたり、ショッピングでは割引になったりするので、どの銘柄に投資しようか悩んでしまいます。


私は好きな有名どころの株を所有しています。


年に一度、配当をもらえるのですが、その配当で出たお金だけでなく優待で様々なものがついてくるのが利点です。


中でも好きなメーカーからもらえると、もっともっと頑張って欲しいなあという気持ちになります。
株式を購入する初心者に是非とも記憶してほしい言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがという言葉が存在します。

株で利潤を得るにはこの二つの言葉を忘れないでおいてください。



キャピタルゲインは株式売買で発生する利鞘のことです。一例としては、1万円で買った株式を2万円で売却すれば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。

株を持つ場合、自らの資金への利回りを意識してしまうと思います。

銀行に預けた場合にも大して利息がつくことのない現在では、投資信託や定期預金、国債や債券に比べ、利回りが良いものでなくては投資の意味がまったくありません。きっちりと利回りを意識しながら投資を行うことが重要なのです。
多くの人がそうだと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、新米でチャートの見方がわかりませんでした。


今も完全にわかるというわけではないのですが、「きっとこうだろう」といった見方があって、ちゃんと参考にしています。
それでも、今でもたまに誤ってしまう時もあります。
株の収益とは、株価が変動したことで発生した利益と、会社から配当で支払われる金銭という利益の二つのパターンがあります。
株価の変動を見極めるのは難しいと思っている初心者の方は、株価が安定するようになっている一定の配当を毎期ごとに支払っている会社の株を買うことにより、配当によって定期的な収入を目的にするのも良い投資方法の一つだと思います。


株の初心者からベテランまで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均株価です。
日経平均とはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本代表の全部で225社の株価を平均したものをいいます。
始めて間もない人でも毎日継続して日経平均をチェックすることで、株価の大きいトレンドが把握できるようになってくるのです。

賃金はいつまで経っても上がらないのに物価だけは引き上げようとやけに政府は熱心です。



物価が上がるならば企業の収益力も上がり、その結果、株価上昇に繋がることになります。


銀行に手付かずの余剰資金などがあるのならば、株の投資を始めてみると良いです。株の始め方はとても簡単です。


証券会社に口座を作るだけでよいのです。現在はネット証券といったものもありますから、取引自体もスムーズにできます。

アベノミクスという言葉が流行していたので、私は、知識を持たないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。
はじめは全然儲からず、含み損でヒーヒー言っていたのですが、このごろは景気が改善したのか、私のスキルがよくなったのか利益が出るように結果が出てきました。

株の初心者が初めから、難易度のある売買をするのは避けた方が身のためです。仮に、株では空売りをして利益を得るやり方があります。空売りというのは、売りから始める信用取引です。空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を出せる可能性があります。

しかし、リスクもあるので、空売りは株の売買が十分つかめるようになってから行うべきといえるのです。

株式投資はきわめて魅力的な投資の手だてのひとつです。ですが、株の売買にはもろもろのリスクもあります。株の主な危険としては、値下がりの危険、流動性の危険、倒産の危険などがあります。

株式投資は定期預金などとは別で、元本が保証されていません。

株の初心者は、その危うさを十分に認識して注意深く投資を行う必要があります。株式投資の新人から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと聞かれたら、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資を始めるのはきついと思います。


その裏付けは、これくらいの原資があれば上場されている多数のジャンルの中から目についた投資先を取捨選択することができるからです。投資の初心者が株式投資を始めたいと考えついたときは、できるだけ安全な資産運用のやり方を検討する必要があります。


いきなり個別株を取引するよりも、初めはファンドなどから取引してみるのがよいかもしれません。

その次に、少し理解できるようになってから実際に株式の売買を行うとよいでしょう。株をやるのが初めての方が、決算書をまず読もうと思っても、書いてある情報がまったく理解できないことでしょう。
けれども、不安にならなくても大丈夫です。
株の投資では、短期の売買に決めれば決算書を気にせず利益をあげられるからです。


株式を売ったことで、利益となった場合の税金は申告分離課税が原則となりますが、証券会社に開設した特定口座での取引の際はその人の代わりに、その都度、20%の税金を源泉徴収してくれるのです。


確定申告による手間が省ける手軽な制度ですが、損失繰越をする際などは確定申告は必要なのです。株式投資の分野ではテクニカル指標を活用して株の投資をしている方たちがたくさんいます。


それにより、株への資金投入の初心者もテクニカル指標については一通り、書籍などで学んでから株式の売買などをスタートした方が、勝つ割合が高くなると考えられます。初めて株取引をされるなら確定申告への備えとして、源泉徴収ありの特定口座を開設することをご提案します。
面倒くさい確定申告の調査や作業にかける時間を短くして、その代り、株式投資のための情報を集めることに労力を使うことができるからです。自分は最近、株を始めたばかりのビギナーです。

株を取得し、ある程度得したら、いち早く売るべきなのか、反対に、長期保有した方が利益になるのか分からず、未だに悩んでいます。



長い期間、保有していれば、優待が利用できるので、悩ましいポイントです。私は最近、株を始めたばかりの新米で、株式初心者用の本を購入し、熟読しています。


参考にできそうな本も多いものの、「あれれ?こちらの本と書かれていることが違うきがするな?」と多少疑ってしまうような本もあったのですが、良いところも悪いところも全部を勉強していきたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優斗
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/in1r55e7tornps/index1_0.rdf