花岡のよしの

May 18 [Thu], 2017, 17:43
少し前に、友人と共に脱毛サロンに脱毛をしに行ってきました。
お試し体験として行ったんですが、どれを試したらいいかメニューを聞くと、全身脱毛コースを勧められました。サロン自体もお洒落な雰囲気で待ち時間もいい気分で過ごせました。

施術も素晴らしく、スタッフの愛想も良く、大変素晴らしい内容でした。
ムダ毛が一切なくなるまでに脱毛サロンに何回通うかは、その人次第で違いが出ます。ムダな毛の濃さは個人によって違いますから、毛深い方はかなりの回数通うことになります。反対に言うと、ムダ毛が少ししか生えていない方は施術の回数は6回程度で、満足できる可能性があります。脱毛サロンと長く契約を結ぶ時は、脱毛コース終了後の追加契約についても聞いてください。
最近、ほとんどの脱毛サロンでは、新規顧客を得ようと体験キャンペーンを破格の値段でやっています。
このような体験キャンペーンを組み合わせて利用し、安価で脱毛を仕上げてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と呼んでいます。

脱毛サロンを掛け持つと得のようですが、カウンセリングも複数回になってしまうのは、面倒くさいと思う人もいるでしょう。

脱毛方法としてワックス脱毛を採用している方が少なくありません。

中には、オリジナルのワックスを作り、脱毛に挑む方もいらっしゃいます。
ところが、ムダ毛を毛抜きで処理するよりは時間を要しませんが、お肌が相当なダメージを受けていることに変わりないのです。

また、埋没毛のもとになりますので、気をつける必要があります。
ムダ毛のないツルツルのお肌を目指すとき、自己処理から始める人が多いでしょう。近年は、家庭で使える脱毛器もよく売られているのをみかけますので、別に医療用脱毛やエステでの処理は必要ないと思ってしまうのも仕方がないです。


ただ、自己処理で済ませてしまうとプロに任せるのと比べて仕上がりに不満が残りますし、すぐに生えてくるので脱毛の頻度が多くなり、肌には負担が大きくなりますから肌の状態をよく見ておかなくてはいけません。永久脱毛というのはどんな方法で施術されているのかというと、レーザー等の機械を使用して毛や毛根に含まれるメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を作る組織を壊し、永久に毛が生えてこないようにするための方法です。

レーザー脱毛だけじゃなくニードル脱毛という方法がありますが、最近では、レーザーが主流になっています。



どちらにしろ毛を作り出す組織を破壊して毛が生えないようにするのです。

脱毛サロンでお肌をきれいにしてもらったすぐ後は、肌が刺激にさらされるのを避けるよう注意を怠らないでください。


受けた脱毛施術が、どんなものであっても、肌が外からの刺激に過剰に反応する状態になっているのです。



強い日差しの下を歩いたり、お風呂に入ったり、体の凝りをほぐそうと、体を叩いたり、揉んだりすると、肌に何らかのトラブルが起こる確率が高くなります。施術時に注意を受けた事は、従うよう心がけましょう。脱毛クリニックに行き、永久脱毛をしてきました。



3年前から一年間かけ、永久にムダ毛とおさらばできました。

お得な価格の時期だったので、金額は10万円くらいでした。



はじめは背中の脱毛に限ってのつもりだったのですが、7万円くらいの出費だったので、それならば全身脱毛を選んだ方がお得だと思ったので、決意しました。

スベスベのお肌を毛に入れられてとても嬉しいです。以前から、毛深い自分をどうしたらいいのかと悩んでいました。

「毛深いなら脱毛すると楽になるよ」と友達がアドバイスをしてくれて、脱毛してみようと思い、最初の脱毛は、ワキにしてもらいました。脱毛の後、すぐに効果が実感できたので、脱毛する場所を増やしてもらいました。
肌の印象が明るくなったように思いました。さらに、脱毛したい場所が増えて、最後に落ち着いたのは、契約を全身脱毛にするという結果でした。


肌がツルツルしていくのがとっても嬉しいです。

先日、脱毛サロンの特集や脱毛にあたっての注意点が載っていた雑誌を購入して読みました。
生理の期間は肌荒れしやすくなるので、脱毛サロンへ出かける際は生理の間は避けた方が良いと書いてありました。


まったく知識がなかったので、読んでよかったと思いました。来週、永久脱毛のモニターとしてサロンへ行くので、効果に期待しています。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Akari
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる