foolish me 

November 23 [Thu], 2006, 2:01
こうして頭の中ばっかグルグルさせてる自分が
本当に情けなくって
馬鹿らしくなった

好きの気持ち は一回思い込むと
どこまでも果てしなく、心を貪って
雨と雷の音、彼の寝息とセックスピストルズの歌声が
交互に耳から頭、頭から心臓へと流れていった

こんなに幸せなのに
幸せな程、壊したくなる
destruction

もう考えることを辞めたい
想うことを辞めたい
矛盾を止めたい
心臓を止めたい

ほら、一人になると、またこうやって
ずっと続くのが怖くなる
きっといつまで経っても辞められない

頭、空っぽになればいいのに

彼とこれからも一緒に居られますように
Good bye my fuckin' desires...

next step 

November 12 [Sun], 2006, 3:31
ムラのある感情
飽き性な性格
気分屋な心

どうすれば良い

Now, my goal is to finish my story,
but he doesnt let me do that..

why cant i recall my past or memories?
are these really meaningless to recall??

differences between us
how can i get there?

remember you 

November 01 [Wed], 2006, 23:03
夢の中で、あの人に会った

大切な彼が側にいるのに
頭の片隅には、いつも あの二人がいる

夢でもあの人を追いかけてるあたしは
別に、また付き合い直したしわけでも、会いたいわけでも何でも無かったのに
何故か頭から出て行かない

誰もがそんな気持ちを抱えているのかな。
----------

頭の中でぐるぐる回る
大切で失いたくない今の恋
ぼろぼろになっても最後まで好きだった2年前の恋
傷つけてしまった・・愛してくれた人との恋

ずっと恋愛ばかりに夢中になって
いつも恋に一生懸命だったのは
思い返すと
寂しかったからかもしれない。

好きになった理由は無いんだと思うけど
きっと今でも心の中を何かで満たしたくて
寂しくて孤独で、泣きたいこころが
誰かに愛されたい
誰かを愛したい
誰かに理解されたい
包まれたい、慰めてもらいたい、抱きしめられたい

そう叫んでるんだ
----------

それでも、あたしは
大切な人が側にいるのに
頭の中は時々ぐるぐるして、心の中は少しもやもやして
でも、今の大切な彼を 心から愛したい、
そんな矛盾。

lets go forward 

October 31 [Tue], 2006, 11:04
小心者なのは昔っから。
でも一回入れば、もう後戻りは出来ない。
今をなんとか変えなくちゃ。

楽はどれだけでも出来るけど
それから這い上がるのが大変。
一回落っこちて、這い上がれるかどうかが勝負なの
つまり、今が勝負ってこと。

何回も落ちては這い上がって、そうやって来たけれど
今の怠惰な生活が一番、楽で幸せで安心するから
でも、このままじゃ前進しない。
罰が後からついてくるような、そんな生活は避けなくっちゃ。
頑張ろう

何でも死ぬ気でやれば出来るって言うけど
今の幸せや安心が、
あたしの昔持ってた死ぬ気を消し去ってく
だんだん、昔の辛かった気持ちなんて忘れて・・
良い事でもあると思うけど
でも、あの頃の辛かった気持ちを忘れない。
あの頃が一番辛かったって、そう思えるように

これからの事なんて、ちっぽけな事だよ。絶対。
そう思って、一歩前に踏み出そう。
今年も後半戦。

too heavy to carry 

October 28 [Sat], 2006, 22:49
重い

no one, but you 

October 27 [Fri], 2006, 21:45
昨日、彼が居なくなった自分を想像したら
あたしは世界中で一番孤独な人間だって思った

もちろん、あたしは沢山の人に恵まれてきて、
今までいっぱいお世話になったし、助けてもらったけれど
彼が居なくなった悲しみをぶつけられる人は
誰一人いなかった。

こんなとき、相談出来る人なんて
誰も、誰もいない

みんなに感謝、沢山の人に感謝って表向きには書いてたけれど
あたしが感謝してるのは、今の彼の存在だけだったのかもしれない
-------
彼は今まで出会った男の中で
一番出来た人間だった。

今までは 
最終的には欲を選ぶような 
そんな、あたしが一番男で嫌いな部分を持ってた
男ばっかり見てきた。

もう男性って存在には、女と男としては関わりたくない。
今までみたいな、消したい思い出にはしたくないから
これ以上、傷つきたくなかったから・・・

でも、彼とずっと一緒に居て、
もしも お互いの存在が お互いにマイナスになってしまうのなら
あたしの存在が 彼のマイナスなら
それなら
あたしは離れるべきだって
昨日そう思ったから。

もし、その時が来たら
あたしはちゃんと受け入れよう

一人、孤独と生きていくの


heart to heart 

October 26 [Thu], 2006, 22:54
一緒に抱き合っていると
彼の気持ちが全てわかってしまうようで怖かった
同じ孤独を抱えていることも、
昔あたしが欲しがっていた彼からの言葉も、
全部が涙になってしまって

あたしは、
あたし達は、
これからどうなっていくんだろう

そんな不安だけが、ただ心の奥にあって
彼と ずっとこうやってはいられない事だけが
唯一、あたしが知っていたことだった。
今のままではいけないことは、言葉に出さなくても
二人共、感じていることだったと思う

でも思い通りにいかない 歯痒さと
離れてゆくことへの孤独が
現実と理想と絡み合って、もつれていって

ただ涙しか出なかった。
何をすればいいのか、動くことが出来ずに
このまま風に吹かれていく。

夢も色褪せて、生きる意味も埋もれていって、
そう思い描くのが怖かった。
でも、それは、すぐ近くに存在しているような気がして

上手くいえないけど・・

I'm with you. 

October 24 [Tue], 2006, 22:53
もう友達も誰も分からない状況と孤独があって
今のあたしには、家族も学校も友達も先生も居なかった。

過去の栄光なんて、今のあたしには無意味で、
ただ今存在している自分が、あたしなんだって思った。

彼もあたしも夢を見て、こっちに二人だけで来た。
二人の生活、二人の孤独、二人の信頼、喧嘩、迷い・・
こっちに来てからは、上手くいかない事ばかりだった。
上手くいかなくて、不安になって、夢を諦めかけて、
もう孤独しか心にはなかった。

それでも、彼が側に居てくれたから
あたしは生きる道を毎日選ぶことが出来た
生活が充実してたけど、死にたいと思っていた毎日よりは
上手く行かなくても、愛されてると感じられる毎日が良いって思えた。

毎日死ぬことしか考えてなかったあの頃は
何もかもがモノクロに見えて
自分が発する言葉も、見せる表情も偽りだった

だから、今の時間は大切にしなきゃいけないんだ。

今はつまづいてばかりだけれど、
あたしが夢を失わないのは
彼が居てくれるお陰で、
そんな彼と居る、あたしの人生が
正しかったと周りに理解してもらえるように
今を頑張って生きなくちゃ。

テレビに映った横浜の夜景を見ながら
こんなところに住みたいと、ポツリと言った彼と
いつか、必ずその夢は叶うから・・
一緒に叶えよう?

Tomorrow 

October 24 [Tue], 2006, 1:29
"Tomorrow"

And I wanna believe you,
When you tell me that it'll be ok,
Ya I try to believe you,
But I don't

When you say that it's gonna be,
It always turns out to be a different way,
I try to believe you,
Not today, today, today, today, today...

I don't know how I'll feel,
tomorrow, tomorrow,
I don't know what to say,
tomorrow, tomorrow
Is a different day

It's always been up to you,
It's turning around,
It's up to me,
I'm gonna do what I have to do,
just don't

by Avril Lavigne

Tomorrow, tomorrow is a different day.

confidence 

October 23 [Mon], 2006, 1:30
不安になって立ち止まったときは

いつも隣に彼が居て、あたしを励ましてくれた。

夢への自信がなくなって

なんだかとても怖くなって

でも、時間ばかりが過ぎてゆく。

今までは全力で走ってきたのに

あたし、どうして、こんなに狭い場所で ひとり、立ち止まっているの?

足元がぐらぐらしていても

夢のかけらだけは、失わないように

あたしは、ぎゅっと、手をにぎった。

今、この時を生きろ。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる