NO TITLE

March 05 [Thu], 2009, 10:08
自分が好きで、相手も好き

それだけで十分なのに・・

なぜ、それ以上を求めてしまうんだろう

好きでいてくれてるって、分かってるハズなのに

他の異性と居たら不安になる

欲張りなのかな?

自分を出せてないだけなのかな?

恋は前途多難、愛に変わったら少しは安心できるかな。。

NO TITLE

February 27 [Fri], 2009, 17:29
いつもと同じ今日。

だけど、そこに「友」が加わると、途端に幸せな気分になる

暗い気持ちも、悲しいことも、嫌な自分も全部忘れてしまう

君と居る、その時間だけは。

思えば、君は僕が人生で初めて友達になろうと言った人だった。

だからこそ、疎通にならないように、離れた後も遊びに誘ったりして会ってた

近づきたくて、知りたくて裏目に出たり

離れすぎて、不安にさせたりして距離をとってた

そうやって君と距離を保っていた。

「友達」以上になれないなら、せめて「良き友」で居よう

偽善者でもいい。。

僕と会って心が落ち着けばいい、君と会って幸せな気持ちになれればいい

欲張らないで、笑顔になれる道を選んだ。

NO TITLE

February 22 [Sun], 2009, 11:59
結ばれることの無い恋

分かってるけれど、運命には逆らえない

貴方の姿を見ると、視線を外せない

貴方の声を聞くと、顔や姿が見えなくたって分かってしまう

胸がドキドキして、顔が赤らんで、足が震える

今にも泣き出しそうなくらい嬉しくて、嬉しくてたまらない

初めて貴方に恋をした

”初恋”は実らないって周りが言うけれど、諦めきれない

だって、こんなにも貴方が好きなんだもの

笑顔で当たって砕けてみよう

「貴方が好きです」

最高の笑顔で・・・

NO TITLE

February 15 [Sun], 2009, 17:37
ずっと、一人でいるはずなのに

突然、心の中に入ってきた

恋なんて・・・ドキドキなんてするはずないのに

心が温かくなって、次第に胸の鼓動が早くなった

強がってても、全部お見通しで

突き放しても、広い心で待っててくれる

いっぱい傷つけてるのに、過去の深い傷をえぐり出しても

貴方は笑って、

「昔のことだよ。もう関係ない」

だなんて、なんで言えるんだろう?

本当は、辛いはずなのに。

怒ってもいいくらいのことは、言ってるはずなのに・・・

あぁ・・また恋をしてしまいそうだ

あなたの笑顔を見ていると、悔しいけど幸せな気分になれるんだ。。

NO TITLE

February 15 [Sun], 2009, 6:59
何もしたくなくて、話したくなくて

全てに面倒くさい

変に苛立って、誰も悪くないのに

勝手に、一人で気分を害してる

物に当たって、人に当たって

何かを伝えようとしたって、何も言わなきゃ分からない

そんなこと、分かってるけど・・・・

情緒不安定な時が、たまにくるんだ

どうすればいい分からない、気がつけば泣いていた。

愛するあの人に、助けを求めたりしていた。。

NO TITLE

February 11 [Wed], 2009, 11:06
大切な日

少なくとも、僕はそう思っている

君は手帳を持たないから、いつも忘れているけれど

代わりに僕が覚えている。

今日は、僕らが出会った記念日

あれから3つの年を越えて、こうしてまた迎えられた

喧嘩ばかりするけれど、それでも僕らは一緒に居る

永遠に、なんて欲張らないから

この幸せが続く限り、一緒に居たいな・・・君はそう思わせてくれる人だから

忙しそうだけれど、今日くらいはいつもより長く居たいな

贈り物が苦手な君に、「愛してる」の言葉と

一輪のバラを添えて。。

NO TITLE

February 08 [Sun], 2009, 9:24
いつになれば、君らは平穏に過ごせるのだろう・・

僕が入ったって、本人同士が理解し合わなきゃ意味が無い

ちょっとじれったくなって、片方にアドバイスしたって

もう片方が良く思ってなかったら、逆効果になってしまう

僕は見ていればいいのかな?

余計なアドバイスなんて、必要ないのかな?

何が友人なんだろう・・正解はあるのかな・・・

暗中模索。答えは出るのかな。。

NO TITLE

February 07 [Sat], 2009, 10:14
また一つ、大切なことを諦めた

嫌じゃないけれど、苦手だったから・・・

そんなことも言えなくて、カッコつけてきれい事を並べた理由

いつでも出来るだなんて、勝手なこと言って遠ざけた

あぁ・・・君に見せたかったな

僕の大きな晴れ舞台を、最高のカタチで見せたかった

本当は照れくさかっただけ。。

変わっていく自分を見るのが、怖かっただけ

真実は、胸の中にしまっておいた

NO TITLE

February 01 [Sun], 2009, 9:38
また、忘れたはずの想いが揺れた

偶然見かけた、貴方に似た人

横顔しか見たことないけど、似すぎて直視できなかった

他の事を考えて、その場を去った

心にあるのは、戸惑いと驚き

違うよね?・・・違うよね?・・・

違う!・・・違う!・・・人違いだよ・・・

力の無い言葉が巡った

だけど、なぜだろう

心が温まって、胸がいっぱいになった。

小さな、小さな幸せが確かにそこにあった。。

NO TITLE

January 30 [Fri], 2009, 23:07
僕の”ハツコイ”が、こんな紙切れで終わった。。

受け取ってしまったら、澄んだ思い出が褪せてしまう

分かっていながら、受け取った

君は笑顔で言った

「ごめんね」

僕は答えた

「うん、ごめん・・・」

本当は、「なぜ?どうして?こんなに好きなのに、なぜ分かってくれない?!」

なんて、感情的に問い正したかったけれど

あのときの僕は、ただカッコつけて気取って、"いい人”を演じて見せた

そんな愚かな記憶。

だけど、君との日々は楽しかった、幸せだった。

真実を隠し通せなかったんだ。。想いが溢れすぎて、どうしようもなくって

だから、僕から終わらせた

君の真実を知りたくて

悔いは無いさ、僕が好きになった君が下した決断だから・・・。

ただ・・・少し涙が頬を伝っているけれど
P R
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像in-heat
» 忘れられない過去 (2007年06月17日)
アイコン画像in-heat
» NO TITLE (2007年06月17日)
アイコン画像in-heat
» NO TITLE (2007年06月17日)
アイコン画像haneto
» 忘れられない過去 (2007年05月23日)
アイコン画像くろにゃん
» NO TITLE (2007年04月30日)
アイコン画像haneto
» NO TITLE (2007年04月09日)
アイコン画像in-heat
» 信じる力 (2007年03月29日)
アイコン画像
» 信じる力 (2007年03月28日)
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/in-heat/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:in-heat
読者になる
Yapme!一覧
読者になる