ジャウーペドラの嶋崎

April 12 [Tue], 2016, 15:51
一般的にラブラドールであれば賢く、しつけが素晴らしければ、潜在能力を目覚めさせられる、頭の良い犬種の1つであると思われます。
ペットをしつける際に大事なことは、その行程とか、教える順序を誤らないことだと思います。トイレに関連したしつけの場合であっても、この点は同じことだと思います。
あなたも噛み癖を持っている犬の、その理由を探求して、これまで行ってきた間違いばかりのしつけを見直したりして、犬の噛む行為をしっかり克服してみましょう。
まずリーダー格の威厳が分かるよう、しつけたら、トイプードルなどは自分の上に立つ飼い主の指図を確実に守るという関係に発展します。
犬が噛むのは、恐らく威嚇や体罰を含んだしつけ、我儘に飼育したための主従関係の反転が理由です。みなさんは、子犬の頃の甘噛み行為をそのままにしていたのが原因とは考えられませんか?
飼い主として、子犬にはとにかくペットのルールを完全な形で学ばせるのが、かなり重要ですね。努めて可愛い子犬をしつけましょう。
最初に、吠える犬をしつけようというのであれば、吠えてしまう犬について色々と理解した状況で、始めないと駄目です。しつけを上手く行う重要な心構えです。
柴犬に関するしつけのトラブルで多いのは噛み癖のようです。年齢を重ねてからでもしつけられるのですが、できることなら子犬の状態でしつけをしておくのに勝ることはないです。
例を挙げると、しつけされていないと無駄吠えなどが増えてしまうミニチュアダックスフンドのような犬ですが、じっくりとしつけを行うと、無駄吠えのようなものをほとんどなくすことも出来るでしょう。
噛む犬のしつけに関しては、「噛まれたらいやだ」というような場合もあるだろうと思います。時には平常心でなくなったり驚いてしまって、愛犬に体罰を加えたことだってある人がいるようです。
柴犬というと、無駄吠え行為を容易にするタイプです。従って、無駄吠えのしつけには「難しいかも」などと考えたほうが返って気楽でしょうね。
わたしも、犬のしつけで犬が吠える、そして噛む、に困ったこともあります。大事な飼い犬が、自分に向かって吠えるし噛みついても来る、すごく惨めでした。
基本的に無駄吠えが少なくて、人懐っこく飼いやすい犬のラブラドールも、サイズとしては大型犬であることから、主従のしつけを一番に、大事なしつけも徹底的に実践しましょう。
ポメラニアンという犬種は、しつけを受けながらオーナーとの信頼関係を深めていくことを楽しく感じる犬です。子犬のころからあれこれしつけを続けるのが大切です。
現在、愛犬の無駄吠えが多くてお困りではありませんか?ご安心ください。無駄吠えのクセをなくすということは簡単にできます。正しい知識と意欲があったら、どなたでもできるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Daiki
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/imytnpeotidnnt/index1_0.rdf