夜空が濁っていた 

December 14 [Sun], 2008, 21:32
寒い夜 でした
眼を開けて前を見ているだけで寒さが突き刺さるような

何も見たくないからコンタクトはいれずに
街をふらふらと歩きました

光が丸くて 人はうつろで 文字も遠くて 音楽だけが明瞭な

ひたすらCoccoしか聞いてなかった
彼女の声が響いてしまう時は一番まずい時

下らない理由ならごまんとつけられる ”だって疲れているから”

誰かの視線が 声が 感情が 怖いから見たくない
どこへいったってそんなしがらみばかりで
うんざりするほどの 視線 思惑 打算
消えてしまえばいいのに 

どんな存在だって必要だと思えないで ふらふら


空を見上げたって星ひとつ見えない 首が痛くなるばかりで
濁った雲と風はあたしの居場所が悪いからか、それしか感じられないあたしが悪いからか

指先はいつもどおりに冷たくて 
頬に触れたら視界が揺れた
大丈夫だよって誰かに言ってほしかった
その誰かは頭の中で当然みたいに君の声と顔をしていて

あたしはずるいなぁと思って全部切り落とした
暗闇しか見えないでまた絶望した 
大丈夫 こんな暗闇 慣れている

隣を通り過ぎる人達は目的をもって颯爽と歩く
あたしだけが違うリズムで揺れたり止まったりしながら何とか歩いてた
耳元ではずっとCoccoが叫んでいた
寒い夜空が眼に耳にすべてに刺さって痛かった

でも大丈夫 一人で大丈夫

だってそう言って歩き出したのは私だから。

疲れた 

March 28 [Fri], 2008, 13:12
やりたいことが ない
なんでこんなに ダメなんだろうか。


自分を売り込む 自分はこれがしたい、と主張する
一番苦手なこと

なるほど そりゃあ 苦痛に感じるわ


私は何がしたいんだろう
答えが出ない
本当に
困ってしまった。

あなたへ 

January 18 [Fri], 2008, 21:50
きっともう あなたは見ていないと思いますが
書きたいので書いておきます。


「いつでも前を向いていたい」 という言葉に最初は反感を覚えていました

前ばかり見て 何が分かるというの
過去を振り返って反省をしないで 間違えないといえるの
幸せだから そう言えるだけではないの


卑屈な私はいろんなことを考えて
気付けばあなたや他の人にも 同じように卑屈になる事を求めていたのだと思います

前を見るだなんて 怖いこと出来なかった
間違ってないか あたしは正しいのか 誰かに否定されやしないか
こんなままであたしは 生きていって いいのか
周囲に否定されてきていたあたしは何もかもが怖くて 自信などまるでなくて
そんな事ばかり考えていたから。


いま、軽音とは違う場所で たくさんの人に出会って 仲良くなって
あの時のあなたの言葉や 今のあなたの生き方が
ほんの少し 理解できるようになった気がします。
その場所は暖かくて そこにいる人達は暖かくて大好きで
そこでは前向きに笑って 生きていられます

軽音には3年間の私が張り付いていて どうにも上手く笑えません
言い訳なんだと分かってはいますが。


過去をみて 反省をして 卑屈になっているばかりでは
得られるものは何もないなぁと 身をもって実感して やっと 前を向く という意味を理解できました


うん、ごちゃごちゃしてきた。


今はあたしも 前を向いていたい と思えるようになりました。 これが言いたかった。

前へいこうと思ったら 一緒に来てくれる人がいるから
そういう私でいいと、言ってくれる人がいるから
一緒に前を向いて 笑っていたいと思える人がいるから
暗いことなんて考えないで 幸せになってもらいたい 人がたくさんいるから。


だからあたしはもう 過去じゃなくて 今を生きるよ

うーん 

January 02 [Wed], 2008, 14:38
今日は ない頭を使ったら 頭痛が痛くなりました
あれ 文章崩壊

やはり私はヒューマニストではないなぁ と思いました
あれ イミフ

天があれば地がある 右があれば左が
勝者と敗者 一番上と一番下 相反するものは必要で

ただ、何をもって相反すると考えるのか
どの要素を見て どこを見ないのか
何を取って 何を切り捨てるのか 切り捨てるとは 何か?

それだけの価値観の違いでも もう本当に色々と変わるもので 

私のちいさい脳みそと脳細胞シナプスは死にそうになりました アッー BOMB☆


皆幸せになってくれたらいいと思います
皆に幸せを作ろうとする人もちゃんと 幸せにね 
それぞれが一番良いと思える方法で。

私が当事者だったら きっとまた 丸っきり違うお話になるんだろうなと思いつつも。

あなたはあなたが思う最善と 幸せを求めて
どうか。


うん、要はあれだ 考え過ぎないでがんばれーい。

要らない モノ 

August 11 [Sat], 2007, 5:02
納会でした

書いておきたい事が 少しだけ
毎年同じ場所でやってるんですが、川沿いの土手っぽい所
今年は(去年も)使ってた場所にまで浸水してて場所移動したそうです 
うん、しました。
何でかな ちゃんと理由あると思うんだけど

咄嗟に「温暖化かー」と思ってしまいました。

あれ川だし 違うと思うけどね 影響あんのかな、川の水位にも
ぱっと見回しても 凄い量のゴミが散らばっていて
なんか なんかな だからだよね とか思っていました
軽音の所は 皆さんがちゃんとしてたので 綺麗になってたと思うのですが
私もゴミ拾いつつ それでも他の所まで行きたくなくて
結局プラスにもマイナスにもなりませんでした。

環境汚染 っていうのは 一人一人の心がけだといいますが
まさに。と実感したり

そもそも人間は何でこんなに強くなっちゃったんでしょうか
生態系崩すまで。 自然界の中に納まっていれば良かったのに
本能に忠実すぎたって 友達は言っていました。

生きて 栄えて 子孫を残せ それだけの本能が

全部壊していく

理性なんてもの あるようで 本能を達成する為の手段でしかないのです

人間が滅びるか 自然諸共滅びるか
今のままだと二択ですね

という事。考えていました。
何て言いつつこんな夜中に電気使うのも まずいんだよね うん。
何だか虚しいばかりのお話。

いや、あの普通に楽しかったですよ、うん。
でも楽しい事 面白く書くのは 伝えるのは苦手なのです 嫌な性分。
猫背なあの人のあの動画はやばいです
やたら黒い人がいました(肌の話)いい人です
何で殺したのって理由がサカキバラセイトと宮崎つとむと一緒って。
紫の薔薇の人はロリコンに見えすぎて気持ち悪いわー
あのコンビは怖い
風が吹いてて温かいような涼しいような
お肉天国でした

やっぱりダメです。何も伝わりません

という訳で とりあえずここまで。少しとか言って長ェよとかすいません
お粗末様 でした。

ループ 

June 25 [Mon], 2007, 2:34
歩いていけないってあなたは言う
何が正しいと 決めることもできない

いつものように

たくさんを犠牲にして
消えないように している自分はひどく汚く思えてしまう
そうやって 考えていると口に出せば
なんて愚かな 暗い思考だ、ナンテ

前を見なさい、と あなたは言う
どうして前を向けないの 物事をきちんと
光の面で受け取れないの

だってそこの影にはきっと私もいるのに
私がこの手で 傷つけたものが影になるのに

見過ごして 歩いていけない
すぐに忘れられたら 前へはいける
それでもあたしは壊れてしまう


ずっと笑っていられない

探してしまう

あたしが傷つけたもの その痕跡や

どうして傷がついたのかなんて


何が間違っているかだなんて ことも決められない、よ

うた 

June 18 [Mon], 2007, 23:33
あなたのこれからが

光で ありますように。


どうしてそんな風に願えるのでしょう
どうしてそんなに暖かいのでしょう
ここで縮こまっているあたしにも
どうして気付いてくれるのでしょう


暖かい 暖かい


あたしもそうであって欲しい

あなたが願ってくれた分だけ 

あたしに気付いて  笑ってくれた分だけ

前をむこう 幸せになろう、そうしていつか


あなたの光を願えるように

誰かの未来を願えるように


もっと暖かく なれますように

優しくなって いけますように。

君は音 新しいヘッドフォン 

June 18 [Mon], 2007, 21:47
たくさんの重なる音 メロディ 歌 言葉
音圧

目の前から 耳を通じて 圧力が脳内で拡散され
音は力になる


洗脳されているのか 自分のフィルターから見るからいいのか

誰かの音 誰かの言葉 そればかりを求めて


あたしは自分が消えただなんて 言いたくないって

思うのに「あなたは救ってくれるの」、 だとか


 誰も何も 出来やしない


そうじゃない そうでもある


 あたしを「救う」なんて 結局自分に頼るしか


救う、と 具体的なようで曖昧な言葉を使って
たくさんの檻を重ねるんだ 幸せは救いではないの?

どこを巡って どこから聞こえてくるの
あたしはそれを探してもいいの、

答えを手にしなくても 
叫んでしまいそうな自分を引き戻すのに必死

誰かの声と 言葉と 音と すべて 求めてしまう、あたしは

求めているものは


教えてなんていうのは 勝手すぎる

嫌な夢? 

June 02 [Sat], 2007, 19:30
月のない夜で 雨が降っていた。

最初はいつもの学校の風景、終了のチャイムと同時に友達と街へ行く。
いつの間にか夜になり、どういう経緯かかくれんぼをする事になった。
鬼チームと私達とで分かれ、暗い街の中でかくれんぼ。
見つかった子は、死んでしまう。なのに妙に無邪気だった。

黒い傘を持って、黒髪で黒服の私は見つかりにくい。
細かい雨が降る中をひたすらに隠れて 逃げる。


場面は切り替わって
箱のような建物。入っていくと皆がいる。
エレベーターのようなものの扉が開いていて、中に男の人が8人くらい。
中へ入れば、私達がどうやって死ぬかまで、全部真実を教えてくれる、と話した。
なんだそれは、と思ったけれど私は入る。皆は残る。後で一人だけ入ってきた。

今まであったコトが、すべて目の前で画像になって流れていく
知らないことも、裏側も、全部 怖くなるけど逃げられない
そのうち私が死ぬ場面 変な生き物と戦って? 相打ち。
他の皆が死ぬ場面もそうだった 

特に、悲しくない、と思った。



なんて夢を見ました。へんな時間に眠ると変な夢を見る、って本当だね
夢占いしたら、今はがんばる時期なんだよって 暗示の夢らしいです。
がんばらねばいけないのね。

しかし、この逃げてる街と 雨と 耳が痛い程の静寂と 黒の印象が
小さい時に住んでいた場所によく似ていて それでも違って
私が好き というより、逃げたい時にいつも思い描く情景や状況とも似ていて
とても懐かしくて 怖くて 暖かくて 心細くて 泣きそうでした


なんなんだろうね。心象風景とでもいうのでしょうか。
暖かい要素はどこにもないのに 何故か落ち着く風景だったな。

流星ワゴン 

May 15 [Tue], 2007, 15:40
こうして文が書かれたりして 自己表現がされます 
その行為の結果自体には何の影響がなくとも

そこから現れる関係性(の可能性)と それに触れた誰かの心とかいうものは
思うよりも、柔軟で変化していくものなんじゃないのかと思いました。


「伝える」ということはつまり
何か特定の現実での結果を 期待してする行為ではなく、
現実の行動に付加される意味を説明しようとする事なのです、
、、あぁ言葉がわかんないな。伝わらないかな。
それとも当たり前すぎるかな。それでもようやく気付いたのです。


私には今悲しいことがあります。
怒りたいことがあって、不満に思っている事があります。
こんな時間まで延々と考え続けていました。
それでも私は伝えることに慣れていなくて

嬉しいとか大好きとかごめんとかありがとうとか

それだけでも伝えるのは十分難しいのに、
まして悲しいだとか怒っているという事なんて
伝えられそうにもありません。

ただ結果ではない、のです
私はその人と関わっているという現実を変えることは出来ません
そして何か伝えたとして、 私も何も変わりません
ですが、関わり方を変えさせていく事はできるのでしょう

もし「伝える意味」を探すのであれば 多分そういう事なのです。


「表現がされた」という結果にその表現の内容が及ぼす影響はない 

意味なんてない

それでも確かに未来の方向へ『意味』がある事に

本当に今更 気付きました。




流星ワゴン、最高によかったのだというコトが言いたかったのです。
もう、おすすめ。ほんと。
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる