国内における個人向けIP電話の提供状況と今後の進展 

July 07 [Thu], 2005, 17:00
IP電話とは、IPネットワーク技術を利用して提供するサービスである。現時点での使用者数がはっきりと提示されていないが、488万回線の登録があるそうだ。
今まで、IP電話の存在は知っていたが詳しい中身までは理解していなかった。漠然とIP使うんだ〜程度にしか考えていなかった。
今回、この課題のレポート書くに当たってIP電話について知ることとなったが、快適なIP電話にも様々な問題があることが分かった。

IP電話のメリットは多々ある。デメリットも考えれば、メリットの方が大きいと思う。
今ではIP携帯電話なんていうのもあるし、その携帯でさえ今主流になってる携帯会社よりや安くなっている。現在提供されているIP電話には数々の企業があるが、全てのIP電話が繋がっているというわけではないらしい。
IPで統合するなら、専門の企業を政府かどこかが作って、全てを管轄できるようになればいいと思うのだが。たとえばNTTとか。
IP同士の通話は無料で加入電話に関しては低料金で通話が可能なんて、すごいと思う。しかし、現時点では個々の企業が展開しているIP電話を統合するというのは難しいようだ。
また、緊急通報に適応していないのはどうかと思う。電話が通じる次に大事な項目ではないだろうか。IP電話で独自の緊急通報を作るというわけにもいかないだろうし、手間がかかる。
一番いいのはIP電話でも緊急通報が使えるのが一番なんだろう。これができないと、全ての電話がIPになるというのは程遠い話だと思う。まず、私が使いたくないというのもあるのだが。
今まで使っていた電話番号を光プラス電話で使用できるというのはすごくいいと思う。
IP電話も、てっきり電話番号の引継ぎが出来るかと思いきや、実はできないことに驚いた。電話番号を、そのままIPの番号にするという意見もあるが、正直長すぎる。
なにより、今のIPはIPv4で提供されているのだから、世の中のIPがIPv6で提供されるようになったらどんな状況になるのだろうか。
あんな長い番号自分でも入れたくない。しかし、将来必ずIPv6は世の中に普及するだろう。ただでさえ、今のIPv4では全世界のIPがまかないきれていないのだから。
日本でもまだまだ普及していないIPv6だが、もし使われるときがくるのなら、この機会に是非電話番号の引継ぎと緊急通報ができるようになればいいと思う。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:imttb
読者になる
Yapme!一覧
読者になる