松尾一彦でコジャノメ

May 28 [Sat], 2016, 23:42
新卒で勤め始めた新人介護士や、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、労働に見合うだけの残業手当が出ないという職場があるといいます。

残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労基法違反であり、犯罪です。



行なった残業は、労働には違いありません。なので、労働した時間分はきっちり、報酬を得なくてはなりません。今、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る「外国人介護士候補生」というものの受け入れを推進しています。
けれども、日本語で出題される介護士の国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、自分の国に帰らなければなりません。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。気になる介護士資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。



受験生全体の介護士国家試験合格率は90%前後となっています。試験そのものも、専門学校や大学の講義を理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、これといって厳しい資格ということも無いようですね。



不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護士は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。

女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。

素顔の時ともまた違っているので、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象がガラッと変わると思います。
介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は個人のクリニックなのか、大規模な公立介護施設なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の介護機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。翻って個人介護施設の状況ですが、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。


近頃は、介護士不足の傾向にあると考えられています。


介護士の免許を持っていても、介護士をやっていないというケースは少なくありません。介護士の不足の要因はというと介護士の離職率が高いということが大きいと思います。
常勤介護士のケースでは、離職率が11%を超えています。

大多数が女性の職場なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。介護士という職業は毎日の勤務時間がばらばらであり、キツい仕事だということも原因となり、介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、介護士の資格を持っているということは意外と違う職種の現場においても有益であるケースが多いのです。例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。国外で助けを求めている人に、介護の立場から支援したいという思いを抱える介護士の人も少なくないでしょう。



実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、介護士は常に求められているのです。



海外で介護士とし働くためには、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。
介護士として海外で働きたい場合、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。



介護士試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専門学校という二つがあります。
まず、大学はどういったところかというと、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点とより幅広く知識を修得できるということでしょう。
その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。

専門学校では、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、そういった経験を生かして即戦力になれます。



さらに学費に関していえば専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気を治療するためしばらく介護士を辞めていました。
でも、体調が良くなったら、早速現場に戻って、今も介護士の職についています。
ブランクがあっても、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。
私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。介護士の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。


普通やることもたくさんあるのですが決められた労働時間以外の業務もあったりして残って仕事をしなければならないことがよくあります。


けれども、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。


つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもぱっと笑顔を作れるのですから介護士は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。
知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを勤務している他の人に知ってもらうためにどこでもよく通用します。ではこのエッセンというのは何かといえば、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。介護の現場においては、介護先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、それが今まで細々と生き残って今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。


介護士という仕事に就いていると、異業種に比べると高給です。


それが理由なのかはわかりませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。ほとんど休めない様な介護施設もあって、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているといったケースもよくあるみたいです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最も理想的であろうと感じます。

交代勤務を代表に介護士の仕事は大変ハードでも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。

受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、しっかりと交代する介護士に伝える必要があります。

簡単に済んでしまうようなケースも少なくないですが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、育児との両立を目指す介護士にとってかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、介護施設に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。


それでも、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。



なので、パートとして働くことにシフトするという介護士もかなりの割合で存在しています。

それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとして欠かせないものに年収が高いということがあります。初任給で考えても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。


そうはいっても、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんに返していかなければなりません。
介護士として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、注意するに越したことはありません。同様に、薬にも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、注意するべきでしょう。一方で、介護士の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。全国的に介護士が不足している現状は社会問題に繋がっています。

原因は様々ですが、その一つとして厳しい労働環境にあると言えるでしょう。



介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長くなってしまい、休みを取ることも難しいのが現状です。
また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、退職する人もいます。

何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のあるいくつもの作業やチェックを繰り返し、常に緊張を強いられる状態なのです。


このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も少なくないそうです。

介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。介護施設にもよるのですが、介護士がもらえる報酬は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、とても高い額の給料となっております。介護現場という、人命のかかった職場であり、多めの残業や夜勤への手当などがきっちりもらえるから、ということです。


身体的にきつい夜勤が人より多い場合や急な残業を断らず行なう人の給料をみると、通常より相当、高いものとなっているはずです。きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。
どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復した患者さんが退院していき、その上、後々わざわざ介護施設まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。そしてまた、患者さんのご家族に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、しみじみとやりがいを感じられます。介護士の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。

そういう訳で、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、辞めてしまおうと願い、悩んでしまうと思うのです。あまりイメージに無いかもしれませんが、介護施設外の介護士の仕事場として実のところ、保育園が挙げられます。



職場が保育園となると、子どもが好きであったり育児の経験がある介護士は、ぴったりの職場でしょう。


保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする必要不可欠な仕事なのです。ほんの少し前までは疑う余地もなく、介護士をするのは女性という感じだったと思いますが、ここ最近になって少しずつ介護士を志す男性も増えてきています。

実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性介護士の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。

給料の点からみると女性と変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分より職業的な高みを目指していけるということです。

介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。
病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も介護士の仕事です。

急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、人手の少ない夜間に限ってナースコールに何度も応答することになったり等々、目が回るほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。
人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いということも、しばしば言われるようですが、どうやら、介護士の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。

なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいて少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、業務を行なう上で必要な事柄を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告するというものです。



患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることもとても大事なことです。介護士というものは「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、やっぱり、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないときちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。
介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが最も大切です。働く介護士の休日に関してですが、働いている職場で違うのです。
3交代勤務の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日出勤や平日休みも珍しくありません。

一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、そういう意味では働きやすいと言えますね。
資格の面からみると介護士の資格というものの最大の利点は、何てったって、働いていない期間が長くあったとしても、再び介護士として働くことが比較的容易だということです。
これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、人が足りていないことが大きくかかわっていると言えます。

どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は状況次第ですでに50代になっていても再び働くことができます。
誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。
料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。

しかし、近年では介護士の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Teppei
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/imswnbay0ryopc/index1_0.rdf