トリハダ〜感じるボローン〜 後半@ 

2005年07月04日(月) 19時21分
この日のゲストは、高知東生さん、西川史子さん、そして先週に引き続きインパルスのお二人でした。
前回に比べゲストの人数が愕然と減っていたのでなんだか寂しげに見えてしまったのですが、インパルスのお二人ともきちんと座れていたのでしゃべりやすそうでした。

人生のボローン・・・ゲストの方々に人生のターニングポイントとなる影響を受けた「名言」を発表していただくコーナーです。
こちらは前回つっつんが発表されてらっしゃったので、今回は板倉さんが「名言」を発表されていました。
その名言とは、相方つっつんが2,3年前におっしゃられていたことで、「こういうことを言うって大切だな」と深い感銘を受け、板倉さんの生き方にも影響を及ぼしたそうです。

〜ナレーション〜
コンビ結成から6年。
幸いにもレギュラー番組を持てるようになり、ファンも増えてきました。
しかし、それにつれ、僕にはある悩みが生まれてきました。
それは、ファンとうまくコミュニケーションがとれないということ。
もともとクールにみられがちな僕は見知らぬ人と接するのが苦手。
相方の堤下は、街中でファンに声をかけられても、快く返事をしたり笑顔を振り舞いたりできますが、僕は言葉を返すどころか、相手の顔もまともに見れない始末でした。
そんなある日のこと、僕達を応援してくれるファンのホームページを見ていると、ファンのメッセージに対し、堤下本人が答えていました。
こんな細かいところにも気を配ってくれているんだ・・・。
相方にそう感謝の念を抱きながらその書き込みを読んでいくと、最後にこう書かれていました。
これからも応援よろしクリームソーダ
なんだ、この寒いダジャレは・・・。
でも、すぐにこういうダジャレがファンと上手くコミュニケーションをとる為の秘訣だと気付いたのです。
それからは僕も彼を真似てファンへのメッセージの最後にはダジャレを書くようになったのです。

トリハダ〜感じるボローン〜 後半A 

2005年07月04日(月) 18時16分
狙われたボローン・・・ターゲットとなる芸能人を呼び出し、隠しカメラで一部始終を観察。仕掛け人によってテーマに沿った「大名言」や「小名言」を導きだすコーナー。
先週に引き続き「ニセ新番組」の打ち合わせという名目で東京・青山の店に来たインパルス・板倉俊之。果たしてどんな名言を残すのか?
ということで、今回の大名言のテーマは「芸人にとって女」とは「×××」である。これを最終的に聞き出すという形になるんですが、これには板倉さんまったく言った覚えがないということでした。

企画打ち合わせは1時間経過・・・。
ニセ企画テーマA「インパルスと女性」
ということで、あんまり女の人と絡む番組が無いよね?という話題から「誰か最近気になるグラビアアイドルいる?」と聞いてみると、「ヤンジャン(ヤングジャンプ)読んでるんで、杏さゆりはカワイイなと思うんですけど。」と、生々しい発言を始める板倉さん。あたしこの前キングコングと杏ちゃんが仕事したの見たばっかりなんですけど・・・。しかも「あのくびれは衝撃(間接セクハラ名言)でしたね」とエロ目線(?)しかし、私その後本屋さんに走り杏ちゃんのくびれを見たのですが、確かに衝撃でした細すぎますなんじゃこりゃ〜って感じでした。

そして大井さんより「モテるでしょ?」と聞かれると、「いや、そんなね分かんないっすよホントに」と真面目に話される板倉さん。
なんでも街を歩いてても「あ!」とは言われたとしてもモテるとは思えないらしく、なぜならカップルで歩いてても「あ!」って同じだから、モテるという風には思わないそうです。しかも「抱いてください」(プチ妄想名言)って言われたこと無いですし。と、訳の分からないことを言い出す板倉さん。(もちろん冗談ですよ

トリハダ〜感じるボローン〜 後半B 

2005年07月04日(月) 17時40分
そして大井さんが「彼女は?今」とファンとしては際どい質問をされると、「大失恋してからないっすね」と、5年半付き合ってた彼女の話へと繋がります。
彼女と知り合ったのは高校の頃で、元々は同級生だったらしいのですが、付き合いだしたのは卒業してから2年後。
「なんで別れたの?」と聞きますが、「色々ですね、もう」ということで、徐々にセンチになっていく板倉さん。
「僕がまともに付き合ったのは初めてだったんで、その定規がなかったんですね。いや、これはホントにすごいですよ」と、言葉を濁してらっしゃいました。
そんな中でも一番楽しかった思い出は、伊豆に旅行に行ったときのことらしく、大井さんからは「地味だなぁ。」と言われてらっしゃいましたが、板倉さんは本当に楽しそうな顔をされており、本当に彼女のコトが好きだったんだなぁ。と感じ取れるほどでした。
そして恋愛タイムスリップした板倉さんは彼女との思い出話を語りだし、どうやら1日目は海行ってはしゃいで、夜花火やろうっていう事になったらしいのですが、急に板倉さんはお腹が痛くなっちゃったらしく、1個ピュ−って打ち上げた時に限界着て「ごめん」つって、ホテル帰ったそうです。「でも、そういう事すらまぁいい思い出じゃないですか」ウンコもいい思い出(ベタ恋愛名言)と、しみじみされてらっしゃいました。

ロンドンハーツ 

2005年06月28日(火) 20時52分
「ロンドンハーツ民放各局完全同時中継・ロンハーVS 若手芸人!!女遊び撲滅スペシャル」
この番組にインパルスのお二人も出演。
番組内容としては、ファンと称したカワイイ女の子にテレビ局前で出待ちをしてもらい、メール番を渡したら若手芸人さんはメールしてくるのか!?というもの。
そして、返信してきた若手芸人さんに関しては、1ヶ月ぐらいロンブーの淳さんとメールのやり取りをし、その気にさせて下心を図る、といういわゆるドッキリ企画。

トリハダ〜感じるボローン〜 前半@ 

2005年06月20日(月) 21時06分
司会はバラエティ、ドラマと幅広く活躍中の極楽とんぼと、演歌の女王八代亜紀さん。
毎回多彩なゲストを招き、その人の人生を変えた誰かの名言・迷言や、世の中にある「笑える名言」から「本当に感動できる名言」までを紹介する、関西地区限定のトークバラエティ番組です。(一部公式サイトより引用)

この日のゲストは若手芸人を中心とした構成、おぎやはぎ、森三中、そしてインパルスの3組。
インパルスのお二人は、前につっつん、後ろに板倉さんという珍しいポジションで座ってらっしゃいました。

トリハダ〜感じるボローン〜 前半A 

2005年06月20日(月) 20時47分
 狙われたボローン・・・ターゲットとなる芸能人を呼び出し、隠しカメラで一部始終を観察。仕掛け人によってテーマに沿った「大名言」や「小名言」を導きだすコーナー。
はい。やってきました。このコーナー。
このターゲットというのが、板倉さんなわけですね。
正直こういったドッキリ企画というのはインパルスでいうと、どちらかというとつっつんの方が多く、板倉さんがターゲットになるというのは本当に珍しいことだと思います。
そしてスタジオでこの発表をされるときも、板倉さんはまったく自分とは思っていなかったようで、本当にビックリされ、声もでない状況でただただ信じられないといった表情で苦笑いをされてらっしゃいました。
そしてこのドッキリの仕掛け人になっていくれたのは、板倉さんと仲のよいはねるのトびらなどの放送作家をされている大井さんという方と、番組プロデューサーの奥井さんという方。設定は、特番の企画打ち合わせと称して板倉さんを呼び出してらっしゃいました。
このVTRを見て、「おかしいと思ったんですよ。特番の打ち合わせって言って全然打ち合わせしないんですよ」と訴えかける板倉さん。
そして、今回の大名言のテーマは「相方・堤下」とは「○○である」。これを最終的に聞き出すという形になるんですね。

トリハダ〜感じるボローン〜 前半B 

2005年06月20日(月) 18時56分
そして、いよいよ大井さんの誘導によりつっつんの話題へ転換。
どうやらつっつんは板倉さんとは違い、バンバン電話番号を聞きまくっているようで(笑)、「よく聞くよ。この前誰々と遊んだとかいう話」と言うと、「えっ!タレントとですか?・・・なんだよ」っとふてくされていました。
そしてつっつんがハニカミに出てたときの話題にもなり、それを見てどう思った?と聞くと、「あれは芸人は出ちゃいかんですよ」と、またしても爆弾発言。しかも、マジトーンだったから余計にヤバイ。
「めちゃめちゃハニカんでるじゃないですか、あれに出る人たちって。芸人がハニカんだらいけないですよ。(相方ダメ出し名言)やっぱり」
と、つっつんどころか、ハニカミに出てた全芸人を否定
これにはスタジオの板倉さんも「こえー!こえー!!これヤバイでしょ」っと自分自身に引いてらっしゃいました。(笑)
しかし、「出るとしたら誰とデートしたいの?」という問いには、即答で「矢田亜希子さんとか・・・」と答えてらっしゃいました。
やっぱり男の方ですから、そう言いつつも羨ましい部分があるのでしょうね。(笑)
しかも、ここから板倉さんの夢での妄想話に突入したのですが、この前、松嶋菜々子さんとHしそうになる夢を見た(間接セクハラ名言)そうです。
なんでも、ドラマで松嶋さんが「救命病棟24時」をやってたときに見たようなんですが、そのまんまで(夢に)出てきて、打ち上げに板倉さんもなぜか呼ばれており、なんと松嶋さんと二人っきりになれるチャンスが巡ってきて「友達になってください」って板倉さんが思い切って言ってみたら
「えっ!!はい」みたいな感じになって、もうその瞬間には抱き合ってる状況になってたそうです。
この話をしている時、板倉さんは本当に嬉しそうで、少年のような顔になっていました。
と、いいますか「友達になってください」という発言からしても、ほんっとうにシャイなんだな。という印象を受けました。

おでかけ♪ルミネtheよしもと in 熊本 @ 

2005年06月05日(日) 22時20分
先月に引き続き、お笑いライブin熊本。
ということで、行ってきました。『おでかけ♪ルミネtheよしもと in熊本』昼の部へ。
最初に言っとくと、インパルスは出演されてません
インパルスのレポ日記なのに、申し訳ないです(><)

でも、超豪華メンバーだったんですよ
出演者:木村祐一/フットボールアワー/だいたひかる/タカアンドトシ/南海キャンディーズ/FUJIWARA/POISON GIRL BAND/ロバート

この日の会場は3階席まであったのですが、今回は1階席の2列目でみさせていただきました。しかも、これまたど真ん中。ラッキー
だけど、今回は彼氏と一緒にいったので、浮いちゃうかなと思いきや、全然今回のライブは男の人も多く、年齢層も幅広く、お父さんお母さん世代の方々もたくさんいらっしゃっててビックリしました。

そんなこんなでライブが始まったのですが、さすが『おでかけ♪ルミネtheよしもと』というだけあって、セットはルミネそのものでした。

トップバッターは、タカアンドトシ。
私、ワイ!ワイ!ワイ!1期生ファンとして、もっちろんタカトシさんもダイスキでナマのタカさんに爆笑しっぱなしでした。(笑)
でも、正直トップバッターはだいたひかるさんだと思ってたので(完全にエンタの影響)意表をつかれ、ビックリでした。
タカトシさんは、熊本に来られたのは初めてだということで、会場が3階席まであるということにもビックリされており、途中、タカさんがずっとボケてるのに、トシさんは会場の隅から隅まで見回しており、タカさんほったらかし状態でした。(笑)
ネタは、トシさんがスマップの「夜空の向こう」(だったかな??)を歌うやつでした。

おでかけ♪ルミネtheよしもと in 熊本 A 

2005年06月05日(日) 21時28分
後半、1組目は南海キャンディーズ。
先月に引き続き、このコンビを見られるとは
正直、同じネタだったらどうしようと思ったのですが、そんなことはありませんでした。
最初、山ちゃんは「みなさん、バイトしたことありますか?」と訪ねてこられ、「何のバイトをされてたのですか?」という問いを私のまん前の方にされていました。最初、私は自分??とか思って超ドキドキしてしまいました。(恥ずかし
その後、山ちゃんも色んなバイトをしてきた。ということで、マリネ作りの工場でバイトをしていたときの話になり、しずちゃんに体験させていました。相変わらずのしずちゃんの意表をつくボケに大爆笑でした。

そして、待ってました。
私の今回の大注目コンビ。このコンビを見に行ったといっても過言ではない、POISON GIRL BAND。
いやぁ面白かったですよ。吉田さんは最初腕組をされていたのですが、どうやら腕組をしていないと暴れだしちゃいそうになるほど、初の熊本ということで興奮されているとかで、お客さんの多さにもビックリされてらっしゃいました。
ネタは、阿部君が吉田さんにマンガを貸すということで、マンガを読むときの条件を言っていくやつでした。
ちょっと、記憶が曖昧なのですが、途中吉田さんが阿部君に「後から謝って、○巻のくだりすいませんでした。って謝って。俺は無視するけど」というとことか、この間の単独「カド番」を思い出すくだりでとっても面白かったです。
そして、まぁどうでもいいことですが、吉田さんのスタイルのよさにビックリでした。あんなに背が高いんですね。っていうか、足が長い!モデルさんのようでした。
阿部君もテレビでみるよりかっこよかったです。

はねるのトびら-154回放送- @ 

2005年05月31日(火) 22時39分
 ブサンボマスター #7  勇気ある行動 〜言いたいこともいえない大人たちへ〜
西野・・・西野亮廣(キングコング)
カップル・・・虻川美穂子(北陽)
     ・・・馬場裕之(ロバート)
ブサンボマスター・・・梶原雄太(キングコング)
          ・・・堤下敦(インパルス) 
          ・・・塚地武雅(ドランクドラゴン)

ブサンボ、なんだか久しぶりのような気がしますね。
今回の設定は、電車の中
西野君が本を読んでいる横で、携帯をいじっている虻ちゃん。
すると、前に立っていた馬場ちゃんが、虻ちゃんに「出会い系サイトとかやってんでしょ」と、絡んできます。
そこで立ち上がったのが西野君。
「この子嫌がってるやろが、あっちいけ」と、かっこよく決めますが、「何言ってるの?こいつ俺の彼女だけど」と、あ〜まさに勘違い。虻ちゃんと馬場ちゃんにバカにされたような目で見られ、その様子をみていた他の乗客(ひろしくん、板倉さん、さおりちゃん、鈴木さん)にも、クスクスと笑われ、電車を降りなければならない恥ずかしい状態に。
そして、逃げるように降りた駅では、待っていましたと言わんばかりにブサンボさんがまってらっしゃいました。
散々バカにされたあげく、さっき電車の中で読んでいた本が「電車男」だっただけに、狙ってやったんでしょ。と痛いところをつかれてしまいました。
そして、始まったお馴染みの曲。
『言いたいことも言えずに』
ここで流れたPVが、公園のような場所でちっちゃい子をブサンボの塚地さんが抱っこしてる様子だったのですが、すごい勢いで子供が泣いておられ、塚地さんも「怖いよなぁ〜変な顔やもんな〜」とあやしている様子が、面白かったです。自分で変な顔って!!言っちゃいますかしかも、ものすごい優しいトーンなんですもん。
結局は、走って逃げられてしまったのですが、3人とも悲しそうな顔をされてらっしゃいました。
最後のオチとしては、梶くんが「もう恥ずかしくてこの路線使われへんなぁ。もう、バス乗らんないかん。“バス男”や」と言いながら、はけていきました。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像すかし
» トリハダ〜感じるボローン〜 後半@ (2008年10月19日)
アイコン画像コンプ
» トリハダ〜感じるボローン〜 後半@ (2008年10月05日)
アイコン画像汁大臣
» トリハダ〜感じるボローン〜 後半@ (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» トリハダ〜感じるボローン〜 後半@ (2008年09月26日)
アイコン画像まあむ
» トリハダ〜感じるボローン〜 後半@ (2008年09月25日)
アイコン画像まあむ
» トリハダ〜感じるボローン〜 後半@ (2008年09月23日)
アイコン画像管理人☆めぐ
» Laugh!宮崎公演 B (2005年08月17日)
アイコン画像れたす
» Laugh!宮崎公演 B (2005年08月17日)
アイコン画像
» Laugh!宮崎公演 B (2005年08月17日)
アイコン画像れたす
» はねるのトびら-154回放送- A (2005年08月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:impulse-repo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる