【 更新情報 】

スポンサード リンク

ショパンの即興曲 - 解説 -

▼第 1番 Op.29

幻想即興曲の次に演奏されることが多い三部形式の非常に完成度が高い曲で,主部は非常に完成度が高くサロン的な雰囲気をつくり,トリオは短調の少し感傷的な雰囲気でショパンらしい物憂げな表情の旋律。再現部は主部とほとんど同じだが,コーダに入るとそれまでずっと流れていたフレーズが止まってコラールになる。

▼第 2番 Op.36

第 1番の旋律の麗しさとは対照的な雰囲気で始まる曲で,主部はバラード 2番やある種のノクターンにも通じ,次第に力強い行進曲調の曲想が入り,主部が第 1番と同じような 3連符系の流麗な形で再現され,さらに 32分音符でピアニスティックで即興的に展開し,最初の雰囲気に戻って終わる。それほど長くない曲想の中にさまざまな要素が含まれていて,充実した 1曲である。

▼第 3番 Op.51

演奏機会が少ないこの曲は,大変な名曲で,円熟期の傑作である。変ト長調で書かれているが調性は流動的で,主部の旋律は 2声体で書かれ,2小節ごとに転調。歌謡性の高い旋律と,半音階的に進行する対旋律が素晴らしく,中間部の旋律は低音部に移り,色合いが複雑になり主部が再現し終わる。

▼第 4番 Op.66 『 幻想即興曲 』

複合三部形式で,主部がノクターン的な中間部から成り立ち,主部で延々同じ伴奏形が続いたり,中間部が単純な繰り返しでショパンの曲としては価値が低いと見られるが,三連符と 16分音符の織り成す主部の美しさ,中間部のロマンティックな旋律などはさすがで,人気曲になっている。

ショパンが自ら出版したのは第1番から第3番の3曲で,ショパンが友人のフォンタナに 『 この楽譜を清書しておいてくれ 』 と,この第 4番の音楽的な名曲 『 幻想即興曲 』 の譜面を作り上げさせたが,ショパン自身はこの作品を価値の低い駄作とみなし,彼の死後,譜面を燃やして灰にしてほしいとフォンタナに言い残してこの世を去っている。

家電のコジマ ヤマダ電機 家電量販店 コジマ

即興曲 - アンプロンプテュ :impromptu -

『 即興曲 - アンプロンプテュ - 』 は,ロマン派の形式にとらわれず作られた曲につけられる標題で,文字どおりの即興ではなく,『 そのような雰囲気で 』という曲のことで,17世紀には即興詩や幕間の演目などに使われ,シューベルトやショパンの作品が有名である。

即興曲とは,多くの場合器楽曲で自由な形式で書かれた小品で,即興演奏そのものをを書き留めたものではなく,即興的に浮かんだ楽想をもとに楽譜にまとめられたものを指し,ロマン派の時代では作曲家によってさまざまだがその定義は曖昧で舞曲のリズムを用いなかったり,形式的に分類不能な小曲を全て即興曲とする風潮があった。

音楽史上,最初に有名なピアノ独奏の即興曲が出てくるのはシューベルトで,シューベルトは,作品 90-3 のように歌曲にできそうな旋律を持った曲もある一方で,作品 90-2のような純粋に器楽的な曲もあり,分類不能な小曲という意味合いが強く,メンデルスゾーンの 『 無言歌 』 やリストの表題音楽の小曲が同様の作品で,シューマンやブラームスは動機の展開を重視する作曲法のため即興曲を作っていない。

ショパンの即興曲は,ノクターンほど歌が重視されるわけでもなく,スケルツォやバラードより規模が小さく,ワルツなどの舞曲小品でもなく,思想性や民族性など曲のキャラクターを盛り立てる要素もなく,演奏されることも少なく,アンコール曲として 1番や 4番の幻想即興曲が弾かれる程度である。

ガンの血管内治療 がんの血管内治療の奥野哲治 美容矯正

ショパンの即興曲 - Frederic Francois Chopin -

ショパンは 4曲のピアノ即興曲を残しているが,ショパン初期の 1837年作曲で同年出版の第 1番 変イ長調,1839年作曲で翌年出版の第 2番 嬰ヘ長調 作品 36,1842年作曲で翌年出版の第 3番 変ト長調 作品 51,1834年作曲で 1855年出版の第 4番 嬰ハ短調 Op.66 『 幻想即興曲 』 がある。

即興曲第 4番の幻想即興曲は,非常に有名な曲で作曲時期は即興曲第 1番より早く作曲されたが,ショパンの没後に友人によって出版されたため第 4番となった。作曲順は,4番 → 1番 → 2番 → 3番の順である。

即興曲は,通常ソナタ形式やロンド形式などの形式に当てはまらない作品だが,ショパンの即興曲は三部形式にちかく,『即興』というには構成的に仕上がっていて,作曲者や出版者が控えめの意味を込めて名づけた作品のようである。

即興曲は,アドリブで即興的に演奏した曲を後から記譜したものが多いが,ショパンの即興曲では,ショパンの即興曲の特徴としては,ショパンは即興演奏の達人だったが,ショパンの即興曲は,即興演奏を譜面に書き留めたものではなく,構成に凝らない三部形式で想$像力を自由に飛翔させた作品である,

ショパンの 4曲の即興曲の中で,即興曲第3番が一番難しく,演奏技術も即興曲の 4曲中では洗練されたタッチや感覚が要求される佳作と呼べる,隠れた名曲である。

学習と音楽の里 にこにこ村 パーツモデル 金子エミ
P R