神経性胃炎の原因について!

December 20 [Thu], 2012, 21:57



神経性胃炎はストレスが原因といわれています。

ドラマなどでも、上司と部下の板挟みになった中間管理職の人が神経性胃炎の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)に苦しむ場面が描かれたりしますよね。

同じ状況になっても、ストレスの受け方は人それぞれ違います。

また、ストレスが原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)といってもその分が要因とは限らず、日々の生活習慣が大きく関係していることもあるでしょう。

特に、飲酒や喫煙、十分な睡眠が取れていないなどが重なると、症状が出やすくなったり、悪化したりする傾向がみられます。

実際には、原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)不明の胃炎が神経性胃炎と呼ばれているようです。

内視鏡などの検査をしても特に胃に異常や病巣は発見できず、それでも本人の自覚症状として激しい腹痛や胸焼け、下痢といった症状があって、胃腸薬を処方しても改善できない場合に神経性胃炎と診断されることが多いのです。

一般的に胃炎の症状で受診するのは内科になります。

でも、内科検査で何も問題がなく、痛みなどの症状改善のための薬を処方しても改善が見られない場合には、ストレスによる自律神経の乱れが原因ではないか?という仮定がなされ、心療内科の受診を勧められることになるでしょう。

神経性胃炎の原因はストレスだといわれているものの、では、そのストレスの原因は何か?というようなことは医者にもわからないことが少なくありません。

時には、本人にも具体的な(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)が何かわからない事もあります。

ですので、ストレスが原因とされていますが、本当のところは何らかの原因で自律神経が乱れて胃の働きが弱った状態というのが神経性胃炎なのです。

神経性胃炎の治療方法はこれ!

October 11 [Thu], 2012, 23:11



神経性胃炎の治療法としては、一般的に胃炎の症状に応じた薬が処方されます。

胃の働きを正常に戻す胃薬とか、痛みを抑える痛み止めなどが処方されるわけですね。

おそらく、これまでに神経性胃炎になったことがある方も、これらの薬を処方されたことでしょう。

ただ、神経性胃炎は、最初の診察から神経性胃炎だと診断されることはあまりありません。

胃炎の症状が出た場合、まず最初は、胃の検査から始められることが多いです。

しかし、神経性胃炎の場合、検査をしてもこれという胃炎の原因が発見できないことがほとんです。

それなのに、本人は胃の痛みなどを訴えるため、その症状を抑えるような薬が処方されるのですね。

ところが、神経性胃炎はそれらの薬では改善がみられないことが多く、そのような場合に初めて神経性胃腸炎ではないか?との診断が下されます。

神経性胃炎の原因としてはストレスだといわれていますが、実際には本当の原因がつかめていないのが現状です。

ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)というのは便利な言葉で、結婚式前の緊張も、仕事で抱える不快な思いも、全てストレスという名前で片付けられています。

あるいは、本人がそれが原因だと思い込んでいるだけで、実は全然違う事象が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)かもしれません。

このような場合、自律神経を正常に保つことを目的とした薬が処方されることになります。

つまり、精神安定剤のようなものですね。

これらを処方する事は内科ではなく、心療内科で行われることになりますね。

心療内科では、精神を安定させる薬の他に、心身をリラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)させる目的で遠赤外線を利用した温熱療法やカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)などの精神・心理療法などが行われる可能性もあるといえます。











<PR>
女性から誘う初デートはどうすれば? | デートに誘う方法・初めてのデートは!(女性限定)
コレステロールを下げるには? | 塩分を控えて高血圧を改善!
薬用ポリピュアの特徴や評判など|育毛剤の評判を徹底調査!効果がある育毛剤は?

逆流性食道炎に効果的な薬について!

September 10 [Mon], 2012, 20:02



逆流性食道炎の治療は、主に薬物療法を中心に行います。

逆流性食道炎の大きな原因は、胃酸過多です。

そのため、薬物療法は基本的に、胃酸を中和するための薬剤、胃酸の分泌を抑えるための薬剤、胃酸から胃壁や食道の粘膜を守るための薬剤、消化機能を高める効果がある薬剤が処方されます。


◆胃酸分泌抑制剤

軽度な逆流性食道炎や胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)焼けに効果があるのは、H2ブロッカーです。

この薬の名前は、市販の胃腸薬などでも聞いたことがあるのではないでしょうか?副作用も少なく、入手しやすい薬です。

H2ブロッカーで効果がない時には、胃酸分泌を抑える効果がとても高いプロトンポンプ(容積ポンプ、非容積ポンプ、特殊ポンプなどがあります)阻害薬を使用します。

プロトンポンプ阻害薬は、これまでは使用期間などが定められていたのが引き伸ばされました。

でも、長期服用すると副作用が出ることもありますから、勝手に判断せず、医師と相談の上、用法用量を守った服用をしなければなりません。



◆制酸剤

胃酸分泌抑制剤と併用されることが多い薬剤で、大変即効性があるとされている胃酸中和薬です。


◆粘膜保護剤

胃壁や食道壁を胃酸から守るための薬です。


◆消化管運動機能改善剤

消化管の機能を改善させ、食べ物の消化を滞りなく行えるようにするための薬です。

消化管の機能を回復することで、胃酸が逆流しようとするのを抑えたり、胃からの排出を助ける効果があります。


逆流性食道炎では、このような薬を複数併用しながら治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が行われますが、人によっては手術が必要なケースもあるでしょう。

市販薬を服用しても、症状がなかなか改善しないようなら、早めに病院での診察を受けてください。