漠然と 

August 25 [Mon], 2008, 22:22
子どもができた。
無事うまれた。
家を建てた。
旦那はやさしい。

こんなんでいいのかっていうくらい
穏やかで幸せだ。

なんだかしっぺ返しがきそうな気がして時々不安になる。

どこまでも貧乏症だなぁ。


こんな毎日がずっと続きますように。



3ヵ月 

February 17 [Sat], 2007, 1:58
1月半ばに妊娠が発覚。
1月いっぱいで仕事を退職。
今はつわりにやられている専業主婦だ。

今年に入ってめまぐるしく環境が変わった。

妊娠がわかったとき。
嬉しいというより、びっくりした。
もうできないかも。というかそうかんたんにできないな。と
思っていたので、すぐには信じられなかったのだ。
旦那も同じように思っていたらしい。

病院に通って、タイミングを合わせ、ホルモン注射を打つこと約半年。
半年続けて、だめだったら確率的にはもうあまり期待できないから
次の手を考えたほうがいいとも言われていたから
そろそろ次のステップなのか。。。とも考えていた矢先だった。

つわりは思ったより早くやってきて、妊娠発覚と同時にどんどんひどくなり
今も続いている。
嬉しい気持ちも消し去る勢いで気分が悪い。
でも、これが終わればあとはお腹が大きくなって、実感が沸いて
だんだん家族が増えるということを体で感じられるようになるんだろうな。

せっかく。いや、やっと授かった命だから今は大事に大事にしていたいと思う。

さらに今年はいよいよ家の話も実現するかもしれない。
子どもが産まれてくるまでになんとかできないかと思っている。
まだまだ今年中はいろんなことがありそうだ。

家族みんな健康で乗り切れますように。

マイホーム 

October 02 [Mon], 2006, 22:05
9月頭に土地が決まり
9月半ばから、あるハウスメーカーと何度かお話して
間取りと見積もりを出してもらった。
そのハウスメーカーにしては破格の値引き。
だが、私たちには高い買い物だ。

ローン返済額的にはそこまで無理ではないように思うけれど
これからさき何が起こるのかわからないわけで。
両方の親は金額的にもっと下げるようにと。
まぁ、簡単にいうと今のハウスメーカーで建てることに反対なんだな。

しかし、最初から一本に絞っており
さらに相当気に入っており
ここがだめなら、どこにしていいのかわからない。

ここで建てればきっと、いや絶対いい家が建つと思う。

はぁ。
ここで勢いよく親を押し切って
二人で頑張っていこう!!って決めてしまっていいのか。。。。。

土地代だしてもらったのに、生活きつそうってどうなのさ。。。。とか。


頭ぐるぐるなんだわ。


でも正直、やっぱりここで建てたい。
それが二人の気持ちなんだよね。

ここにきて100万、200万が大きい。
とてつもなく大きい。

うがが。

実感が難しいこと 

August 10 [Thu], 2006, 0:58
人が死んだということ。


面識のある方が亡くなっていた。
本人の強い希望により親族のみの密葬で
新聞にも 葬儀終了 と掲載されたらしい。
連絡を受けていた人たちも、それ以上周りに知らせないようにと
親族からお願いされている状況だったようだ。

一昨年、春の健康診断で癌が見つかり
それから療養して、今年に入ってからは状態が
思わしくないことは聞いて知っていた。

彼女が亡くなっていたこともショックだったのだけれど
私の大好きな人が(もちろん旦那ではないが)
彼女の死によって、精神的に落ち込んでいることのほうが心配だ。

私に彼女の死を知らせてくれたのもその人なのだが
電話で話している途中で声をつまらせ、会話につまって
なんとなく電話は切られてしまった。

亡くなった彼女が癌だとわかったとき、ものすごく落ち込んでいたその人が
今回のことで平気なわけはないのだ。

それでも残された人たちを気遣い、
お見舞いを拒否されたり、葬儀に参加できなかった人たちの
キモチの澱を聞いてあげているのだと思う。

普段のその人はとてもポーカーフェイスというか
本心を人前であらわにすることが少なく
周りからものすごく頼られている。


そんなその人が心配でならない。
私にできることは本当になにもなくて
その人が私を頼るようなことはまずありえないのは
わかっているのだけれど。

それでもしばらくは、その人から連絡が来たら最優先させたいと思う。


若い頃の喫煙が影響してか、原発が肺の癌で亡くなった彼女。
アンタもやめなさいよ
というその人の言葉が今日はものすごく重かった。

再開 

July 23 [Sun], 2006, 3:14
不妊治療再開。

旦那も検査を受けてくれました。
評判のよい病院に通いやすくなったこともあり
勇気を出してまたしばらく病院通い。

とりあえずタイミングをみるみたいだけど。
旦那に問題はなかったし
自分が通えばもしかしたら上手くいくかもしれないしね。

そろそろいいと思うきもちは同じみたいだし。

結婚した時のように、キモチにはそれほどズレもないし。
今回病院へ一緒にいったせいで、旦那の気持ちもなにか
変わったかも知れないし。

良い方向へ向かいますように。


こういうことを考え出すと
本当に仕事がおっくうになってしまう。
今の仕事が嫌とかじゃなくて
優先順位の問題だとは思うんだけど。
どこまでもシングルタスクな私。
一つのことをやりはじめると、他の事はどうでもよくなっちゃうのよねぇ。。


まぁ。
前向きに。
明るく。


一息 

July 09 [Sun], 2006, 0:56
今年の教員採用試験も終わり(結果はどうあれ)
急かされる生活からひとまず今年も抜け出しました。

今年試験会場へ行き、ちゃんと受けて思ったこと。
ちゃんと勉強しようかなぁ。
4年目3回目の受験で、やはり大してやらずに受けていても
毎年の少しずつの積み上げみたいものを感じた。

今年は試験の終わったこのくらいから
ちょびちょびやっていこうかな。
直前詰め込みは、暗記物はいいかもしれないけど
一般教養は時間的に厳しい。

前向きに気長にやっていきましょう。

もうすこし頑張れば夏休みです。
有意義な夏休みにできますように。



ほめ言葉 

April 11 [Tue], 2006, 23:25
どう対応していいのかわからない。
自分に対しても、旦那に対しても。

上げられると下げたくなってしまう。
すごく好きだけど
それは本人に対しての表現であり
第三者に対して、上げて話すのがとても苦手だ。

旦那の職場のおじさん。
ほめてくれるのは嬉しいが
だめなところばかり紹介してしまった。
これではまるで愚痴である。

嘘をついてでも、体裁をとりつくろうのが大人なのか。

だめなところばかり言ってしまうけど
そんなこと言いながらも大好きなのだ。

にこにこ笑って いえいえそんなことありません と
口数少なくいるのが正解なのだろうとは思う。

ただそれが出来ない。

身内をほめることを美徳と感じられないからなのか
友達期間が長かったせいで対等な立場に立ちたくなってしまうのか
自分の方が上だとがんばってしまうのか

わかんないよ。


ただ、彼を立てて上げられなかったことは確かだ。

残念だといわれたが、そのとおりだ。

方向感覚 

March 31 [Fri], 2006, 23:33
こないだの物件におそらく近々引っ越すことになりそうです。
先日、実際見てきました。

遠い。

旦那の新しい勤務予定地からはものすごく近づいたのだが
私の職場は倍くらい遠のいてしまった。

そして方向感覚と土地勘のない私。

同じ学校でゆっくりと勉強を頑張ろうと思っていたけど
慣れるまで通勤だけで疲れそうだ。
しかし、その前に荷造りがまっている。
そんな時だが旦那は発熱してダウン。

明日は4月1日。
さて今年度はどんな年になるのかしら。

突然 

March 27 [Mon], 2006, 23:21
夏休みあたりに引越しの予定だったのだけれど
公宅の空きが見つかって
近々引越し?な展開。

詳しくは明日。

いやはや。
今のマンションに引っ越してきてもうすぐ丸3年。
物もそれなりに増えている。
うーん。
なかなか大変なんじゃないの、これ。。

車通勤を始めて1年。
やっと通勤経路も定まって、もう1年慣れた道程を通うのだと
漠然と思っていた。
方向感覚のあまりない私。
ちょっと不安。

しかし、公宅。
家賃の安さには変えられない。
今回の物件に引っ越せれば言うことないなぁ。

大人 

March 25 [Sat], 2006, 0:34
今日24日は30回目の誕生日。
職場の飲み会があったので参加。
誕生日とうことで珍しく旦那が会場まで車で送ってくれました。
ちょっと姫気分。
そこまでは順調。

一次会の最中に地元の友達からオメデトウメール。
でも飲み会なんだよ〜と返信。
二次会の途中、彼女からの返信。

彼女は妊娠5ヶ月。
それは知っていたし、私が知っていることは彼女も知っているはず。
お正月に他の友達数人と会う予定が
彼女に笑って オメデトウ と言える気分にはなれず
その会は流れました。
しかし、彼女はメールの中で

トミ、知ってたっけ?今妊娠5ヶ月なんだよね〜
飲み会なんて、うらやましすぎる!飲みすぎに注意!

私からしてみれば、うらやましいのは彼女の方で
誕生日にお腹に子どもがいて、家で旦那と過ごせるほうが
何倍も幸せなのに。

そんな風に感じて、その後の返信はできませんでした。
悪気があってのことではないのはわかっていても
その無邪気さのような無神経さにイライラして
さらっと流せない。

まだまだだなぁ。。。。

ともあれ、飲み会中だし忘れかけていたんだけど

同じ方面の人たちが二次会で抜けるのと
誕生日で早めに帰りたいキモチもあり
二次会で抜けて帰ってきました。

職場の飲み会。二次会、三次会と会を重ねる毎に
おやじさんたちの熱いトークバトルになります。
それに合わすのも聞いているのも
さほど苦ではないし、本音を知るいいチャンスだし毎回最後までお供していた私。

今日に限って、不自然なカタチで他の人に便乗して帰ってきてしまったことが
ものすごく後ろめたくて、家に着いた今ももやもやしている次第。


こんな時の大人な対応ってどうなの?

ライフカードのCMのように選択肢がいくつもあるのだろうけど
実際はじっくり考えている余裕はなく
なんとなくいつもその場の勢いまかせだなぁ。
瞬時の判断ってむづかしい。

友達に対しても
職場の人たちに対しても
相手の気分を害さない程度に感情的になることがあったとしても
大人の対応ができるようになりたい。

せっかくの誕生日だったんだけど
なんだかイライラともやもやで微妙な締めくくりになってしまった。
ひとつの区切りのような気がしてた30歳の誕生日なだけに
とても後味が悪い。
P R
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:imot
読者になる
Yapme!一覧
読者になる